年式や走行距離による下取額や買取額への影響について

車売る時の年式や走行距離

車を新規購入する際に考えるのは、もちろん貯金がどれくらいあってどのくらいの金額の車を買えるか、ということでしょう。
そしてその時に期待するのが、今使っている車がどれくらいで売ることができるのか、ということです。

 

今乗っている車が査定してもお金にならないという場合とそれなりの金額で下取、もしくは買い取ってもらえる場合とでは、買える車がかなり変わってくるのではないでしょうか。
買える車の選択肢が増え、グレードも上げることができればこれはかなり嬉しいことだと言えます。

 

車売る時の査定額の決め方とは

 

車売る時の査定額の決め方

しかしそこで気になるのが査定額の決め方で、車の査定額はまちまちです。
一律で価格が決まっていて装備やグレード、そして割引額だけが影響を与える新車の価格と違い、中古車の下取もしくは買取については、車の状態によってかなり金額が変わってきます。

 

また、下取と買取でもかなり価格が変わることもあるのです。
よく言われるのは、下取より買取が有利になる場合があるということです。
これはいったいなぜなのでしょうか。

 

 

ディーラー下取と車買取業者の査定額の算出方法の違いとは

 

ディーラー下取と車買取業者の査定額

実は、下取と買い取りでは、年式と走行距離などの査定するポイントにかなり違いがあるのです。
では、年式と走行距離での査定額の違いはなぜ現れるのでしょうか。
ディーラーの下取での査定額の算出方法と、買取の場合の査定額の算出方法のそれぞれのポイントを紹介しつつ、違いを探ってみましょう。

 

ディーラー下取の査定額算出方法

 

まず、ディーラーでの下取では年式と走行距離で基本的な査定額を算出します。
さらに、それによって決まった基準となる査定額に対し、加点や減点をしていくのです。

 

加点されるのは車体カラーや装備で、減点されるのは傷やへこみなどです。
年式の古い長く使った車であればあるほど傷やへこみは多くなることは当然ですので、下取の場合、古ければ古いほど査定額は下がっていきます。

 

それでよくあるのが、査定額がゼロになってしまうということです。
ただ、こうした下取だと査定額がゼロになってしまう場合でも、買取だとかなりの額がついて売れると言ったことがあり得ます。

 

下取ゼロでもなぜ買取だと売れるのでしょうか。
これは、下取の査定方法にはないポイントが買取にはあるからです。

 

車買取専門業者の査定額算出方法

 

中古車を取り扱う買取業者の場合は、もちろん年式が古いことや走行距離が多いことは価格には影響を与えますが、もっと重要なポイントがあります。
それは、オークションの相場や業者の持っている在庫です。

 

例えばオークションでの相場が高く需要が多い車はそれだけ高く売れるということですので、買取業者からすれば喉から手が出るほど欲しいということになります。
高い価格で売れることも見込めるので、ある程度の査定額をつけても儲けがでる、というわけです。

 

故障車や動かない状態になってしまっている車でも買い取ってもらえることもあるようです。
また、買取業者はさまざまな在庫を持つことで集客力も高くできるので、在庫の無い車はやはり少し高い査定額をつけてでも手に入れたいということになります。

 

そして重要なのはこの在庫の有無で、在庫の量は業者によって違います。
同じ車でも、業者によって欲しいかどうかが変わってくるのです。
つまり、査定額も変わってくるんです。

 

 

車売るなら車下取か買取どちらを利用するのかを上手く使い分けましょう

 

車売るなら車下取か買取どちらを利用するのか

このことから、下取と買取で比較するだけでなく、買取業者についても複数の業者に向けて一括査定をお願いすると、思わぬ高額がつけられることがあるのです。
例えばここで出た高額の査定を持ち込んで下取を行うディーラーに交渉を持ちかけるのもありかもしれません。

 

このような仕組みになっているため、ディーラーの下取よりも買取業者の方が高い査定額をつけることが多いわけです。
ただし、まだ年式が新しく状態も良い車の場合は、下取を行うとかなり割引が付き、こちらの方がお得になることもあるので注意が必要です。
どちらもうまく使うことが必要と言うわけです。

 

 

年式や走行距離の影響まとめ

 

年式や走行距離の影響まとめ

 

  • ディーラーは年式や走行距離と車の状態だけを見て査定額を決めます。
  •  

  • 一方、買取業者はそれに加え市場での価値や需要の高さ、そして業者自身の在庫の状況によって査定額がプラスになることがあります。
  •  

  • 下取で査定額が0となっても、買取業者では売れる場合があるのです。
  •  

  • 故障車や動かなくなっている車でも同様で、ひょっとしたらそのような車でも売れるかもしれません。
  •  

  • 年式が新しく走行距離もさほどではなく、状態も良い車についてはディーラーでの下取の方が割引が高くなる場合もあります。
  •  

  • 買取業者については、業者によって在庫の状況が違うため査定額はまちまちで、一括査定を上手に活用し複数の査定を見比べることで、高額査定を得ることができるかもしれません。
  •  

  • 買取業者の一括査定で出た高額査定を持ち込んで下取の交渉をすれば、思わぬ割引があるかもしれません。
  •  

  • どちらにしても、ディーラーの下取と買取業者のどちらもうまく活用することが大事になります。

 

 

<関連項目>

下取と買取の違いとは

ディーラーでの車下取りがダメな理由とは

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


TOPへ