外車を売る時に安くなる理由とは?少しでも高く売るための方法

外車

外車はそのデザインや力強さに昔から憧れる人は少なくありません。
しかし、いざ自分のものにして何年か経ってから買い換えようとした時、外車は購入時に割高で、手放すときは安くなることに気が付きます。
状態の善し悪しではなく外車であること自体で安くなってしまうのは理不尽に思えるかもしれませんが、買取業者からすればそうなる理由があるのです。

 

 

外車が高く売れない理由を挙げていくと、次のようになります。

外車を欲しがる人の需要の関係上、安くなってしまう

外車の需要

買取価格は、どれだけその車が欲しい人がいるのか、という需要の高さと密接に関係しています。
中古車は買取業者から中古車販売店に引き渡され販売されるわけですが、欲しい人が多いのであれば高値が付きますし、人気がなければ安く売られてしまいます。
高く売れるのであれば当然買い取り課価格は高くなり、逆は安くなるというわけです。

 

外車はどうなのかというと、高級車というイメージがありますが、オーナーはそれなりの収入のある人です。
そういう人は、中古車ではなく新車で購入しようとします。
中間層、低所得者層の人も、本体価格、維持費、小回りがきく、ということで、外車よりも国産車を好むので、外車に手を出そうとはしません。
必然的に中古車としての需要は低くなりますから、買取価格が安くなってしまいます。

 

 

外車は故障した時に国産車と比べていろいろと大変なので

故障した外車

外車は国産車に比べ得て壊れやすい、と言われています。
それは単なる風評ではなくものに対しての考え方の違いや気候の違いが原因です。

 

海外ではものは修理をしながら長く使うというのが、車に限らず家や家具でも定着しています。
一方で日本は質が高く耐久性の高いもので長持ちをさせるという考えでものを使っています。

 

加えて欧米と比べて日本は高温多湿で、それにあった素材を使っていないと劣化が進みます。
国産車は、当然日本の気候にあった物となっているので壊れにくいのです。
こういったことから、外車は国産車に比べて壊れやすいという認識になってしまうのです。

 

故障時の交換部品が大変

故障時の部品交換

これが厄介なのは、壊れた時に純正の部品と交換したいという時に、船便などで海外から取り寄せることになります。
純粋な部品代であれば国産車と変わらないかもしれませんが、輸送費が加わってかなりの金額となってしまいます。

 

そして外車の修理に対応しているディーラー、修理業者は工賃が高く設定されているのでその金額は更に嵩みます。
故障はいつおきるかわからず、所有している限り何度も繰り返すかもしれません。
ましてや劣化が進んでいる中古の外車であれば、故障の可能性は高くなります。
多額の出費を迫られるとなれば、外車を高値で買おうという人は少なくなります。

 

 

外車は保管コストがかかる

外車の保管

安くても中古の外車が売れれば良いのですが、買い手が少ない以上は売れないままに残ってしまう可能性はかなり高いです。
曲がりなりにも外車ですから、野ざらしで保管することはできませんし、買いたいという人が出てきたときのため維持管理は必要です。

 

そして業者は、売れない在庫を大量に抱えることはできませんから、売れるまで待っていなければいけません。
そうしているだけでも、保管のコストがかかっていくので外車の買取価格を安くして釣り合いを取るのです。

 

 

外車は海外輸出することができないので

外車の輸出

国産車は中古車を海外に輸出しても、性能が高く信頼されていることから多くの買い手があります。
しかし中古の外車は日本で使われたということに何の意味もないし、輸送費だけがかかってしまうだけなんです。

 

海外で中古の外車を手に入れたいというのであれば、日本からわざわざもっていくことはなく、本国から仕入れたほうがよほど良いです。
そうなると、中古の外車の行き先が更に狭まり買取価格に反映されます。

 

 

外車を少しでも高額で売るにはどうすればいいのか?

外車を少しでも高額で売るには

結局の所、これらの買取価格が安くなる理由は、宿命のようなものでどこの買い取り業者に持ち込もうと事情は変わりません。
それでも買取価格を高くしてもらったほうが、次の車を買うための負担が軽くなるのでなんとかしたいところです。

 

では外車を高く売るためにはどのような方法があるのでしょうか?

 

まずどこに売るのかということで、新車を購入したディーラに任せるという選択肢もありますが、出来れば外車専門の買取業者に任せたほうが良いでしょう。
というのも買い取った車を販売するために独自のルートを持っている事が多く、効率的に販売できる分買取価格が高くなります。

 

それから買取価格を上げてもらうための交渉もやってみるべきです。
もちろん、交渉の武器となるものがなければいえませんから、それを用意する必要はあります。

 

では何をすればよいのかというと、複数の買い取り業者に見積もりを出しておくのです。

 

そうして他の買取業者の見積額を提示しつつ、上げないと他のところに客を取られてしまう、という風に見せるのです。
どれだけ上乗せされるかわかりませんが、少なくとも買い叩かれることはなくなります。


TOPへ