ディーラー下取は安い?その理由と査定の仕組みについて

車下取りの疑問

車を売ったことがある人は経験があると思いますが、ディーラー下取はどうして安いのか?疑問ですよね。
ここではディーラー下取が安い理由について、いくつか挙げていきます。
この理由を知っておく事でお得に自動車を売却することができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ディーラー下取が安い理由【販売ルートの違い】

販売ルートの違い

基本的に中古車販売ショップとディーラー下取は、販売ルート(流通経路)の違いにあります。

 

通常の中古車販売ショップであれば、中古車を販売することをメインとしていますのでしっかりとしたルートを持っているのが特徴です。
もちろん、仕入れるときのルートも持っており中間マージンを支払わなくてよいため、高く買い取りしてくれるところも珍しくありません。

 

これに対して、ディーラーが下取りの場合は新車を販売することがメインになりますので、下取りした自動車を販売する独自のルートを持っていない可能性があります。
仮にルートを持っていたとしても、特別販売ルートに力を入れているわけではありません。
そのため、下取りをするときに安くしか買い取ってくれない可能性があります。

 

ディーラー下取が安い理由【査定するポイントの違い】

査定するポイントの違い

次に、査定するポイントの違いにも注目するべきでしょう。
ノーマルの自動車であればそれほど関係ありませんが、改造した車やオプションのパーツをつけている車の場合には買い取り価格が大きく異なってくる可能性があります。
通常ディーラーの場合では、社外品などのオプションに価値をつけることは難しいです。
例えば、高価なサスペンションやマフラーなどが付いていた場合でも自動車本体の価格にそのパーツの費用をプラスしてくれる可能性は少なくなります。

 

一方で、中古車を専門的に扱っているショップの場合はパーツの価格も見てくれるところがあります。
例えば、スポーツカー専門の店であれば、スポーツカーについているチタンのマフラーの価値が30万円だった場合、その分高く見積もってくれる可能性があるわけです。
同じようにサスペンションやメーターなどオプションで付いているものに関しては、それなりの価値をつけてくれる可能性が考えられるでしょう。

 

このような違いにより、ディーラーが下取りと専門店の下取りでは査定をするときに金額の違いが出てくるわけです。

 

ディーラー下取が安い理由【値引きに対する考えの違い】

値引きに対する考えの違い

値引き交渉する時も、ディーラー査定の場合には新車の購入に当たり新車の割引きはできないので、その代わり買い取りした車の査定額を少し上げることで対応することも少なくありません。

 

実は、もともと査定額を限りなく下げておき、実際に車を売却する段階になってぎりぎりの買い取り価格まで上げるやり方を採用していることがあります。
顧客からすれば、買い取り価格が上がったので得した気分に感じるかもしれませんが、実際には得をしているわけではありません。

 

ディーラー下取が安い理由【競争相手がいない】

競争相手がいない

競争相手の違いにも車査定額が影響してきますが、具体的には中古車買い取りショップの場合は周りに競争相手が複数いるため、意識的に高く査定額を設定せざるをえません。

 

例えば、最近のインターネットを利用した中古車査定比較サイトを見ればわかる通り、中古車ショップは常に他の業者と比較されることが前提になっています。
これに対して、ディーラーの下取りの場合、比較サイトなどにあらわれることもありません。

 

また、自動車を売却するお客さんも新車を購入することを目的にディーラーに中古車を売却しに行きますので、他と比べずに売却することが多いです。
そのため、多少査定額が低くても、売却をすることが多くなる傾向があるでしょう。

 

 

車売るならディーラー下取か車買取か、賢い選択はどっちなの?

車売る選択

では、下取りと買取、賢い車の売却方法とはどちらになるのでしょう?
それは、ディーラーの下取りと中古車販売ショップの下取りを比較することです。

 

このとき、事前に知っておきたいポイントの一つは、ディーラーに売却する時の費用になります。
ディーラー下取で注意したい費用として下取り査定料だけでなく下取車代行手続きに関する費用が含まれている可能性があります。

 

これらは中古車の販売ショップで査定をする場合には設定されていない金額になりますので、どれだけの違いがあるかを見ておく必要があるでしょう。
中古車販売ショップであれば、下取り査定料と下取車代行手続きに関する費用は含まれていませんのでその分高く買い取りをしてくれる可能性が高いです。

 

そうしないために重要なことは、最初にディーラーに下取りお願いするのではなく、中古車販売ショップに行って査定をしてもらった後にディーラーに行き下取りの査定をしてもらうのが良いです。
つまり、買取査定に出してから下取査定に行くようにすれば再びをよく比較することができるでしょう。

 

また、最初に中古車販売ショップに行って査定をしてもらった方が、落ち着いて考えることができます。
なぜなら、最初からディーラーに行ってしまうと車の購入の話しばかりが進んでいき、中古車を売却する費用のことが頭の中から離れてしまう可能性があるからです。

 

そして、最初に中古車販売ショップに行く前に、無料買取一括査定を依頼しようとすることが重要です。
無料買い取り一括査定をすることで中古車の相場価格を知ることができ参考にすることができるからです。
お店によっては20万円ぐらいの査定額の違いが出てきますが、専門店であればある程高く買い取ってくれる可能性が高いため、専門店にも査定をお願いしましょう。

 

 

<関連項目>

車売るならディーラーでの車下取りがダメな理由とは

車売るなら下取と買取ではどっちが高額になるのか

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ