車売るならディーラーでの車下取りがダメな理由とは

車売るならディーラーでの車下取りがダメな理由とは

車売るなら車下取りはダメ

車の買い替えを行う場合の選択肢としては中古車販売店で買取をしてもらってから新しいものを購入すると言うケースと、もうひとつはディーラーに持っていって下取りをしてもらうと言うケースがあります。
その中でも特に初めて車の買い替えを行うと言う人の場合はディーラーに持っていくというケースが多くなっており、下取りと同時に新しい車種を購入する事ができるというところから手間が省けるというメリットで利用していると言う人が多いようです。

 

このように下取りに出せば全ての面倒な手続きをディーラーがやってくれるということでそちらを利用すると言う人は多いのですが、実は場合によってはかなり損をしてしまっていると言う可能性があるのです。

 

ディーラー下取りに任せてしまうと

 

どういうことなのかというと、一般的に中古車販売店を利用する場合は買取対象となっている車の査定を行ってからその価格を決定すると言う流れになっていますし、査定価格が相場よりも高いのか安いのかと言うところを把握できる余裕があります。
なのでより高く買取ってくれるところを利用して売却する事ができるようになっているので、自分たちで選択することができるという大きな特徴を持っているのです。

 

ですがディーラーを利用する場合、その査定価格はディーラー側が一方的に決めてしまうことが多くなっています。
そのため下取りに出してしまうとそのまま売却手続きに入ってしまうということが多くなっていますし、相場を知っていたとしても正確な金額を算出する事は難しくなっているので最終的に査定が終わるまでどの程度で引き取ってもらえるのかが分からなくなっているのです。

 

車下取りはディーラーが得するようになってるんです

 

そのため算出されて提示される金額は新車販売価格の値引き分やその他諸経費をしっかりと差し引いた金額となっているので、相場よりも低かったり大した金額にならなかったというケースも少なくないと言われています。

 

単純に安い金額を提示されるだけだと当然不満を覚える人も多いのですが、そのような人への対策として新車の値引きやオプションをたくさんつけてくるということがあります。
そうすることによって実は損をしているのに相手が良心的な事をしてくれている・得をしていると思い込ませることができるようになっているので、結果的に損をしていても満足してしまって気づかないと言う人も多いのです。

 

ですがこの値引きやオプションは別に相手側が損を被るわけではなく、むしろ利益が出るからこそ提示しているものとなっているので相手側にとってはメリットしかない取引であると言えるわけです。

 

古い車ほど下取りは損してしまいます

 

ちなみに下取りに出したからと言っても必ずお金になるというわけではなく、車種や状態によっては査定価格がゼロとされてしまうケースもあります。
特に古い車種や状態が悪いもの、人気がそこまで高くないというものに関してはこのようなケースになってしまうことがあるようで、そのような場合は新車を購入しようとしても下取り価格を差し引く事が出来ないと言う問題が発生してしまいます。

 

そうなってくるとそのまま新車の価格を請求されてしまうようになりますし、車を処分すると言う場合にはその手数料が発生してしまうので逆にお金がかかってしまうと言う事態にもなりかねないのです。
もしも車の処分費用を無料にすると提案されたとしても、結果的には新車の費用は請求されるようになっているので結果的に損をしていることに変わりはありません。

 

ただしこれは決して悪い事をしていると言うわけではなく、商売としても違法ではないとされています。
つまりどんなに安い価格を提示されてしまったとしてもそれは仕方ない事であり、新車を購入する際に差し引かれているのであれば納得するしかないと言う事になります。

 

しかも通常の買取と違ってよほど人気の高い車種でなければ高額査定にはなりにくいというところもデメリットになっているので、なかなか高く買取ってもらえないと言うところも納得しなければならないということになります。

 

そのためディーラーに持っていくという方法はよほど車種が人気の高いものであったり状態がいいものである以外にはあまりおすすめされておらず、どんなに値がつかなかった車を無料で処分してくれると提示されていたとしても結果的に損をしていることが多いので注意が必要であると言われています。

 

高額で車売りたいのなら買取査定に出しましょう

 

ではどうすれば高い価格で買い取ってもらえるのかというと、中古販売店での買取が一番おすすめされています。

 

こちらの方法の場合は複数の業者で比較検討をすることもできるようになっていますし、相場よりも高く買い取ってくれる可能性が高くなっているというところがポイントです。

 

ただし自分たちで業者を探さなくてはいけませんし、買い取り価格の比較検討をしなければいけないなどのデメリットもありますが最近では一括査定サイトがあるのでこれを利用するのがいいでしょう。

 

また場合によってはこちらの方が安い価格になってしまう事もあるので、相場と買い取り価格を把握してからどちらを利用するのかと言うところをしっかり検討することが重要です。

 

 

<関連項目>

下取と買取の違いとは

今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


車売るならディーラーでの車下取りがダメな理由とは関連ページ

下取り価格が安いディーラーは不利!その理由とは
車売るなら下取り価格が安いディーラーは不利になるのでやめましょう。ではどうしてデーラー下取価格が安くなるのか?その理由をお答えします。
今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ
車売る時に今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ、どうやったら車を高額で売ることができるのかについてのポイントをご紹介します。
ディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのか
車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのでしょうか。ディーラー下取りでは他社の車は安くなるって本当なのでしょうか。この疑問にお答えします。
車の下取と買取ではどっちが高額になるの?
車売るなら下取と買取ではどっちが高額になるのでしょうか。車売る際に価値が下がる原因と基準、人気の車種やボディーカラーの比較、どうしても下取りで高く売りたい場合についてもご紹介します。
車下取価格を高額にするコツと交渉術とは
車売る時に下取価格を高額にするコツと交渉術について。掃除のこと、臭いについて、出来るだけ店舗に出向く、改造しているなら純正品に戻す、下取りの前に買取査定に出す、一括査定で複数会社から見積をもらっておく、オンシーズンに下取したほうが良い、値引き交渉は2段階に、最後のひと押しのポイント、これらの車下取価格をアップする方法について解説していきます。