愛車の相場を簡単に知る方法とは

車売る時に愛車の相場を簡単に知る方法

自動車を所有している人は、その自動車を一生乗り続ける場合でない限り車を売ることになるので、買取を依頼するか下取りをするかのどちらかになります。
ちなみに買取と下取りの違いを簡単に説明しますと、売却した車以外に車を新たに購入するかどうかの違いになります。

 

車売る時の下取と買取の違いとは

 

買い取りの場合は、車を売却してそれで終了です。
一方で下取りの場合は、車を売却したうえで、新たにその店から車を購入することです。

 

このように違いはあるものの、売却をする場合は値段が気になるものです。
売却をする場合には、まず相場を知っておくことが大事になるでしょう。
相場を知るためには様々な情報を検索する必要があります。

 

車売る時に買取相場を知るための方法とは

 

一括査定を利用する

 

一括査定を利用する

車買取相場を知るのに一番簡単な方法は、一括査定サイトを利用することです。

 

一括査定サイトがオススメな理由は、複数の業者に査定を依頼することができるからです。

 

例えば、ある特定の一括査定システムを使った場合、3つから4つの会社に同時にメールが送られるような仕組みになっています。
メールが届くのは、中古車購入業者で、そうすると、すぐに中古車購入業者から返事が来るでしょう。
システムとして自動的にメールを返信する仕組みもありますが、手打ちでメールを送ってくれることもあります。
いくつかの業者に査定をしてもらいますが、この時はインターネットだけで行うこともできます。

 

ただ通常は業者の人が自宅までやってきて車を査定します。
それぞれの業者は、一括査定システムを利用している人かどうかを判断できますので、ほかの業者よりも高く査定額を提示してきます。
この点に大きなメリットがあるといえるでしょう。

 

つまり、一括査定システムを利用すれば自宅で簡単に概算査定が可能なだけでなく、ほかの業者と競争させることができるため、ぎりぎり高い金額を提示してきます。
もし気に入った業者があれば、その中からその業者を選び売却してもよいでしょう。

 

 

車売る際にはネットの相場情報のみを頼りにしないこと

 

車売る際にはネットの相場情報のみを頼りにしない

 

この点に関して、インターネットの情報のみで相場を知ろうとする人がいます。
ですが、ネットの価格相場は信用できない部分があります。

 

これは、うその表示金額を提示しているわけではなく、結局はその自動車の個性によって金額が変わってくるからです。

 

例えば同じメーカーで、同じ種類・同じ年式の2台の自動車でも金額は大きく変わります。
走行距離が仮に同じだとしても、走り方や色によって大きく変わってきます。

 

つまり、インターネットで見た情報だけで判断すると、実際に業者に来てもらい査定をした場合、相場よりも低く判断されることもあり、がっかりしてしまう事もあるでしょう。

 

車売る場所によっても相場は変わるんです

 

車売る場所によっても相場は変わる

もうひとつ大事なことは、場所によって車査定額も全く違うことです。

 

例えば物価が高い東京に住んでいる人が、物価が低い沖縄で販売している業者の査定額を見た場合、安いと感じるかもしれませんが、東京の業者に販売すれば高く売却をすることができる可能性もあります。
沖縄県の業者で見て、相場が低いからとあきらめてしまった人でも、東京の業者にお願いをすれば、予想以上に高い金額で買い取ってくれますので、場所もしっかり考慮しなければいけません。

 

そのため、実際に業者にお願いをしてみてもらうことが重要になります。
もちろん、無料一括査定サイトを利用する前に参考としてインターネットの情報を頼りにするわよいかもしれません。

 

 

車売る際、一括査定サイト利用時の注意点

 

一括査定サイト利用時の注意点

一括サイトを利用する場合の注意点は二つあります。
一つは、不用意に登録しないようにすることです。

 

査定サイトを利用する場合、いくつかの査定サイトを利用してたくさんの業者から見積もりをもらう人もいます。
たくさんの業者から見積もりをもらった方が、高い金額が出る可能性がくなります。

 

ですが実際にはたいして金額は変わりません。
100万円を提示してくれる業者がある一方で、101万円を提示してくれる業者があるぐらいです。
ほとんど誤差の範囲内ですので、あまりたくさんの業者に依頼する意味がありません。

 

しかも、業者が多ければ多いほど自宅にくる業者の数も増えていきます。
そのために対応しなければならないとすれば、かなりの手間になるでしょう。
一回の査定が30分だとした場合、10個の業者と対応すると300分、つまり6時間無駄にすることになります。
しかも、営業電話もかかってる可能性があり、ますます面倒になるでしょう。

 

なので一度に申し込む一括査定サイトは2〜3箇所くらいにしておくのが賢明です。

 

もう一つは、概算価格が分かるサイトを利用することが重要です。

 

金額を提示されたけども、概算価格が分からなければ少し不安に思うかもしれません。
そのように考えれば、概算価格が出るサイトを選ぶ方がメリットが大きいです。

 

 

車を売る場合には業者の対応を見ることも大切です

 

業者の対応を見ることも大切

車を売る場合は、査定金額ばかりを気にしてしまいますが、業者の対応も気にすることが大事になります。
業者の中でも、しっかりと手続き行ってくれる業者がよいでしょう。
中には手続きがいい加減な業者もあり、後々トラブルが発生してしまう可能性もあります。

 

また、金額の詳細を教えてくれる業者がよいでしょう。
後になって金額が覆ることもありますので要注意です。
これを防ぐためには、事前にインターネットなどで口コミを見ておくことが大事です。

 

 

<関連項目>

車買取価格の変動要素について

年式や走行距離による下取額や買取額への影響について

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ