車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのか

車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのか

車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのか

車が不要になったときには、何らかの形で手元から処分することになります。
人によっては乗らなくなった車を処分することなく保管し続ける場合もあり、そういった場合は特に「コレクター」などと呼ばれます。

 

ただし、車は長く保管するためには適切な環境を作ることが必要であり、定期的にエンジンに火を入れるなどのメンテナンス(ケア)も必要です。
保管、維持費だけでもそれなりの負担になるので、資産家のような人でなければ難しいのが実情です。

 

そのため、多くは「車売る」という選択をとることになりますが、この時のポイントは「高く売ることができるかどうか」です。

 

車売る時の選択肢は二つ

 

車売る時の選択肢は二つ

車を売却するときの選択肢は大きく分けて二つ、「中古車買い取り専門業者」「ディーラーや販売店」があります。
このうち、どちらか一方のみが車を高く買い取ることができるということではなく、状況に応じて優先順位は変動します。
つまり、実際にはどちらの選択肢も利用したうえでより良い結果を選択することがポイントです。

 

また、売却先を厳選する上でポイントになるものの一つに「買い取りと下取りの違い」というものもあります。
売却先の種類、そして売却方法の種類をよく理解し、かてて加えて価格を最大限に高める方法を駆使して初めて「その車が持つ本来の価値」で売却することができることを覚えておきましょう。

 

 

車売る時の、より良い買取業者選びとは

 

より良い買取業者選び

まずは「買い取り業者選び」について説明をしていきます。
すでに説明している通り、大きくは専門店かどうかがポイントです。

 

中古車買い取り専門業者の場合、一般ユーザーと接する機会は買い取るときだけです。
この業者が買い取った車はオークションや独自のルートで買い手が決まりますが、そのほとんどは「業者」です。
個人でオークションを利用している人の場合は購入する機会もありますが、絶対数はけっして多くありません。

 

これに対し、「販売店」の場合は買い取りと販売のどちらでも一般ユーザーと接することができます。
買い取り希望者から商品を仕入れ、その商品を販売可能な状態までメンテナンスを行って希望者に販売をすることになります。
この場合、いずれも一般ユーザーと接することができるのでコストを削減できそうに見えますが、実際には販売スパンが長くなることが多いため、維持コストが高くかかってしまいます。

 

一台の車を仕入れてから販売するまでのコストが大きくなるということは、当然ながら利益は減少してしまいます。
非常に高い商品回転率の場合はそれほど影響を受けることはないものの、そうでない場合には「販売店の方が買い取り価格が安くなりやすい傾向」があります。
その影響もあってか、販売店では買い取りではなく「下取り」という方式で車を引き取ることが多いです。

 

 

車売る時の車買取と下取りの査定額の基準について

 

車買取と下取りの査定額の基準

車買取りと下取りの違いを簡単に表現すると、「何を基準に価格を決めるのか」です。
たとえば、買い取りの場合は「市場相場」「自社相場」を基準に価格が決定しますが、下取りの場合は「メーカー相場」「自社相場」を基準に価格が決定します。

 

それぞれ、変動性が高く、時に爆発的なニーズが発生する市場相場、安定性が高く、極端に価値が変動しづらいので長期間にわたって安定した価格が維持できるメーカー相場という特徴を持っています。

 

市場価値が高い車に関しては「買い取り専門業者」すでに価値が下がってしまっている車に関しては「ディーラー」という具合で使い分けると、より高く車を売却できる可能性が高まります。

 

 

車売る時にディーラー下取は他社でも可能なのか。査定額への影響は

 

車売る時にディーラー下取は他社でも可能なのか

ところで、「ディーラー下取は他社でも可能か」という疑問を抱くこともあるでしょうが、基本的には問題なく対応してもらえることが多いです。
他社メーカーでも下取はできるという認識で問題はなく、価格への影響は大きい場合と小さい場合があります。

 

なぜ、メーカー違うと下取は安くなるのかというと、「売れる可能性が低くなるから」です。
一般的な中古車販売店の場合はさまざまなメーカーの車を取り扱っていることが普通です。
その認識は一般ユーザーにも広まっているため、さまざまなメーカー、車種を求めて販売店を訪れます。
しかし、ディーラーは基本的に自社ブランドのみを取り扱っています。

 

敢えて違うメーカーの車を探しにディーラーを訪れる人はほとんどいません。
基本的にはそのメーカーのディーラーを訪れて希望車種を探すわけなので、他社メーカーの車を在庫していても購入希望者が現れる可能性は低くなってしまいます。
そのため、他メーカーだと価格はこんな違うものかといいうほど差が出てしまうこともあります。

 

しかし、最近ではディーラーが複数のメーカーを取り扱う中古車販売事業を行っていることが珍しくなく、直営の中古車販売店を設置していることもあります。
ディーラーに隣接している中古車展示場にもさまざまなメーカーの車が展示されている状況も増えているので、そういう状況が認識されていれば希望者が訪れる可能性も高くなり、他メーカーの車でも特に問題なく買い取り(下取り)対応してもらえる可能性が高いです。

 

 

<関連項目>

下取り価格が安いディーラーは不利!その理由とは

下取と買取ではどっちが高額になるのか

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのか関連ページ

ディーラーでの車下取りがダメな理由とは
車売るならディーラーでの車下取りがダメな理由とは。ディーラー下取りは車買取業者よりも安くなりやすい傾向にあります。その理由について解説していきます。
下取り価格が安いディーラーは不利!その理由とは
車売るなら下取り価格が安いディーラーは不利になるのでやめましょう。ではどうしてデーラー下取価格が安くなるのか?その理由をお答えします。
今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ
車売る時に今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ、どうやったら車を高額で売ることができるのかについてのポイントをご紹介します。
車の下取と買取ではどっちが高額になるの?
車売るなら下取と買取ではどっちが高額になるのでしょうか。車売る際に価値が下がる原因と基準、人気の車種やボディーカラーの比較、どうしても下取りで高く売りたい場合についてもご紹介します。
車下取価格を高額にするコツと交渉術とは
車売る時に下取価格を高額にするコツと交渉術について。掃除のこと、臭いについて、出来るだけ店舗に出向く、改造しているなら純正品に戻す、下取りの前に買取査定に出す、一括査定で複数会社から見積をもらっておく、オンシーズンに下取したほうが良い、値引き交渉は2段階に、最後のひと押しのポイント、これらの車下取価格をアップする方法について解説していきます。