中古車査定はフルモデルチェンジ前に

車売る際のモデルチェンジの影響

新車の販売に関するサイクルはケースによって違いますが、基本的には数年程度で新たなモデルの車が登場します。
同じ名称でありながら前のものとはほとんど違うフルモデルチェンジのパターンと細部を変えるマイナーチェンジの2つです。

 

マイナーチェンジの場合には前のものとさほど変わらないため、同じような価値かやや下回る程度で推移することになります。
ところが、フルモデルチェンジはすべてが変わるため、いわば同じ名称の車でありながらも別の車のような扱いになります。
そのため、モデルチェンジが行われた際にはそれなりに価値が変動することは知っておくべきです。

 

モデルチェンジした新車発売後には旧モデルの相場価格は下がるのか

アルファード

モデルチェンジ後の旧モデルの買取相場に疑問を持つ人がいますが、モデルチェンジがなされれば、それまでの車はいわゆる旧型車ということになります。
旧型車になった瞬間、その価値は下がると思ってよさそうです。

 

つまり、新型発売後の買取価格の推移を見ていくのであれば、モデルチェンジをした新型車の発売が行われた瞬間に値段が下がることになります。

 

旧モデルの車の価値が下がってしまう仕組みとは

旧モデルの車の価値が下がってしまう仕組み

まずこれまで新車としてカーディーラーなどに展示されていた車などが一斉に中古車として処分されるという現象です。

 

自動車販売店に足を運んだ人であればわかりますが、店の中に車が1台、試乗用として数台保有しているケースがあります。
これが一斉に全国の自動車販売店から売りに出されるとすれば、買取相場において供給過多になることは明らかです。

 

しかも、カーディーラーが取り扱いをしていた関係でメンテナンスは一般的な人たちが管理をしているケースと比べてかなり優れています。
いわゆる質のいい中古車が一気に流入していきます。
同じ土俵の中に入り込んだとしても、同じような評価で買取をしてくれる可能性は低いため、結果的に買取価格は下がってしまいます。

 

モデルチェンジした新しい車に乗りたいという心理状況

モデルチェンジした新しい車に乗りたい

モデルチェンジをしたいと思うのはその車種が好きなユーザーや新車好きのユーザーにとっても同じことです。
発売された瞬間に売却し、新車に乗り換えるケースも目立ちます。

 

同じことを考えている人は非常に多いため、やはり旧型車は増えます。
新しいものが生まれれば新しいものに変わり、それまでのものは処分されることは車だけでなく様々なことに言える話です。

 

つまり、モデルチェンジが行われるという段階ですでに買取価格に影響が出始め、新車が届き始めてから一気に下がるような感覚で考えておいてよさそうです。

 

モデルチェンジを事前に知ることで車を売るタイミングを計る

モデルチェンジを事前に知る

ここで大事なことはモデルチェンジを事前察知しようということです。
基本的に毎年そういったことは行われず、数年おきに行われるものもあればかなり長いスパンでフルモデルチェンジが行われるケースもあります。

 

オリンピックが4年に1度ですが、感覚としてはそれと同じようなタイミングでフルモデルチェンジすると考えて大丈夫です。

 

新車として発売され、最初の車検を迎える3年後までにある程度の噂話や自動車雑誌での想定がいくつか出されて、そろそろフルモデルチェンジがあるのではないかという観測が出されます。
全くのデタラメを書くことはほぼないので、それが出たらもう秒読みに入ったとみて間違いありません。

 

自分の車にモデルチェンジが迫っている場合の対処法

モデルチェンジが迫っている場合の対処法

自分の車のモデルチェンジが迫ってる人はどのように対処すればいいかですが、可及的速やかに売ってしまうのがおすすめです。

 

もちろん今の車が気に入っており、当面は売る気がないというのであれば無理に売る必要はありませんが、例えば気になる別の車種の新車が発売されたなどのことがあれば、モデルチェンジが発表された瞬間に値が下がることを見越して前もって売ってしまうのも1つのやり方です。

 

こういった発表は突然行われるものではなく、メーカーによってタイミングや兆候がある程度見えていきます。
それを自動車雑誌で確認していけば見逃すことはありません。

 

乗りたい車があるなど、自分のタイミングで売るようにする

自分のタイミングで車売る

最近モデルチェンジした直後の人はもう取り返しがつかない状況です。

 

といっても、新車で購入した以上は悲劇的に値が下がるわけではありません。
なので、ある程度乗ってから売る、もう1回車検を通してから売るなど自分のタイミングで売れば問題ないですが、その一方で年式や走行距離が中古車買取では大きな指標になるのも事実です。

 

乗ってみたい車を見つけた瞬間に売るなどの決めごとを事前にしておいた方がより納得する形で処分できます。
ダラダラと乗り続けることはさらに価値を下げた状態で処分することにつながるため、おすすめできません。

 

まとめると、フルモデルチェンジの発表がされた瞬間に値段は多少下がり、実際に新車が出回るとその幅はさらに大きくなるということです。
そうであればその時期を自動車雑誌などで予測し、その前に手を打つことが賢いと言えます。

 

もちろんそのせいで乗る車がなく、不便な思いをしたら意味がないため、車がない空白の時期を最小限にすることを考えながらその先のことを見据えた行動が求められます。

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ