ガソリン価格の推移と変動の要因

ガソリン

ガソリンの価格は毎日のように変動します。
自動車に乗っている方にとっては、いつガソリンを入れれば得するのかが気になるため、テレビのニュースでガソリンの値段を取り上げたりしています。

 

ガソリン価格が変動する要因とは

 

ガソリンの値段が変動する要因には、原油価格の影響が考えられます。
ガソリンは原油から作られるものなので、原油の価格が変動すれば、ガソリンの値段も変動するのです。

 

ガソリン価格はなぜ変動するのか?

 

この原油には、投機目的の資産家のお金が大量に流れ込みます。
安値のときに買い、高値の時に売る売買で、儲けるためです。

 

また、原産国の地域で紛争が起これば、値段は上昇します。
新興国が大量に原油を求めていることでも、値段は上昇します。
様々な要因が絡み合って原油の価格が変動し、つられてガソリンの値段も変動してしまうのです。

 

安くガソリンを買うには?

 

安い値段で安定して購入するためには、価格の推移にも注目しなければなりません。
価格の推移ですが、2015年の秋ごろで1リッターあたり123円程度だったものが、2016年2月には101円程度、2016年の秋口には114円程度となっています。

 

そして、過去3年間で見ると、2014年が突出して高い価格となっています。
2016年は、よほどの世界情勢の変化が起こらない限り、2014年頃の値段にはならないだろうという見方をする方が多くいます。

 

<関連項目>

ガソリン税の内訳について

 

 

車売るなら【一括査定人気ランキング】

トップページに戻る


TOPへ