車売るなら査定基準を知って少しでも高く売ろう

車を売るうえで、車査定は避けて通ることはできません。
少しでも高く売るためには、車査定の基準を把握しておく必要があるでしょう。

 

 

車の査定基準は大まかに5つあります

車の査定

  1. 年式・走行距離
  2. ボディの傷やへこみ・塗装の状態
  3. 内装の状態
  4. エンジンの状態
  5. 事故修復歴・改造工作

 

年式や走行距離の査定基準について

年式や走行距離の査定基準

まず年式や走行距離に関しては、走れば走るほど交換に必要となる部品が増えるので査定額が下がる傾向にあるでしょう。

 

一般的には1年間の平均的な走行距離は普通車の場合で1万キロ、軽自動車の場合には8000キロほどとなります。
これを大きく超えると査定額は下がるでしょう。

 

ボディの傷やへこみ・塗装の状態の査定基準について

 

ボディの傷やへこみ、塗装の状態に関しては、だれもが気にする部分と言えます。

 

多少の傷はやむをえませんが、大きな傷やへこみは修理費もかかるため査定額はさがります。
これを防ぐため自分で修理をしようとするとみられますが、反対に傷が目立ってしまいさらに査定額が下がることもあるため気をつけましょう。

 

綺麗に補修できたとしても大きな査定額アップにつながることが少ないので、自分での修理はしないほうが良いでしょう。

 

内装の状態の査定基準について

内装の状態の査定基準

内装の状態としてはシートに汚れや穴はないか、ペットやたばこなどの臭いが付いていないなどが挙げられます。

 

シートに汚れや穴があれば交換しなければならないため査定額は下がります。
臭いについては市販の消臭剤を使って出来るだけ取っておいた方が良いでしょう。

 

エンジンの状態の査定基準について

 

そして車の心臓部分ともいえるエンジンの状態は一番大切だともいえます。

 

異音はないか、プラグの状態は適正であるかなどが判断されます。
ここでエンジンの不調が確認されると大幅な査定額ダウンになってしまいます。

 

事故修復歴・改造工作の査定基準について

事故修復歴・改造工作の査定基準

最後に事故修復歴や改造歴があれば基本的に買取価格は大きく下がることでしょう。
また水没した車や塩害にあった車なども同様に減額は避けられません。

 

またたとえ修復歴のある車であっても、どこが故障してどこを交換したのかがわかる整備記録があると価値が上がります。

 

ボディーカラーによっても査定額は変わってきます

 

そのほかの査定基準を紹介すると、ボディカラーも大きく影響を受けることになります。

 

人気の色になれば査定額も上がり、日本人であれば白や黒、シルバーなどのシンプルなカラーが人気となります。
高級感のあるパールホワイトはさらに価値が高くなるでしょう。

 

このように大まかな車の査定基準は決められているものの、査定基準はあくまでも参考程度にとどめておきましょう。
すべてがこの基準に沿って査定が行われているわけではなく、地域や店舗、車の種類によっても大きく異なります。

 

 

車を売る時にはどこに買い取ってもらうのと高額査定になるのか?

どこに買い取ってもらうのと高額査定になるのか?

愛車を売るべき買取先を紹介すると、一般的には大手の買取店への売却がおすすめと言えます。
売却の手続きもしっかりとおこなってもらうことができ、万が一トラブルが発生した場合にも安心です。

 

大手買取店であればその店で利益が少なかったとしても、全国で利益を出すことができればよいため、買取価格は比較的高くなる傾向が強いものです。
どこに持っていけばよいのかわからない場合には、まずは大手に持っていくと間違いはありません。

 

もしも車を売却した後に同じメーカーの新車を購入予定であるならばディーラーへの持ち込みがおすすめです。
買取価格はそれほど変わりはないかもしれませんが、新車を購入する際には値引きが受けられる可能性があります。

 

車買取一括査定に売れば手間なく簡単に高額査定がもらえます

車買取一括査定に売る

どこに査定を依頼すればよいのかわからないという人のために、近年では一括査定と呼ばれる便利な方法があります。

 

一括査定とは申し込みを行うだけで複数の業者に実際の査定をお願いすることができるので、一度申し込めばそれぞれの店舗の買取価格を見ることができます。
ディーラーの下取りを利用する人も多いかもしれませんが、一括査定とディーラーへの下取りを比べると10万円から30万円も高額になることも珍しくありません。

 

一括査定は一度申し込みをすると多くの業者から一斉に電話がかかってくるのではないかと心配する人も多いでしょう。
一括査定の賢い利用方法としては、あらかじめ時間を空けて、聞かれることを事前に想定しておくことにより、手早く終わらせることができます。
またキャンセル機能があるものもあるので、このようなものを利用するお勧めします。

 

 

車を売ることを考えて、きちんとメンテナンスしておくことが高額査定をもらうポイントです

車のメンテナンス

そして現在は売却する予定はないけれども、今後の売却のことを考えれば、乗り方にも注意をしておきたいところです。

 

次に車売却するまでの賢い乗り方としては、急ハンドルや急ブレーキ、急発進などはできる限り行わないようにしましょう。
これらはエンジンや部品の劣化にもつながり、劣化だけではなく事故につながる危険性もあります。

 

またメンテナンスや部品交換は定期的に行いましょう。
完全に故障する前に事前にメンテナンスを行えば適正な交換時期なども見極めることができます。

 

そして洗車を定期的に行うこと大切です。
査定の際に車がきれいな状態であれば、その車がこれまでに大切に扱われてきたことの証明にもなるでしょう。

 

これらのことから安全に、そして大切に扱われてきた車ほど高く売れることがわかります。
走行距離やボディカラーについてはどうする事も出来ないかも知れませんが、できる限りのことを行い、今後売却する際に高値の査定が受けられるように努めることが大切です。

TOPへ