ローン中の車の売却について

車売る際のローン中の車売却

以前から探していた車が見つかった、現在よりも好条件で車が手に入れられる、急な現金の入用があるなど様々な理由で現在乗っている車を売りたいと考えることがあります。

 

売ろうと考えている車の所有者が自己名義ならば何の問題もなく売却できますが、ローン支払い中であれば通常所有者はディーラーや金融機関の名義になっており、日頃乗っている人は、使用者の欄にその名が記載されます。

 

所有者はディーラー、使用者は自分になっている訳とは

 

所有者はディーラー、使用者は自分になっている訳

つまり所有権留保契約がなされ売買代金完済までの担保と同様に扱われます。
ですから完済するまでは、売却であろうと贈与であろうと自由にできません。

 

ではどうして使用者欄に名前が記載されるかと言えば、自動車税の納税義務者を明確にするためです。
通常所有者に納税義務があるためディーラーなどに課税されそうですが、所有権留保契約においては、使用者に課税されます。

 

ローンが残っている時には車売ることができないのでしょうか

 

ローンが残っている時には車売れるのか

さてローンがある場合、車を売却できないのでしょうか。
実はそうではありません。ローンが残っていても売却は可能です。

 

しかし方法がありますので、ローンがある場合の車売却まとめとして見ていきましょう。

 

ローン残っている車を売る方法とは

 

先に記載したようにローンが残っていれば所有権が留保され使用者としか扱われません。
そのことを告げず売却しようとしても、相手が車販売店であれば指摘されるでしょうし、個人売買であれば使用者欄の変更はできてもローン支払い義務は残ったままになります。

 

したがって、売却後にその車に関する義務を一切免れるには所有権を取得する必要があります。
その方法はあくまでローンの完済しかありません。

 

これでは余りに当然過ぎて参考になりませんが、これは事実です。
ですから、車の売却を考えたときは、出来るだけ支払額を少額にしておくことが大切です。
少額であれば一括で残額を支払い、所有権を取得した上で売却ができます。

 

車の売却代金をローン残金に充当する方法も

 

また現金でローン残額を用意できない場合は、車の売却代金を返済額に充てる方法もあります。
例えばローン残高が20万円で、売却代金が50万円であれば完済しても30万円を手にすることが可能です。

 

この逆にローン残高が30万円で、売却代金が20万円場合は10万円の現金が必要になります。
現金が用意できなければ、10万円に対して車と別にローンを組む方法も有効でしょう。

 

ローンの支払い後は名義に注意しましょう

 

いずれかの方法によってローンの支払い後は名義に注意しましょう。
所有権留保はローンを完済すれば自動的に解除されるものではなく、ディーラーや金融機関など所有者の譲渡証明書や印鑑証明書などが必要になり、使用者が勝手に名義変更できません。

 

この手順が面倒だからと放って置けば直ちに車が売却できず、その間使用していれば車の価値も下がるでしょう。
こうした手続きはディーラーなどは日常的に行っていますから、相談すれば手続きの代行をしてくれますし、予算節約のため自分で手続きしたいと告げればアドバイスをくれるでしょう。

 

銀行のマイカーローンだとローン中でも売ることが簡単です

 

銀行のマイカーローンだと簡単に車売れる

ここまではディーラーの契約金融機関を利用してローンを組む場合の話で、所有権留保され、所有者と使用者が別名義になりました。
しかし実は、銀行などのマイカーローンを利用すれば所有権が留保されない場合が多く、購入時点で所有者の欄に名義を得ることができます。
この場合であれば、ローンを完済せずに車の売却が可能になります。

 

ただし勘違いしてはいけないのは、完済が先か後かの違いであり、車を売却できるからローンの返済が免除されるわけではありません。
ただ所有権留保解除手続きといった手間が不要になるだけでも、マイカーローンは便利といえるでしょう。

 

以上見てきたように車のローンが残っていても売却できないわけでは決してなく、所有者と使用者の違いを理解しておけば特に難しくもありません。
重要なのはあくまで計画的にローンを組み、無理のない返済で快適なカーライフを送ることです。

 

 

<関連項目>

車売る際にはどんな書類が必要?

車売る時に還付される税金と車にかかわる税金

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ