ローンが残っている場合の車買い替えについて

自動車ローン

自動車を所有している人は自動車を売りたい時には、買取りをしてくれるお店に持っていけば通常は買取りをしてくれるものです。

 

ですが、まだ自動車のローンが残っている場合では買取りをしてくれない可能性もあるでしょう。
このような場合には、ローンが残っていても下取可能かが問題になります。

 

 

車売るなら基本的にローンは払い終わってから

ローンは払い終わってから

基本的には、ローンを全て払ってから下取りを行うべきでしょう。
なぜなら、ローンが残っている状態ではローンを組んでいる会社がその車の所有者と考えられるからです。

 

通常動産の場合は、担保としてこのような考え方を適用しません。
質屋などがこれにあたりますが、お金を借りている場合その物はお金を貸している側に占有権が移っています。

 

ですが自動車の場合は例外で、お金を貸している側に占有権があるとすれば自動車を所有者が利用できなくなってしまうため、住宅などの不動産と同様に考えることになります。
これにより、お金を借りる側は、お金を返済しながらも自動車を利用することができるわけです。

 

 

ローンが残っていても車売ることができる方法もあります

ローンが残っていても車売ることができる

このように考えるならば、自動車のローンが残っている段階で勝手に売却することができないことになります。
ですが、そうするといつまでたっても自動車を売却できないため所有者にとっては酷な話しになります。

 

もしあと数カ月で自動車ローンを返済できるならば返済した後に売却すればよいですが、1年以上ローンが残っている場合には長い間売却することができずストレスがたまってしまうかもしれません。

 

そこで、自動車を売却するには今残っているローンをプラスする方法があります。
具体的にこの方法は二つ考えられるでしょう。

 

ローン残債を他で借りて工面する方法

ローン残債を他で工面する

一つ目の方法は、よそからお金を借りてきてそのお金で自動車のローンを支払うことです。
これにより担保がなくなり自由に自動車を売却することができるようになります。
自動車を所有している人は直接自動車に対するローンが組まれていないため、売却しようと自由なわけです。

 

ただし、この方法だと自動車のローンがたくさん残っている場合にお金を借りることができないことが考えられます。
お金を借りることができる場合は十分な返済能力がある場合に限られますが、他からお金を借りている場合には返済能力が十分かは疑わしいところです。

 

金融機関によってはほかのローンがたくさんある場合にはお金を貸してくれない可能性が高くなるでしょう。
一部例外があるとすれば、年収が非常に高い場合です。
年収が高ければほかにローンを組んでいても返済能力があると考えられ、貸してくれることは十分あり得ます。

 

車の下取額でローンの残債を支払う方法

車の下取額でローンの残債を支払う

もうひとの方法は、下取額でローン残債を支払う方法です。
車を売却する場合には当然下取り額をもらうことができますが、その下取り額がローンの額よりも高い場合には下取り額をローン残額に補てんすることでローンを消滅させることが可能です。

 

結果的に手に入るお金は少なくなりますが、自動車を売却することができるでしょう。
このように査定額でその後の対応が変わることが考えられます。
ただしこの方法は、次に自動車を買う場合に不利に働きますので、あまり利用するべきではないでしょう。

 

 

車下取り額がローン残債額に届かない!そんな時はどうしたらいいのか

車下取り額がローン残債額に届かない

もしローン残債に届かない場合にはローンが残っていても車売れるの?と不安になる人もいるかもしれません。

 

ほかにローンが残っている車を売る方法としては、所有権解除の手続き行うことです。
所有解除しほかの人に所有権を移せばその自動車はほかの人のものになります。

 

例えば、自分の兄弟が自分とは別の家に住んでいる場合その兄弟に購入してもらい所有権を移動させます。
所有権を移動させた後には、債務者は債務だけが残ってしまい所有権がない状態です。
そこで、自動車を所有権を持っている兄弟に売却してもらうことで、最終的に自動車の売却が完了するはずです。

 

 

車売る時にローンが残っている場合の車買い替えについて【まとめ】

車売る時にローンが残っている場合まとめ

このように、ローンが付いている自動車でも売却をすることは十分に可能になりますが、やはり一番よいのはローンを解消させてから自動車を売却することです。
早めに自動車ローンを解消させるためには、可能なかぎりお金をためてから購入することが必要になるでしょう。

 

いくらローンに頼るとはいえ、ローンの割合が高くなってしまうと必然的に自動車を自由にすることができなくなってしまいます。
特に、自動車をぶつけてしまい廃車になった場合などを考えると自動車ローンが残っただけで自動車がない状態になってしまいますので、その点も気をつけてローンを組む必要があります。

 

ローンを組む場合には、本体価格の半分以下にすることで返済期間が短くなるのは間違いのないところです。
どのぐらいの期間でローンを組んだらよいかといえば、可能な限り1年から2年程度にしておく必要があります。

 

人によっては5年ローンなどを組む人もいますが、購入してから5年間で生活自体が変わってしまうことも考えられるでしょう。
そのように考えるならば、将来のことがよくわかっている1年後から2年後で払い終わるような契約がベターです。

 

 

<関連項目>

ローン中の車の買取について

車買い替え時に取られる税金ってあるの?いつ売れば得する?

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


TOPへ