軽自動車を下取・買取で少しでも高く売るためのポイント

軽自動車

軽自動車の処分をする時には「下取り」「買取り」があります。

 

下取りとは、ディーラーなどの車販売店で新規で車を購入することを条件に愛車を引き取ってもらう方法です。
下取り価格が購入価格から値引きされます。

 

買取りとは、中古車買取業者で愛車の買い取りをしてもらう方法です。
買取金額を現金で受け取ることができます。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、損をしない方法を選ばなくてはなりません。
一番の目的は、愛車を高く売却することです。
そこで、下取と買取では価格相場は違うのかが気になる人も多いでしょう。

 

 

軽自動車の下取りは安くなってしまうことが多いんです、その理由について

 

軽自動車の下取りが安い理由

下取りは、自動車の購入につけるサービスのようなものです。
新規で車を購入する場合は購入と処分を同時にできるのでカーユーザーにとっては便利ですが、車販売店にとっては車が売れればいいので下取り車があろうがなかろうか関係はありません。

 

そのため、買取りに比べると一様に価格は低く、特にディーラーの下取りは期待できないと言われています。

 

その理由として、引きとりサービスであること、販売ルートが狭いこと、純正パーツ以外の査定に弱いこと、競争相手がいないことなどがあげられます。
それでも車の購入と処分の手間を省きたいのなら下取りがいいでしょう。

 

 

軽自動車の下取り時に用意しておいたほうが良い必要書類とは

 

車検証

 

軽自動車の下取り時に必要な書類は自動車車検証、自賠責保険証、軽自動車納税証明書、ハンコ、リサイクル券です。
住所変更などがあった場合は状況に応じて住民票戸籍謄本が必要になることもあります。

 

車の購入が決まったら担当者が揃えてほしい書類を教えてくれるので、指示に従って準備してください。
下取りの手続きは全て車販売店で行ってくれるのでこれらの書類を用意して提出するだけでOKです。

 

後は納車時に販売店に愛車を置いて新車に乗り換えてくるか、販売店が自宅まで新車を届けて愛車を引き取って行ってくれるかします。

 

 

軽自動車の下取り相場を事前に知るには、もし下取価格が0円だった場合の対処法

 

下取相場を簡単に知るにはメーカー公式ページの下取りの参考価格シミュレーションを参考にしてみるといいでしょう。

 

 

ただし、すべてのメーカーに下取りシミュレーションがあるわけではなく、正確な下取り価格を出すには販売店で下取り査定をしてもらう必要があります。
それによっては下取り価格が付かない可能性もあるでしょう。

 

下取り価格0円になった場合は引き取りだけしてくれるケースもありますが、廃車手続きになることもあります。
しかし廃車手続きをすると、そこでまた1万円ほどの出費があるのでおすすめはしません。

 

下取り価格がつかない場合は、買い取りが賢い選択です。

 

 

軽自動車売るなら車買取の方が高く売れることが多いんです

 

軽自動車は車買取が高く売れる

買取りは、愛車の買取りのみを行います。

 

車の処分のみを検討しているのなら買取か廃車以外の選択肢はありません。

 

新規での車購入を検討している人には購入と処分(買取)をそれぞれに行わなくてはいけないので手間がかかりますが、中古車販売のノウハウや流通経路が広いので下取りに比べると高い価格での買い取りが期待できます。

 

軽自動車買取時に必要な書類とは

 

軽自動車納税証明書

 

軽自動車の買取時に必要な書類は自動車車検証、自賠責保険証、軽自動車納税証明書、ハンコ、リサイクル券など、用意する書類は下取りと変わりません。
こちらも買取業者が必要な書類を教えてくれるので、指示に従って準備してください。
査定額に納得がいき、買取契約を結ぶときに提出します。

 

 

軽自動車の買取相場を簡単に知る方法とは

 

軽自動車買取相場を簡単に知る方法

買取相場を確認するには、ネット査定を利用するといいでしょう。

 

中古車買取サイトのネット査定メールフォームから申し込むことで概算が分かるシステムになっていますが、一括査定を利用すれば、一度に複数の買取業者の査定額が確認できるので相場も出しやすくなっています。
ただし、もちろん正確な査定額を知るためには買取業者に目視査定をしてもらわなくてはなりません。

 

下取りを選択する場合は、車を購入する販売店でしか下取りをしてもらえないので他店と比較することができませんが、買取りは複数の中古車買取業者を比較することができます。
そのため、高値を付けてくれた業者を選べるので、より高値での買い取りが期待できるでしょう。
こういった部分は下取りでは真似できない点です。

 

買取査定でも0円になってしまった場合の対処法

 

買取査定0円時の対処法

また、状態が著しく悪いと買取価格0円になるケースもあります。
ただし、買取業者には廃車買取りを専門的に行う業者もあるので、廃車にするような車でもかなりの確率で査定額が付けれるのです。

 

例えば、日本での廃車基準は一般的に10年・10万Kmと言われていますが、走行上に問題がなければ海外へ輸出されて中古車として販売されます。
走行上に問題がある車でもパーツによっては再利用できるので、そのままスクラップにするケースはあまりありません。
そのため、状態が悪くても価値が付くようになっています。

 

廃車価格0円になるケースもまったくないわけではないですが、自分で費用を出して廃車にするくらいなら無料で引き取ってもらうほうが損がないので、いずれにしても諦めずに買取業者を探してみるのがいいでしょう。

 

それらを総合して検討し、自分にとって得な手段を選び処分することです。

 

<関連項目>

ディーラーでの車下取りがダメな理由とは

下取と買取ではどっちが高額になるのか

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ