中古車査定を上手に利用して高額査定を引き出すには

車売るなら中古車査定を上手に利用

新しい車を買うとき、または車を手放そうとするときには車を売るか廃車になるのですが、よほどの年数や距離を載っていない車でない限りできるだけ高額な価格で買い取ってもらいたいものです。
しかし新しい車を購入するときはそのディーラーで買い取ってもらい購入代金から差し引いてもらうことができ、またほかの買取業者もたくさんあります。

 

それらの買取業者はどこも同じ価格で買い取るならどの業者に依頼をしてもよいのですが、そうではなく、買取専門の業者ならディーラーよりも高く買い取ってもらえるのですが、それぞれ査定額が変わってきます。

 

それは地域によって売れる車の種類が違っていたり、買い取った車を次に中古車としてどのように販売するかによっても変わってきます。
だからできるだけ高く買い取ってもらうためには業者選びが重要なのです。

 

 

車売る時にはまず売却相場を把握しておくことが大切です

車売るなら売却相場を把握

そして査定をしてもらう前に事前に自分で売却相場を把握することも必要です。

 

同じ車種で製造月日が同じ車でも使い方や走行距離や事故の有無、売る時期などによって価値は異なってくるので、中古車の価格は決まっていません。
それぞれの業者の判断によって中古車の値段にあまり大きな差があるならその中で高額査定をする業者に殺到することは間違いありません。

 

そのような不公平さをなくすために平均的な相場が設定されていて、それぞれの業者は相場をもとに車の状態によって加算したり減算したりして価格を決めていくのです。

 

車の下取り額の相場を調べ相見積もりを取ることが大切

相見積もりを取る

下取りの相場額を知る方法は簡単でインターネットで検索をすると知ることができます。
その検索は大手の車買取業者やディラーのホームページで車種や年式、距離などを入力するだけで会員登録などをしなくても誰でも簡単に検索できるのです。

 

算出された相場価格を参考にし複数の業者で相見積りを取り、売却額を調べるという作業をすることがポイントです。
しかもそれぞれの業者では同じ条件で査定をしてもらうことで比較がしやすくなります。

 

さらにほかの業者でも見積もりをしてもらっているという旨を伝えることで、業者間に競争心が出て他よりも高く査定をしようという気持ちになってもらうこともでき、それでもあまり査定額を上げてもらえないようなところはあまり意欲的ではない業者ということも知ることができます。

 

 

販売されている車の価格から売却額を予想することもできます

車売却額を予想する

買い取った車はオークションに出してそこで中古車販売店が仕入れて販売されるというルートが一般的です。

 

オークションに出して落札される場合には出した側には落札価格の10%程度が利益となり、また落札した側は15%程度の利益をのせて再販されます。
その基準をもとに車のおよその売却価格を算出することもできるので、実際に販売されている、売りたい車と同じような中古車の価格から、およその査定額を導き出すこともできます。

 

300万円で車が売られていた場合の仕入れ値は

車の仕入れ値予想

300万円で売られているとすると300万円の内の15%は販売店の利益となるので、オークションで落札したのは255万円となり、さらにオークションでは10%入札者に渡すことになるので実際の仕入れ値は約230万円であったと推測されるのです。

 

このように買取価格を推定することも可能です。

 

 

時期によっても車買取相場が変わる、いつ売るのが良いのか?

時期によっても車買取相場が変わる

また買取業者で査定をしてもらう際には、いつまでに売るか期限を示すと、売る気を買われたり市場の動向や売る時期などから本気で査定額を算出してもらえます。

 

中古車の相場は時期によっても変動が生じます。
自動車メーカーの決算が3月にあり販売台数に応じメーカーからの報酬金をできるだけ多く受け取るために販売台数を増やそうとして販売価格を下げるので、2月から3月の間に新車がよく売れるのです。

 

新車の販売台数が増えるということは中古車もたくさん市場に出回るということです。
しかし中古車の場合は販売台数に応じた報酬金なども特になく価格を下げてでもたくさん売ろうということはありません。

 

ではいつ安くなるのかというとそれは新車の購入が増えたり、新しい生活のために中古車もよく売れる2月から3月ではなく、そのあとの車の需要が少なくなった4月から5月ということになります。
需要が少なく安くしてでも売ることになるのでこの時期には避けたほうが無難です。

 

例えばこのように中古車の供給数が多くなって価格も下がる時期には相場も下がり気味になるということなので、時期によって相場は変動するということも視野に入れることです。

 

車を少しでも高く売るなら相見積もりは5件以上取ることが大切

車売るなら相見積もりは5件以上取ることが大切

そして相見積もりは5件以上取ることもポイントです。
比較業者が多いほど業者間の競争を産むことができるからです。

 

しかし相場は変動するのであまり長い期間をかけて複数件を回るのではなく、短期間に査定をしてもらうようにします。

 

新車購入予定ならば下取も候補に入れてみるのもよいでしょう。
発売されたばかりの新型車の場合は値引き率が少ないのですが、そういうときこそ前の車の下取り代金を上げてもらって新車購入価格を下げてもらうと一つの店舗で済みお得に購入ができるので、相見積もりのはディーラーも含めて行うことが勧められます。

 

複数件で相見積もりをすることは高額査定には重要なポイントですが、自分でも車をできるだけきれいにして見せることで担当営業マンの心象に訴えかけることができます。

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ