セダン・クーペ・ミニバンなどの車種について

車売るなら購入時の車種について

クルマには用途に合わせて様々な種類があります。
クルマ選びの際にはどのような種類があるのか、またどのような特徴があるのかを理解し、使用する目的や用途に合わせて選ぶ必要があります。

 

セダンの特徴とは

 

セダン

まずクルマの代表的な種類としてセダンがあります。
別名3ボックスとも呼ばれるように、エンジンルーム、キャビン、トランクルームの3つの空間に分かれているのが特徴です。

 

機能性や安定した走行性、静粛性の高さなどクルマとしてのバランスに優れ、ひと昔前はファミリカーといえばセダンでした。
しかし、日本国内ではより機能性の高さを求めてミニバンがファミリカーの主役となっています。

 

代表車種はカローラアクシオ、クラウン、カムリ、スカイライン、アコードなど各メーカーから豊富な車種が用意されています。

 

クーペの特徴とは

 

クーペ

2つ目はクーペです。
セダン同様に3ボックススタイルを有しながら、2ドアが採用され、リアにかけて傾斜していくスタイリングが特徴です。
とても優雅でスポーティなデザインは、後席が狭くなるなど機能性を若干犠牲にしながらもスタイリングを優先して作られています。
ただ現在クーペモデルはあまり車種が多くありません。

 

代表的な車種はスカイラインクーペ、フェアレディZ、86などです。

 

ステーションワゴンの特徴とは

 

ステーションワゴン

3つ目はステーションワゴンです。
ステーションワゴンの特徴は、セダンのルーフをエンドまで伸ばし、荷室スペースを広くしているのが特徴です。

 

国内でアウトドアがブームになったときにステーションワゴンの人気が急激に高まりましたが、それ以外でも業務用として使用されることが多いです。
荷物を多く搭載する機会が多い方にとっては大変重宝するクルマです。

 

代表的なクルマはレガシィ、カローラフィルダーなどです。

 

ミニバンの特徴とは

 

ミニバン

4つ目はミニバンです。
セダンに代わる新しいファミリカーとして非常に人気が高くなっています。

 

ボックス型のスタイリングを採用することによって広々とした室内空間を実現し、3列シートで7人〜8人が乗車可能です。
またシートアレンジが豊富で完全フラットにすればベッドになったり、3列目シートを折りたためばワゴン以上に荷物を多く搭載することもできます。
アウトドアブームの際にワゴンと並んで人気となりましたが、ワゴンがやや人気に陰りが見える中、ミニバンは根強い人気をキープしており、中古車の買取価格も高額買取が期待できます。

 

代表車種はノア、セレナ、アルファード、エルグランドなどです。

 

SUVの特徴とは

 

SUV

5つ目はSUVです。
三菱パジェロのような本格的なオフロードカーよりも、街乗りも可能なコンパクトサイズのクロスオーバータイプのSUVは世界的な人気で、SUVとはあまり縁遠かったようなメーカーまで次々に新しいSUVを投入していることからも世界的な人気の高さをうかがい知ることができます。
地上高が高いので多少の悪路も問題なく走行することができ、目線が高くなるので視界も良好です。
セダンにはない独特な乗り心地は新しい感動があり、乗り換えも多いです。

 

代表的な車種はエクストレイルやCX-5、ハリアーなどです。

 

コンパクトカーの特徴とは

 

コンパクトカー

6つ目はコンパクトカーです。
1000cc前後のエンジンを搭載し、コンパクトなサイズが特徴です。
日本の狭い道路事情においては非常に取り回しが良く、燃費性能も優れています。
セカンドカーとして所有する人も少なくありません。

 

代表車種はフィットやヴィッツ、ノートなどです。

 

軽自動車の特徴とは

 

軽自動車

7つ目は軽自動車です。
660ccという小型のエンジンを搭載し、限られたボディサイズが決められた日本独自の車種と言って良いでしょう。
軽自動車はバラエティに富んでおり、高い人気を誇ります。

 

一人で乗る場合には手頃なサイズで、コンパクトカーよりも税金の面でもお得です。
軽自動車は中古車市場でも非常に人気が高く、年式が古くなっても買取価格がなかなか落ちません。
また、最近の軽自動車はトールワゴンタイプのボディ形状を採用しているものが多く、普通車並みの室内空間を有しています。
セカンドカーとしても人気です。

 

代表的な車種はワゴンRやムーブ、N-BOX、デイズなどです。

 

ハイブリットカーの特徴とは

 

ハイブリットカー

8つ目はハイブリッドカーです。
現在国内においては最も人気が高いと言っても過言ではなく、プリウスをはじめ様々な車種から選ぶことができるようになってきました。
ハイブリッドカーの最大の魅力は燃費が良いことですが、モーターとガソリンエンジンを組みあわせることでガソリンエンジン車の2倍以上の燃費性能を手に入れています。

 

運転には多少の『コツが必要ですが、コツを覚えるとカタログの数字に近い燃費を実現することも不可能ではありません。
ハイブリッドカーは電気自動車や燃料電池自動車に移行する中間的な存在でもありますが、しかし、日本ではすっかりエコカーとして定着しています。

 

 

このように非常に高くの種類があるので、クルマを選びには悩むことも多いものです。
直感的にかっこいいものを選ぶのも良いですし、これらの種類ごとの特徴から選ぶのも良いでしょう。
様々な種類のクルマを選ぶことができるのは消費者にとってはありがたいことです。

 

 

車売るならどこが高く売れるの?車購入資金の足しに少しでも高額で車売る方法はコチラ