車買い替え時に悩むボディーカラーで車の査定額は変わるのか

ボディーカラー

車を買い替えるときに迷うことが多いのはボディカラーをどれにするかではないかと思います。
車種によって選べる色が限られていることもあれば、逆に何十種類の色から選ぶことができる車もあります。
ツートンカラーでルーフやエアロなど部分的に色合いを変えることができる設定をしている車もあります。
オリジナル性の高い車選びができて楽しいものです。

 

車のボディーカラーは基本的には好みで選んでいいでしょう

ボディーカラーは基本的には好みで

基本的には自分の好みのカラーがあればそれを選べば良いでしょう。
ただ、ボディーカラーによって車の印象は大きく変わりますし、下取り価格に影響を与えることも少なくありません。
またオプションカラーなどが用意されているときは、標準に比べると費用が数万円割り増しになります。
それゆえ迷うことも多いわけです。

 

車売る時に不人気色のボディーカラーは査定額を下げることも

 

しかし、ボディカラーの基本的な特徴を押さえておくと、選択する際に参考になるでしょう。
まず人気色と不人気色があることを理解する必要があります。

 

自分がいくら気に入っていたとしてもそれが不人気色であれば、下取りや買取の際に大きく減額されてしまうことがしばしばです。
多いときには10万円近い差となってしまうことも珍しいことではありません。

 

 

ボディーカラーと査定額の関係。色選びのベストな選択とは

ボディーカラーのベストな選択

ではボディーカラーと下取り(買取)査定の関係についてどうなっているのか解説しましょう。

 

一般的に人気があり査定で高い値段がつく車の色は白、黒です。
単純な色ですが不動の人気を誇ります。
白か黒を選んでおけば、査定で失敗することはありません。

 

ホワイトパールは人気が高く汚れも目立ちにくいんです

 

また、ホワイトパールのような美しい色合いも人気が高いです。
通常、オプションになっていることが多いのですが、割増料金分は売却するときに戻ってくることでしょう。

 

しかもホワイトパールは汚れが目立ちにくいボディカラーとしてもおすすめです。
パールの輝きの威力が発揮され、多少の汚れは気にならないでしょう。

 

ブラック系は人気はありますが汚れや傷が目立ちやすい

 

それに比べると、人気色ではありますが黒はデリケートです。
汚れや傷が目立ちやすいので、日ごろからしっかりとコーティングを行い、汚れと傷からボディーを守ってあげる必要があります。
ただし、しっかりとコーティングを行えば、まるで鏡のような美しい輝きを手に入れることができます。

 

ところで、パール系なら傷がつきにくい?

 

実際には傷がつきにくいというより、汚れが目立ちにくいのと同様に、パールの輝きのおかげで傷も目立ちにくいということです。

 

特によく晴れ渡った日などは、びっくりするほど傷が目立たなくなります。
ただ日陰や室内の駐車場に入ると、隠れていた傷が見えてしまいます。

 

 

白系・黒系以外でボディーカラーの人気色はあるのか

ボディーカラーの人気色

白と黒、ホワイトパール以外で人気色は、その車のイメージカラーにあったものです。

 

たとえば、スポーツカーであれば赤や黄色は人気色となりますが、まじめなセダンでは不人気色となってしまうことでしょう。
イメージカラーについてはカタログやCMなどに何度も登場するので自然に目に入って良い印象を与えるようです。

 

 

不人気なボディーカラーってどんな色なの?査定額への影響は

不人気なボディーカラー

では、不人気色とはどのような色なのでしょうか。
一般に不人気色と言われるのは茶色や青のような原色です。
シルバーも今一つでしょうか。

 

もちろん、本人が気に入り、下取り価格も気にしないというのであれば全く問題はありません。
逆に他の人とは違うボディカラーということで目立って良いかもしれません。
最終判断は何を第一とするかということになるでしょう。

 

車の事情にあまり詳しくない人は、このような人気色とか不人気色ということを意識することはないことでしょう。
それはそれで決して悪いことではありません。

 

むしろ、下取り価格を気にし過ぎて、好きでもない当たり障りのない人気色を選ぶというのもつまらないものです。
車は高額な買い物ですから、後悔することのないボディカラーを選択したいものです。

 

 

<関連項目>

買い替えベストタイミングは何年なのか?

車買い替え目安時期と走行距離について

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ