車売るなら中古車査定は決めたら早くした方が良い理由

車売るなら中古車査定を早目に

中古車の価値は時間が経てば価値は下がり、車売るなら中古車査定は決めたら早くした方が良いでしょう。
消耗品で時間が経てば経つほど寿命が短くなっていくのと同じで新車に近いほど高く売れるからです。

 

車は早く売らないと年式と走行距離が増えていき、ドンドン価値が下がる

車の価値

査定額を決定する最大の要素が、年式と走行距離です。
年式は初度登録年によって決まり、その車に初めてナンバーが交付された年を表します。

 

車の年齢ですが新車に近いほど中古車としての価値は高くなります。
年式が新しい車ほど高額査定で売れるようになります。

 

走行距離が伸びると買取価格が下がるので、査定の際には重要視されるポイントです。
短い方が価値があり、長ければ価値は低くなっていきます。

 

車の劣化

5万qを超えた車を多走行車、10万qを超えた車を過走行車と呼んだりもするように走行距離が増えるとパーツの劣化や故障も多くなってきます。
エンジンや車体も劣化が進んで新車と比べてしまうとコンディションの差は広がってしまいます。
年式が3年以内の比較的新しい車は、走行距離が100q長くなるだけで数万円もの査定額が変動すると言われています。

 

車売る側の視点に立つと、なぜ一日でも早く売った方が良いのかという理由が明確になってきます。
一日でも経てば価値は下がっていき、買い手も見つかりにくくなってしまいます。

 

売却を先延ばしにすれば、走行距離が今よりももっと伸びてしまい1日でも遅れると査定額は下がる原因になります。
使用状況にもよりますが、車の引き渡しが1週間遅れてしまうと、走行距離は100q以上伸びるといわれています。
走行距離で車の価値は大きく変動するので、買い取り後に売却をしなくてはならない車買取業者にも大きなデメリットをもたらします。

 

車のキズや凹みなどコンディションが悪くなっていく可能性

事故のリスク

コンディションの問題もあり、車は深いキズなどあれば査定に響いていくのです。
早めに売却をした方が良い理由に、これ以上キズや凹みを増やさないで事故や故障のリスクが増すという事も考えなくてはなりません。

 

売却を悩んでいる間に、もらい事故が起こって結局売れなかったという場合もあります。
走行中に飛び石でフロントガラスが割れるという事もあり、修理をするのにもかなりのお金がかかります。
修理を断念してまま買取をしてもらうと、査定額もかなり下がり残念な結果になる場合もあります。

 

急にエンジンが止まってしまい、レッカーで運んでもらい余計な出費がかかるという事もあるので事故や故障のリスクが増すような事はしない方が良いのです。
事故や故障をしてしまうと大きなダメージとなってしまい満足のできる売却にならないので、そういったリスクを減らすことが大事で早めの決断をするのも必要になります。

 

車買取業者同士の競合や相場の変動リスク

価格下落リスク

1日でも遅れると査定額は下がる理由に、他社との競合も考えていく必要があります。
コンディションの良い車や人気の車種は、多少高く査定をしても手に入れたいものです。

 

査定をした日から日数が空いてしまうと、他社に買い取られてしまうとというリスクが増します。
利益を確定できない為に、査定がしにくくなってしまいます。

 

車を引き取るまでの間も、相場下落のリスクが増す可能性があります。
中古車オークションの相場が下がってしまえば、車買取業者としても儲けがなくなるので査定額も低くなります。

 

車買取業者は、買い取った車の9割をオークションに出品しています。
その差額を利益にしているので、相場下落のリスクを加味すると査定額は下がるのです。

 

契約日や引き取り日が一日でも遅くなってしまうと、査定額の減額につながっていくのは避けられません。
一日でも早く査定日と契約・引渡し日をする事で、高額査定が期待できるのも事実です。
たった一日ですが、その差が大きな分かれ目になる事も考えられます。

 

車売るなら中古車査定は決めたら早くした方が良い理由【まとめ】

車売る時は早めに

売却は時間をかけてじっくりと悩んで決めたいという気持ちはわかりますが、中古車査定を受け一日でも早く売却を決断する事をおススメします。
車買取業者が背負うデメリットやリスクを減らすことで、高額査定で車が売れるのです。
車の買取相場はいつも同じというわけでなく、毎日変化をしていてタイミングを逃すと数万円もの大きな損になります。

 

車を持った時に、どのタイミングで売却をしたら良いのかという知識も持っておくとスムーズに進みます。
車を売ろうとその時になってからでは良い判断ができない事もあります。
日頃から常に情報を集めていき、車の売却がスムーズにできるようにと考えておくのも良いでしょう。

 

後から後悔しても査定額が増える事もなく、あの時に売っておけばよかったと誰もが感じるはずです。
ベストタイミングで車を売る為にも、走行距離やコンディションの問題を頭に入れておくようにしましょう。
価値が下がらないように、日々の積み重ねで車内を綺麗にして使ったり安全な運転をする事も大事です。

 

少しのキズはコンパウンドで目立たなくなり、狭い場所は運転しないなど気を付けていくと良いです。
愛車を少しでも高く売りたいと考えているなら、一日でも早くに決断をして手放すことが正しいのです。

 

 

<関連項目>

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ