車売る時に高額にするための最適な買い替えタイミングとは

車売る時に高額にする車買い替えタイミング

自動車を買い換える際には前に乗っていた車を売却することで、購入資金に充てることが出来ます。
せっかく買った車はとことんまで乗り潰さないと勿体無いと考える方もいますが、お金のことを踏まえるとなかなかそうとも言い切れません。
高値で売れるうちに売却し、次の車へと乗り換えた方がお得なケースも多いです。

 

車売る時の査定額の基準は走行距離で決まる

 

走行距離で査定額が決まる

自動車の売却において査定金額を決定づける大きな要素は走行距離です。
走行距離は自動車をどの程度使用しているかを客観的に把握できる数値であり、まさに売り時を見極めるポイントと言えます。

 

日本の中古車業界においては10年10万kmという言葉があります。
これは10年や10万kmを超えると一気に需要が減って、安い価格を付けざるを得ないという状況から生まれた言葉です。

 

自動車の性能が高まっている現代においては10年間使っても、10万km走っても特に問題のない車が増えています。
しかしながら、まだまだ10年10万kmを超えるとダメというイメージを持つ業者の方も多いため、買い取ってもらうならそこまで達しないうちに売ることを意識しておきましょう。

 

1年あたりの走行距離が重要なんです

 

年間走行距離

走行距離は累計だけでなく、1年あたりどの程度走っているかも重要となります。
前述の10年10万kmとはつまり1年あたり1万kmという意味でした。
かつては1年に1万kmを超えるとよく乗っている印象で、1年に1万km未満なら高く売れやすいという事情がありました。

 

しかし、昨今では車に乗る機会が全国的に減少しており、1年に1万kmも乗らない家庭はごく一般的となっています。
そこで中古車業界では1日1万kmではなく、1年8000kmを1つの目安にしています。
簡単に言うと1年の走行距離が8000km以下なら高く売るチャンスです。

 

車買い替えタイミングの一つの目安は

 

買い替えタイミング

これを10年間で考えると10年8万kmが大きな目安になります。
走行距離8万km弱に達した時が車売る際のちょうどいいタイミングと言えます。

 

ただ買い替えや売却には手間と時間がかかるので、もう少し早めに売却の準備をすることも考えられます。
1年あたりの走行距離はやはり短い方が良いですが、短すぎると逆に不利となってしまうので注意が必要です。

 

自動車のエンジンやパーツはある程度稼働することでそのコンディションを保ちます。
しばらくの間動かしていない自動車や非常に乗ることの少ない自動車はあまり良い査定額にならないことも多いです。
そのため、売ると決めた後も定期的にエンジンを回したりして、自動車の調子を整えておくことも大切です。

 

 

<関連項目>

中古車査定を上手に利用

しっかりした中古車業者を見つけるために

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ