中古車購入から納車までの日数について、納車が早い車と遅い車の違い

納車

中古車を納車するまでの平均的な日数とはどれくらいなのでしょうか。
この点については、一般的には1〜2週間程度といわれています。

 

中古車購入の契約から納車までの流れについて

 

契約してから納車するまでには様々なプロセスがあります。

 

まず、契約が行われた後は、

  • 現金払いなら前払い金を納め、書類を準備して登録、その後は点検や整備が行われ、頭金を支払うと納車されるというような流れになっています。
  • ローンで支払うという場合には、審査があって頭金を先に支払い、その後、書類準備が行われます。登録されたら点検や整備を経て納車という流れになります。

<中古車契約から納車までの流れ>

契約から納車までの流れ

この中古車購入から納車までのプロセスに大体1、2週間かかるということなのです。
この間に任意保険の手続きを行うことができますので、納車される時、任意保険の手続きが終わっているということで、車に乗ることができるということなのです。

 

ただ、この1〜2週間という期間はあくまで平均的な日数ということで、それぞれの中古車は販売時の状態などによって変わってきます。

 

そして、中には早く納車できる中古車と納車が遅くなる中古車が出てきます。
ではなぜ納車の時期に違いが出てくるのでしょうか?
そこで、これらの点についてご説明してみたいと思います。

 

 

早く納車できる中古車とは?

早く納車できる中古車

まず、早く納車できる中古車は、最短3〜4日で納車できるという中古車です。
では、納車までの日数が早くなるという場合、どんな点が違っているのでしょうか。

 

この点についてはいくつかの点があり、それらが重なっている時にそうなるということになるのです。

 

まず、車検の期間が残っているということが挙げられます。

 

購入する中古車の車検が残っているのか切れているのかという違いが納車までの日数に影響します。
車検がまだ先まであるという場合には大きな部品交換が必要という場合などではない限りは点検だけして納車してもらうことが可能です。

 

そして、車庫証明がすぐに取れるということが挙げられます。

 

車庫証明がすぐに取れる状態や取る必要がない場合なら、必要書類をもっていることを条件としてすぐに納車してもらいやすいといえます。
中古車が軽自動車の場合、軽自動車は車庫証明が不要なエリアがあります。
そのため、納車までの日数が早くなるケースがあるのです。

 

また、購入場所と納車場所が近い時も早く納品される可能性が高いといえます。

 

そして、稀に車検が残っており、車庫証明がすぐに取れ、補修箇所があまりないということなら3、4日以内での納車の可能性が高まります。

 

<早く納車できる中古車>

  • 車検の期間が残っている
  • 車庫証明がすぐに取れる
  • 購入場所と納車場所が近い

これらの条件がそろうことで、最短3日〜4日で納車が可能になる

 

納車が遅くなってしまう中古車とは?

納車が遅い中古車

それに対し、納車が遅くなってしまうという時はどのような時なのでしょうか。
納車が遅いという時の日数としては、3週間以上かかるという場合などが該当します。

 

例えば、車検が切れている中古車を購入する場合には納車までの期間は遅くなってしまいます。

 

改めて車検に通す必要があるということもその理由です。
そして、点検をして修理が必要になる場合もあるといえ、販売店に整備用の部品がないという場合には部品を納品してもらってから修理などを行うため時間がかかるといえます。
そして、カスタマイズして納車するというケースもカスタマイズに時間が必要であるため、納車が遅くなるといえます。

 

さらに、購入場所と納車場所が離れている場合にも遅くなる場合が多いといえます。

 

人気車種を選んだ時販売店でお客が多く契約が立て込んでいる場合にも順番待ちとなったりして納車が遅くなるという場合があります。

 

現金払いではなくローンで支払いをするという時は、ローン審査も必要でそのぶん納車日数の遅れにつながりやすくなります。
このローンの審査にはおよそ1〜2週間かかるといわれています。
ただ、中古車販売店が行っている自動車ローンは1時間もあれば審査が完了することも多く早いといえます。

 

<納車が遅くなってしまう中古車>

  • 車検が切れている
  • カスタマイズして納車する
  • 購入場所と納車場所が離れている
  • 人気車種を選んだ時
  • 販売店でお客が多く契約が立て込んでいる
  • 現金払いではなくローンで支払いをする

これらの条件が一つでもあると、納車が遅くなる原因になります

 

 

中古車購入から納車までの日数についてのまとめ

納車までの日数についてのまとめ

このように、早く納車できる車と納車が遅くなる車があります。
全体では1、2週間が平均といえますが、納車待ちの状況で何とかして納車を早める方法はないかという人もいるといえます。
早く乗りたいから早く届いてほしいという気持地になりやすいですが、この点については、そういったことはないといえます。

 

納車までの期間については、中古車の状態や購入場所によって決まるといえ、多少時間がかかってもきちんと点検整備が行われた状態で納車してもらうことが最良です。
時間が来れば納車されますので届くのを楽しみに待つようにします。

 

車が届くまでの期間はだいたい1〜2週間といわれていますが、中古車の納品までの日数は、それぞれの中古車は販売時の状態などによって変わります。
中には早く納車できる車と納車が遅くなる車があります。

 

しかし、これらは総合的なものといえますので、購入する前にどうすれば早く納品してもらえるのかということを確認しておくと先に知っておくことができるので待ちやすくなるといえます。
また、遅い場合には具体的な理由もわかって気持ちもすっきりとします。


TOPへ