車売る時にはキズは直した方がいいの?

車売るなら車のキズはどうするか

車を売るときには、なるべく高く売りたいものです。

 

そのためのポイントはいろいろなものがありますが、中でも車売る際のキズの減点方法を知っておくことによってどれぐらいが減点されるのかを理解することがオススメとなります。
ボディーにキズや凹みがあるとどうしてもマイナス査定の要因となってしまいますが、査定前にキズをあらかじめ直してから売る方が良いのか、修理すると損するのかを考えていきます。

 

まず、査定方法は業者によって多少異なってきますが、基本的には考え方は一緒です。

 

車売る際にキズやヘコミがある場合の査定基準について

キズや凹みの査定基準

キズが薄く、爪が引っ掛かるかどうかが判断の基準となります。

 

キズを触った時に爪が引っかからない程度の細かい小キズは気にする必要はないとされています。
うっすら程度なら減点の対象にはならないため、安心して査定に出せます。

 

キズが付いているとどれくらい減額されるのか

キズがある場合にどれくらい減額されるの?

キズの減額費用はどれくらい?という疑問を持つ人も多いと思いますが、減点される基準はいろいろなものがあります。

 

キズや凹みの直径が1cm未満の場合減点の対象にはならず、直径がカードサイズ未満つまり約9cmの場合は、1000円×10点=1万円の減額となります。
9cm以上の場合には、1000円×20点=2万円の減額、約30cmの場合は1000円×3万円の減額となっています。

 

大きさによって減額される額が異なるため、売ることを考えると現在乗っている車をキズつけないように注意しながら運転しないとのちの査定額に大きく影響してきます。

 

キズがひどいと部品交換となることも

車のキズがひどい

キズがひどいと部品を交換する必要が出てきます。

 

部品交換の費用はどれくらい?という疑問が出てきますが、バンパーやドアは50点以上の減点で部品を交換するのが基準です。
カードサイズ未満のキズでも6ヶ所あって60点になったなら交換となります。

 

バンパー交換費用としては、国産車なら約5?10万円、高級車や外車なら約20万円程度になります。
ドア交換費用としては、国産車なら約10万円、高級車や外車なら約20万円程度と考えられており、一般的に高級車や外車になるほど交換費用も高くなっていきます。

 

車売る時には結局キズは直したほうが良いの?

結局キズは直したほうが良いの?

では、車を売るときにはキズは直して売ったほうがいいの?と思う人も多いと思いますが、キズや凹みは直さずに売った方が良いとされています。
綺麗な方が高く売れるのではないかと考えられますが、実際にはいくら綺麗に直したとしても修理代金以上に査定額が上がることがないのが現状です。

 

なぜ修理代金以上に査定額が上がらないかというと、買取業者の多くが自社に整備工場または提携の整備工場を持っているからです。

 

業者は車を買い取った後に、これらの整備工場で安いコストで修理してから中古車として再販します。
そのため多少のキズがあったとしても利益を見込める車であれば買い取ってもらえます。

 

つまり、下手に修理はしないで現状のまま売ることが一番高く買い取ってもらえる方法と言えます。

 

細かいキズなら自分で補修できる場合でも

自分で補修できる場合でも

細かいキズが気になるというケースも多いですが、細かいキズも気にしなくて大丈夫です。

 

細かいキズをコンパウンドやワックスで磨いて落とすことができますが、素人が行ってしまうと意味がないどころか塗装にムラができてしまう可能性も考えられます。
細かいキズは査定額に影響することはないため、磨くなどはしないでそのまま売ってしまいます。

 

それでもキズや凹みがあるのは気になるという場合には、キズや凹みのある車を高く売る方法でなるべく高く売るように心がけていきます。

 

キズや凹みがある車でも高額で売るためにはどうしたらいいのか?

キズや凹みがある車でも高額で売る

そのためには、車を高く売るためにはいろいろな業者で査定してもらうことが大切です。
複数の買取店から見積をとることによって、それぞれに査定基準が異なるため査定額に大きく差が出てきます。

 

一手間をかけるだけで数万円から数十万円も差が出てくるケースもあり、最低5社以上の複数の買取店で見積もりを取ってもらい、最も高値をつけた買取業者に売るようにしていきます。

 

どうして複数の車買取店で査定をしたほうが良いのか

どうして複数の車買取店で査定

なぜ一社のみの見積ではダメなのというと、業者によってキズに対する評価が異なるためです。

 

ある業者はキズに対して1000円という計算で行っていましたが、業者によって1500円を基準にしているところもあります。
この査定基準によって最終時な評価額に大きな差がついてしまうのです。

 

この評価の差は自社で整備工場を持っているかどうかの違いになります。
自社で整備工場を持っている場合には圧倒的に安いコストで修理することができ、多少キズがあったとしてもそこで安く直すことができるため査定する時にも強気の評価ができます。

 

逆に整備工場とは提携しているという業者の場合、キズに見落としがあると赤字になってしまう可能性があります。
そのためキズを念入りにチェックしてキズも査定にも影響してきます。

 

業者ごとに得意な車両が異なるというのも、査定のポイントとなってきます。
軽自動車や普通車、ミニバン、高級車など得意分野が業者によって異なり、キズの有無、事故車などに販売網を持つ業者などもいます。

 

得意な車両であれば高めに買取、逆に不得意なものは在庫になるため強気の価格提示ができないのです。
このようにいろいろなポイントを抑えることで、キズのある車は高く売ることができます。

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ