廃車か売却か迷う場合には

車売る時に廃車か売却か

車を新しく購入する時は、現在乗っている車を処分することが多くなります。
また、車を買い替えない場合でも、自宅に乗らなくなってしまった車がある場合があります。

 

乗らなくなってしまった車は、駐車スペースをふさいでしまい大変邪魔になってしまいます。
このように、車を処分する時に迷ってしまうことが、車をどのように処分すれば良いかということです。

 

乗らなくなった車の処分方法

 

車の処分方法

車の処分の方法には

  • 新しく車を購入する自動車ディーラーなどに下取りをしてもらう
  • 自動車買取専門業者に買取ってもらう
  • 家族や友人などにゆずる
  • 買取などをしてもらわずに廃車にしてしまう

だいたいこのような方法があります。

 

所有している車の年式や走行距離などは少ない場合は、自動車ディーラーや自動車買取専門業者に買取ってもらう人が多くなります。

 

車売ることができるのか廃車にしたほうが良いのか・・・

 

車売ることができるのか

処分しようと考えている車が、年式がとても古い、走行距離が10万km以上になっている、車の状態が悪くボロボロになっているなどの場合では、車売ることができるのか廃車にした方が良いのではないかと迷ってしまいます。

 

車の状態が悪い場合は、多くの人が買取りに出す前に売れるはずがないと思い込んでしまいます。
処分する時は、「車の売却と廃車について知っておきたい、いくつかのポイント」があります。

 

見た目が廃車でも売ることができる場合もあります

 

処分しようと考えている車の年式が古く走行距離が長い場合、売却できないと最初から諦めてしまわないことです。
車売るか廃車か迷う車でも売れるの買取ってもらえる場合があります。

 

自動車ディーラーなどでは下取りが難しいような車でも、買取専門業者では買取ってもうことが可能な場合があります。
自動車買取専門業者では、独自の販売ルートを持っていることが多いので、古い車でも買取ってもらえる場合があります。

 

走行距離が多い車でも、自社の整備工場などで安く修理を行い販売することができるので、利益を得ることが可能になっています。

 

年式が古くそのままでの販売が難しい車でも、車を解体して部品として販売することもできます。
自動車買取業者の中には、海外に販売ルートを持っている業者もいます。

 

日本の国内では販売することが難しい古い車でも、海外では日本製は品質が良いと高い評価を得ています。
そのため、年式がとても古く走行距離が20万kmを超えているような車でも、日本製なら信用できるということで販売することが可能になっています。

 

廃車同然でもまずは車買取専門業者で売るようにしてみよう

 

廃車同然でもまずは車買取専門業者で売る

 

売却か廃車か迷う車でも売れるのと迷ってしまうような車でも、「まずは買取りに出してみる!」ことがとても大切になってきます。

 

自動車ディーラーや自動車買取専門業者などに持っていても、買取が不可能な車も出てくる場合があります。
このような場合は、下取りや買取りが不可能になるので、車を廃車処分することになります。

 

車の廃車処分は、中古車販売店や自動車ディーラーなどに依頼することができますが、廃車費用や引き取り費用などが必要になる場合があります。
自分で廃車の手続きを行えば費用は無料になりますが、「自分で廃車に出来るの?」と考えてしまう人が多くいます。

 

自分で廃車手続きをするメリット・デメリット

 

自分で廃車手続きをする

車の廃車手続きを自分で行えば、廃車費用が無料になる他にも、年度途中での廃車ならば自動車税や自動車重量税などの還付を受けられることがあります。
自分で廃車手続きを行えば、このようなメリットがあります。

 

しかし、自分で廃車手続きを行う場合は、処分する車の置き場所などの問題や、複雑な手続きなどが面倒などの問題もあります。
自宅に車を置いておく場合以外では、廃車手続きを自分で行ってもあまりメリットはありません。
そのため、自動車ディーラーや自動車買取専門業者などでの買取り不可なら廃車専門の業者へ依頼する方が良い方法と言えます。

 

廃車費用を無料に、さらに還付金をもらうこともできます

 

還付金をもらうことも

廃車専門業者の中には、査定価格が付かず廃車にするしかないような車でも無料で引き取ってもらうことができます。
引き取り料や廃車の手続きを無料で代行してくれる廃車専門業者もあるので、廃車費用などに悩む必要がなくなります。

 

年度途中に廃車する場合は、自動車税や自動車重量税や自賠責保険などの還付も受けることができる場合があります。

 

事故車は専門業者に引き取ってもらうほうがメリットがあります

 

事故車は専門業者に引き取ってもらう

処分する予定の車が事故歴ありなら事故車専門業者へ依頼する方法もあります。
車に事故歴がある場合、中古車として再販することが難しくなる場合があります。
そのため、自動車ディーラーや自動車買取専門業者の中には、事故歴のある車は買取ってくれない場合もあります。

 

買取ってもらえる場合でも、査定価格が安くなってしまう場合がおおくなります。
車に事故歴がある場合でも、事故車専門業者なら独自の販売ルートや修理工場などがあるので、一般的な買取業者よりも査定価格が高くなる場合が多くなります。

 

一般的な買取業者に事故歴を隠して買取ってもらった場合、後でトラブルになる場合もあります。
車を処分する時にも、費用を請求されることが多くなってしまいます。
車の損傷具合にもよりますが、事故歴のある車は事故車専門業者に買取ってもらう方が、メリットのある場合が多くなります。

 

 

<関連項目>

動かない不動車や車検切れの車でも売ることができるのか?

よくあるトラブルと対処法

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ

 


TOPへ