車購入時のポイント

車売るなら次に購入する車のことも考えるのではないでしょうか?
ここでは車購入時に役立つ色々な情報をご紹介していきます。

 

  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!新車購入で上手に値引きしてもらうポイント
  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!セダン・クーペ・ミニバンなどの車種について
  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!車の駆動形式について
  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!車のグレードについて
  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!エコカーについて
  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!車購入時にかかる税金について
  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!ナンバープレートの豆知識
  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!車検証の記載事項を解説
  • 車売るなら車購入のことも考えましょう!車購入時に知っておきたい部品やメンテナンスの知識

新車購入で上手に値引きしてもらうポイント

車売るなら新車購入時の値引き

車を購入することは住宅を購入することに次いで大きな買い物になるという人がほとんどだと思います。
そこで少しでもお得に車を購入するためのいくつかのポイントをご紹介していきます。

 

せっかくの車購入を納得できるようにするにはどうしたらいいのか?
営業マンとの交渉術や注意ポイント、購入までの流れについてお話しますので参考にしてみてください。

 

車に詳しくない女性でもできる!新車購入の値引き交渉術

 

女性でもできる新車値引き

 

新車購入をするときに値引き交渉するのは常識であるといえます。
最近ではお店でものを購入するときに価格交渉をすると言うケースは非常に稀になってきていますので、なかなかそのような行動を起こすことが苦手であると言う女性は多いものです。

 

しかしながら新車のように大きな買い物をする場合においてはしっかりと値引きを希望していると言うことをアピールするべきであるといえます。
ほとんどすべてのケースにおいて値引きの余地と言うものが存在していますので、上手に交渉してみるのが良いでしょう。

 

自分が有利に交渉できるタイミングとは

 

有利な交渉タイミング

まずは多少安くしたとしても今すぐに売りたいと販売店側が感じるタイミングと言うものを知っておくことが大切です。
一般的には毎月の目標と言うものが存在していますので毎月下旬には何とか売りたいと言う意識が働くものです。

 

また決算時期の直前は特に重要な時期であり、少しでも成績を上げるために多少の価格交渉に応じてでもその場で決めたいと考える販売店が多いのです。
したがって新車購入のタイミングもそのような時期にあわせて交渉を始めるのが良いでしょう。
自分には余裕があり販売店側が焦るような状況かで交渉するようにもっていくのが良いのです。

 

見積もりを複数取って交渉するのが成功のポイント

 

見積もりを複数取る

またはすでに交渉を開始している場合では同郷他社での相見積もりを匂わせる行動を起こすのも良いでしょう。

 

新車の販売価格となるのはある程度の範囲内であれば販売担当者の裁量で動かすことができる仕組みになっていますので、わずかな価格差で同業他社に販売を持っていかれると言うことを非常に嫌います。
そのため他のお店で価格の比較をする考えがあると言うことを感じさせるだけでも大きな効果を期待することができるのです。

 

交渉の時期の影響も多少受けるものではありますが、このような努力をしているということを知っておくだけで交渉の幅が広がるのです。
いずれにしても自分はあせらずじっくり時間をかけて決めていくと言う姿勢を見せておくのが望ましいといえます。
即決しても喜ぶのは自動車の販売店側ですので、簡単には買わないぞと言う気持ちを前面に出して交渉に臨む姿勢をとるようにしましょう。
そのような行動の一つ一つが自動車販売店の担当者にプレッシャーを与え、価格交渉を有利に進めていくことができるようになるのです。

 

また値引き交渉については遠慮する必要はありません。
そのような販売店でもある程度覚悟している状況にありますので、気軽に話を持ちかけるのが良いのです。
現在乗っている自動車を下取りに出すと言うのも有効な方法の1つです。

 

 

新車購入するときの値引交渉のポイントと流れを押さえておきましょう

 

新車値引き交渉のポイント

 

新しい車が欲しい、でもお金のことを考えると、あまり高い車を購入することが出来ないとなると、自分が乗りたい車に乗ることはできないのでしょうか。
先々のことまで考えると、ローンを組んでも支払いができなくなってもいけません。
今後の人生では、女性の場合結婚をすることもあるかもしれませんし、子供が生まれて仕事を辞めることもあるでしょう。
そうなると、あまり無謀な買い物をするわけにはいきませんので、新車購入時にはできるだけ安く購入をするようにしなくてはなりません。

 

新車を購入する場合、相手の言い値で購入していれば、そのままの金額を支払うようになります。
しかし交渉をすることによって、値引きをしてもらえる場合もありますので、必ず交渉をしてみるようにしましょう。
交渉をしない場合は、業者側も商売ですので、少しでももうけを出すために値引きはしてくれませんが、交渉次第によっては、限界まで値引きを引き出すことが出来るのです。

 

新車値引きの交渉術の心得

 

新車値引き交渉

値引き交渉をするときには、交渉術があります。
相手は営業のプロですので、安くしてくださいというだけでは、営業マンに言いくるめられてしまいそこで交渉は不成立になってしまいます。
交渉にはポイントがありますので、うまく安くしてもらえるようにしなくてはなりません。

 

交渉術のポイントとしては、営業マンに好かれることが大切です。
営業マンも人間ですので、感情を持っています。

 

あまりにも傲慢な態度を取るようなお客様に新車を販売した場合、その後に何らかのトラブルが発生してしまうこともあり、面倒なことになるかもしれないと思われてしまうようになります。
トラブルが発生したときに、面倒そうなお客様とはかかわりたくないと思うようになりますので、安くしてまでは購入してもらおうとは思わなくなるのです。

 

そうなると、いくら交渉をしたところでうまくいきませんので、営業マンにこの人に買ってもらいたいと思われるような態度をとる必要があります。
そのためには、横柄な態度を取ったり、傲慢な態度をしないように気をつけなくてはなりません。

 

いつまでに車を購入したいといわないようにする

 

いつもでに車購入言わない

新車購入の交渉を進めていくときには、いつまでに必ず欲しいということを伝えないようにしましょう。

 

例えば、来月中には必ず欲しいということを伝えてしまえば、この人はどうしても車を購入したいと思っている人だから、少しくらい高くても購入してくれるだろうと思われてしまうのです。
そうなると値引きの必要なしと判断されることになり、一切安くしてもらえることなく購入をせざるを得ない状態になってしまいます。

 

安くしてもらいたいのであれば、いつまでに欲しいというのは伝えないようにして濁しておくほうがいいでしょう。
出来るだけ早い方がいいと思っていたとしても、まだ迷っているからといった風に濁すようにしておくのが無難です。

 

しかしあまりにも濁し過ぎてしまえば、購入する意思がないと思われてしまいますので、営業マンも力を入れて営業をしてこなくなります。
それでは交渉をしにくくなりますので、濁し過ぎないようにするのもポイントになるでしょう。

 

他の自動車メーカーと比較させるようにする

 

他メーカー車と比較

販売店に行くときには、他の自動車メーカーの車と迷っているということもにおわせておくのも、交渉するうえでのポイントです。
他の自動車メーカーと迷っているとなれば、車を購入する意思はあるものの、どちらにしようか迷っているということになり、どちらかを購入しようと思っているということになります。

 

ここで営業マンが頑張らなければ、購入意思のあるお客様をみすみす逃してしまうことになりますので、もったいないことをしてしまうことになるのです。
そのため、他の自動車メーカーと比較された場合には、頑張って値引きをしようと考える営業マンが多くなるでしょう。

 

迷っている車を伝えるときには、同系統の車を伝えるようにしなくてはなりません。
全く違うタイプの車を指定した場合には、比較をしにくくなりますし、競合をさせにくくなってしまいます。

 

同じような系統の車で、なおかつ金額設定も同じ程度のもので比較しなければ競合させにくくなりますので、指定する車をよく考えておきましょう。

 

新車購入のための予算は言わないようにする

 

新車購入予算言わない

そして予算に関してもあまり伝えないようにしなくてはなりません。
予算を伝えることによって、大幅に値下げをしてもらうことが出来なくなる可能性があるからです。

 

予算を伝えれば、それだけの金額は出せると判断されてしまうことになりますし、少しくらいはオーバーしても購入してもらえるという風に感じ取れます。
そうなると、予算は伝えない方がいいですので、予算を聞かれたときには、お金がないからできるだけ安くしてもらえると助かる、といった風に濁しながらも安くしてもらえるように交渉をしていくといいでしょう。

 

交渉次第で安くできるものは、しっかりと交渉術を使って安くしてもらわなくてはなりません。
営業マンは日々多くのお客様を相手にして交渉を繰り広げていますので、負けないためにも交渉術を磨いておきましょう。

 

 

目的の車種を先に言わないで見積書をもらうようにしましょう

 

目的の車種を言わない

 

人生の中で常に必要になるものはいくつかあります。
車もその中の一つですが、家や車は人生の中でも最も大きな買い物と言われています。
ですので誰もが衝動買いなどはせず少しでも安く買おうとするのではないでしょうか。

 

新車購入時に少しでも安くするためにと言われていることは沢山ありますが、普段交渉に慣れていない人にとってはそれだけのことを踏まえながらセールスマンと会話をするのは非常に難しいものがあります。
しかし、何らかの方法で値引きをしてもらい少しでも安くしてもらわなければ損をしたような気分にもなってしまいます。

 

そこで、交渉に不慣れな人でも実践しやすいのが販売店に行って自分が欲しい車種をすぐには言わないということです。

 

自動車販売店に行く際のポイント

 

自動車販売店に行くポイント

販売店に行くと初めに用件を聞かれます。
販売店側も車をメンテナンスに持ってきた顧客にいきなりセールスを行うわけにはいきませんので、まずは客層を見極めます。

 

その際に不慣れな人はあの車が気になっているということを伝えてしまうことがありますが、大雑把に車を購入しようと考えていることや車種はもちろんメーカーも決まっていないということを伝えましょう。
そうすることで販売店側からすると、自社で車を購入してくれるかもしれないが他メーカーに流れてしまう可能性もあるという認識になります。

 

こういった不安感があるお客さんを演じることで値引きをしてもらいやすくなります。

 

商談を進めていくと見積書を作成することがありますが、この時も自分の欲しい車種は伝えてはいけません。
もし欲しい車種を伝えてしまうと、このお客さんはこの車が欲しいから予算はこれくらいで値引きはこの程度が妥当だろうという、商談の見切りをつけられてしまいます。
車種が決まらなければ見積書は作成し辛いのですが、参考までに何車種分か見積書を作ってくださいという風に伝えれば良いでしょう。

 

ただし、セールスマンもお客さんの情報が少な過ぎるとセールスのしようがありませんし、やる気を出してくれないかもしれません。
車種は決まっていないということは守りながら最低限の情報は与えるようにしましょう。

 

 

見積書をもらってすぐに新車購入の値引交渉してはダメなんです

 

すぐに値引き交渉はダメ

 

新車購入の際に気になるのは値引きです。
新型のモデルが出たばかりのときは値引きゼロということも少なくありませんが、通常は最低でも5万円程度は可能で、モデル末期になると30万円以上が飛び出すこともあります。
値引きは、車両本体価格からだけではなく、オプションパーツからも可能なので忘れず交渉する必要があります。

 

ただ値引きを口に出すタイミングには注意しましょう。
見積書を受け取ってからすぐに値引交渉はNGです。
欲しいという思いがストレートに伝わってしまうと、営業マンのペースに乗せられてしまうからです。

 

むしろ、買うかどうかまだ迷っているという態度で臨んだ方が良い結果を得やすいです。
効果的なのは、他にもほしいクルマがあると競合車を用意してそれをちらつかせながら、徐々に交渉を進めていく方が効果的です。
そして、最後にもう少し値引きをしてくれればサインを押しますというように持ち込むと良いでしょう。

 

下取り車をうまく使って値引き交渉、または買取査定を利用する方法も

 

下取り車で交渉

また、下取り車がある場合で値引きが厳しい場合は、下取り価格を上乗せしてもらうというのも効果的です。
下取り価格はそのまま新車の支払額から差し引かれますので、値引きと同じような効果があります。

 

もし下取り額がそれほど高くなかった場合は、買取業者に買い取ってもらうほうが良いでしょう。

 

最近話題の一括査定サイトを利用すると近隣にあるクルマ買取業者から一括して査定を取ることができます。
各買取業者は他社よりも高値を付けようと頑張ってくれるので、単独で査定してもらうよりも高額な買取価格が出やすいのが特徴です。

 

買取の場合の注意点は、新車の購入と別途交渉を行わなければならないので手間がかかること、また新車が納車される前に買い取ってもらうと、乗るクルマがしばらく無くなってしまうことです。

 

 

営業と上手く駆け引きして値引きを引き出す交渉術

 

営業マンとの駆け引き

 

新車購入をディーラーが提示する価格でそのまま購入するよりも、値引き交渉をして安くしてもらうほうが嬉しいものです。
でも、値引き交渉というのは、上手に話を持っていかなければ、他のディーラーで購入して欲しいと言われてしまいます。

 

どのようにすれば、うまく話をまとめることが出来るのかというと、ポイントは強く主張しないことです。
とにかく安くしろと、強引に話をまとめようとすると、逆に中途半端な金額で限界だと交渉を打ち切られてしまいます。

 

ディーラーも無理して車を売ろうとしません

 

無理して売らない

確かに客としては安く購入できれば良いのですが、ディーラーも赤字になってまで売ろうとは思いません。
車の原価や人件費、店舗の維持費などを賄うためです。

 

それに、営業マンも人間ですから、相手のことを考えず、横柄な態度をとったり、暴力的な言動をする人のために自分の利益を削ろうとは思いません。
そういった客と取引をすれば、購入後も無理難題をふっかけられる恐れもあります。
ですから、口調は柔らかく、丁寧にするよう心がけましょう。

 

値引き交渉の落としどころを考え新車価格の下調べを

 

新車価格調べる

そして、話を進めていく上で、どの辺りに落とし所をつけようと思っているのか、あらかじめ考えておくことも必要です。
先に書いたように、現実ばなれした価格を要求しても話はまとまりません。

 

では、お互いが納得できる価格はいくらなのかということを、理解するために色んなディーラーを巡って欲しい車の価格を調べていきましょう。
最高値、最安値、平均価格を調べていけば、その車の原価はどのくらいなのかと言うことが見えてきます。
もし、見積もりを無料でしてもらえるならばやってみましょう。
見積もりは契約ではないので、その数字を見て断る事もできます。

 

購入予算はうまく誤魔化すのがポイント

 

購入予算は誤魔化す

そうして交渉に臨む時、最初にいくらまで出せるのかということは言わないようにしておきます。
もし予算に余裕があることがわかれば、それほど価格を下げなくても購入してくれると思われてしまいます。
出来れば言葉を濁して誤魔化しておき、最後に伝えるようにしましょう。

 

どうしても伝えなければいけないときには、本当の予算よりも低い金額を出しておきます。
ただし、あまり低い数字だと購入する気がないということで、やはり相手にされなくなるので注意が必要です。

 

営業マンから最初の価格が提示されて、次に希望の価格を伝えます。
当然、価格を下げて欲しいので、ここで数字が一致することはないでしょう。

 

その次に営業マンから、価格をいくらまで下げるのかと伝えられます。
大抵の場合、この時点でもそこまでの金額は下げられません。
重要なのは、営業マンのペースに乗せられないことです。

 

新車購入交渉の最後の一押しはオプション品で

 

新車購入オプション品

営業トークをすることが仕事ですから、弁が立つことは想定しなければいけませんが、主張するべきことを決めていれば営業マンの言いなりになることはありません。
その交渉の中では、車本体の価格は限界まで下がらなくても、カーナビなどのオプション品を値引きすれば契約しても良い、というように条件をつけてみる方法もあります。
オプション品を交渉に含めるのは、話の最初にするよりも、話が膠着してからのほうが良いでしょう。

 

購入する意思が営業マンに伝わっていれば、あと少しで契約まで持っていけるという状態だとわかります。
そのようなときに、妥協案を提示すれば受け入れられやすいのです。

 

なおオプションと言ってもメーカーから仕入れるオプション品とディーラが独自に仕入れているオプション品とがあります。
メーカーのオプション品は価格にあまり弾力性がないのですが、ディーラーが用意しているオプション品は、ある程度融通がききます。

 

オプション品以外にも、契約時に必要となる手続費用なども値引きできる場合もありますから、頃合いを見て話を切り出してみましょう。
交渉は一度だけで終わるとは限らないので、何度か繰り返す間に他のディーラーとも話をしてみましょう。
他のディーラーでもっと安くなったときに、交渉材料とすることが出来ます。

 

 

アフターサービスのことも考えて対応が良い店舗にしたほうが良い事も

 

アフターサービスが良い店舗

 

新車購入を検討しているとなると、出来るだけ安くなること、そして、その後のアフターサービスの対応も大切です。
お店によって値段も変わってきますし、例えやすく手に入れることが出来たとしても、アフターサービスにお金が掛かってしまうようでは意味がありませんl。

 

まずは、お店選びから初めていきましょう。
どんなお店が良いのか、まずは自分が行ける範囲で探しましょう。
いくら安くて評判が良いからと言っても、自走ではいけない、万が一レッカーなどが必要になった場合に距離が遠すぎる場合には、その分費用が掛かるケースがあります。

 

インターネットでの口コミや、実際に目についたお店などに足を運んでみるのも良いでしょう。
お店の雰囲気なども重要です。
どんな車を購入するのかにもよりますが、自分が欲しいと思っている車を購入出来ることと、自分が要求したいサービスを提供できるお店であるかを見ておきましょう。

 

単に車を安く購入出来ればいい、後のメンテナンスなどはあまり重要視していないのであれば、販売価格が安いお店を選べば良いでしょうが、車を乗り続けるのには、様々な法律に乗っ取ったメンテナンスが必要になってきますので、アフターサービスが充実しているのかどうかも視野に入れて探しましょう。
自分と相性の良いお店が見つかったら、その後に進むのですが、営業さんとの交渉によって値引き率が変わってきます。

 

良い営業マンを見極める方法

 

良い営業マン

車を購入する際には、必ず営業さんとのやり取りが発生します。
もしも安く購入したいのであれば、より良い営業社員を選ぶことが大切です。

 

基本的にはある程度の権力があることや、勤続年数が長い方を選ぶのが良いでしょう。
まだまだ日本は年功序列なところがあります。
年齢が営業社員のが、役職がついていることが多く、値引きやその後にサービスなどもより良いものを提供できる傾向があります。
どんな営業社員に当たるのかは、タイミングによっても異なりますが、もしもそのお店へのコネがあるのであれば、支店長や社長に直接交渉が出来ますので、大いに利用しましょう。

 

交渉上手な若い営業マンの将来性を見込むのも良し

 

若い営業マン

しかし、若い営業社員んだからと言っても、交渉が上手な場合もあります。
役職が無くとも、かなり値引きしてくれる場合もあります。

 

そして、一番の良い点と言えるのが、成長していく過程でより良いサービスを提供出来る可能性を秘めていることです。
今はまだ役職がないにしても、新車を購入した後のアフターサービスや次に購入する際にはある程度経験や実力がついている可能性があります。
その際には、より良いサービスを受けることが出来るでしょう。

 

営業マンとの相性もポイントです

 

営業マン相性

また、人間同士のやり取りになるので、相手との相性も大切です。
人は無意識のうちに好き、嫌いを判断してしまうものです。
担当した営業社員との相性が良ければ、より良いサービスを受けることが出来ますし、悪ければ、サービスの質が若干変わることもあります。

 

担当してくださる営業社員と仲良く出来るかどうかも、より良いサービスを受けることが出来るかどうかの鍵になってきます。
営業社員と言えども、人間んですから、感情があります。
仲良くすれば、更に良いサービスを提供しようと努力してくれることでしょう。
その為にも、お互いにとって良い関係を築くことが大切です。
例え自分がお客様という立場であっても、卑下することなく接しましょう。

 

万が一、自分の望んでいた店舗に行ったけれども担当した営業社員との相性が悪い場合は、変えてもらうことも、もちろんできます。
本人に直接言いにくい場合は、他の方に伝えることによって実現出来ます。

 

車を購入することは非常に費用も掛かる事です。
より良いサービスを受ける為にも、自分にとってメリットのある店舗を選び、相性の良い営業社員と良い関係を作るようにしましょう。

 

 

車売るならどこが高く売れるの?車購入資金の足しに少しでも高額で車売る方法はコチラ

 

 

続きは下記の<記事一覧>からご覧ください


車購入時のポイント記事一覧

車売るなら購入時の車種について

クルマには用途に合わせて様々な種類があります。クルマ選びの際にはどのような種類があるのか、またどのような特徴があるのかを理解し、使用する目的や用途に合わせて選ぶ必要があります。セダンの特徴とはまずクルマの代表的な種類としてセダンがあります。別名3ボックスとも呼ばれるように、エンジンルーム、キャビン、トランクルームの3つの空間に分かれているのが特徴です。機能性や安定した走行性、静粛性の高さなどクルマ...

(JAF クルマ何でも質問箱より引用 http://www.jaf.or.jp/qa/mechanism/commentary/09.htm)車の駆動形式は様々な種類があります。住んでる地域や環境で向き、不向きがあるので車を購入する際は駆動形式を確認するようにしましょう。駆動形式の駆動とは簡単に説明するとエンジンのパワーが車のどのタイヤに伝わり動かしているかという事です。2WDと4WDがよく耳にす...

車売るなら購入時の車のグレード

車には「グレード」と呼ばれるものがあります。その違いにより、同じ車種でも特長となる部分がまったく違っていたり、場合によっては「まったく違う車」というコンセプトになっていることもあります。カーディーラーで自動車を購入しようとすると、営業マンはハイグレードな車を勧めやすい傾向があります。当然、売上を上げることが必要なので高額な車を勧めやすくなる状況が起きます。とはいえ、必ずしも勧められた自動車を購入し...

車売るならエコカーについて

今の時代は車と一言と言いましても色んな種類があり、機能も増え性能も上がりました。特にガソリン車だけではなくエコカーもたくさん走っており、環境の事も考えた車が数多く製造されています。そのエコカーにも種類がさまざまあるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。ハイブリットカーについて今の時代にエコカーと言えば多くの方が思い浮かべるのがハイブリッドカーだと思います。ハイブリッドカーはその名前の通りガソ...

中古車の走行距離

中古車の安全走行距離の限界はどれくらいなのでしょうか?そして、年式と距離はのどちらに気を付けて中古車選びをすればいいのでしょうか。中古車の走行距離は短いほうが良いのか?この点については、中古車の選び方と走行距離や年式はとても大きな関連をもっています。できれば中古車の走行距離は短い方がいいといえますが、年式の割に走行距離が短い車なら、長距離を走っている中古車より状態はよくないということもあるといえま...

車売るなら購入時の税金について

車を購入する際には様々な税金がかかってくるのはご存知かと思います。自動車税、自動車重量税、自動車取得税等、購入する車の種類によって税額は違ってきます。車購入予算をオーバーしないためにも税金についての知識をしっかり確認して役立ててください。自動車税の納税額について緑ナンバーや白ナンバーを付けた車両のうち1ナンバーから8ナンバーについては、地方税である自動車税の課税対象です。課税基は道府県で、その納税...

納車

中古車を納車するまでの平均的な日数とはどれくらいなのでしょうか。この点については、一般的には1〜2週間程度といわれています。中古車購入の契約から納車までの流れについて契約してから納車するまでには様々なプロセスがあります。まず、契約が行われた後は、現金払いなら前払い金を納め、書類を準備して登録、その後は点検や整備が行われ、頭金を支払うと納車されるというような流れになっています。ローンで支払うという場...

<https://ja.wikipedia.org/wiki/日本のナンバープレート より引用>自動車を公道で走らせる場合には、きちんと登録してナンバープレートを付けなければいけません。この自動車を購入するときに付けるナンバープレートですが、車種や用途によって色や番号で分類されているんです。よく言う5ナンバー、3ナンバーなんかは車種の分類に当たります。また、最近では希望ナンバー制度が始まり7777...

車検証の1段目の記載事項車検証には、数々の見慣れない用語が使われています。そこに記載されている用語の意味を知ると、割と簡単なことであり、色々な情報を集める上で便利で、重要ななものでもあります。色々な税金や手数料などを調べる時、オプション品や部品を探す時、保険の契約、車両の手続き時などを行う際には無くてはならない情報が詰まっているのです。まずは、1段目から見て行きましょう。先ずは、車両番号です。これ...

車売るなら購入する自動車カタログ入手法

車を購入したいという場合には、どのような車があるのかをチェックする必要があります。車を利用する方ならば、ある程度周囲にいる人たちからも情報を集めることはできますが、細かい性能まで把握するとなるとちょっと情報不足です。そして、車を購入したいと思ったときには、自分の理想に合った車を購入しなくてはなりません。いつどんなところで、誰と乗りたいのかによっても適した車がありますので、それに合わせて選んでいくと...

車を購入する際にはグレードやオプションパーツを選んだりと、なにかと車の用語がたくさん出てくるのである程度の知識は持っておいたほうが良いでしょう。ここでは車購入時に役立つ部品やパーツ、メンテナンスに関する情報をまとめていきます。車売るならどこが高く売れるの?車購入資金の足しに少しでも高額で車売る方法はコチラ