車売るならどこが高く売れるの?】自動車税の増税について(13年以上経過車)

自動車税増税

クルマは年式が古くなってくると、自動車税や自動車重量税が高くなります。
具体的には、ガソリン車の場合は新車登録から13年目、ディーゼル車の場合は新車登録から11年目から増税となります。

 

なぜ増税になるのか?

 

これはクルマは古くなるほど燃費が悪くなり、温暖化の原因となるCO2排出量が多くなるからということになっています。
燃費の良いクルマは自動車税や自動車取得税、自動車重量税などが免税されたり、減税されたりするのとは逆ということです。

 

増税額はどれくらいなのか?

 

増税額については、自動車税については概ね15%の増税となります。
たとえば、1,000cc以下のクルマの場合、29,500円から33,900円に、1,500cc超2,000cc以下のクルマの場合、39,500円だったものが45,400円となります。

 

また自動車重量税については、エコカーの場合は増税は行われません。
エコカーでない場合、たとえば1.4tのクルマの現在の重量税は、24,600円ですが、13年を超過すると28年3月31日以前までは32,400円、平成28年4月1日以後は34,200円となります。
また、18年を超過すると、自動車重量税は37,800円になります。このため13年を超過する前にクルマを処分する人も多いようです。

 

<関連項目>

エコカー減税は延長されるのか?今までの変遷と今後の考察

クリーンディーゼル補助金の内容と期間について

 

 

車売るなら【一括査定人気ランキング】

トップページに戻る