中古車購入時のベストな走行距離は?年式と走行距離のバランス関係も

中古車の走行距離

中古車の安全走行距離の限界はどれくらいなのでしょうか?
そして、年式と距離はのどちらに気を付けて中古車選びをすればいいのでしょうか。

 

中古車の走行距離は短いほうが良いのか?

走行距離は短いほうが良い?

この点については、中古車の選び方と走行距離や年式はとても大きな関連をもっています。
できれば中古車の走行距離は短い方がいいといえますが、年式の割に走行距離が短い車なら、長距離を走っている中古車より状態はよくないということもあるといえます。

 

間違った車を選んでしまうことがないように年式と走行距離の正しい関係については知っておくということは大切です。

 

 

車が安全に走れる走行距離の限界はどれくらいなのか

安全に走れる走行距離の限界

車が安全に走れる走行距離は最近では約40万キロといわれています。
以前は10年、10万キロといわれていましたが、車の機能が年々よくなっているため、10万キロを超えた車も問題なく走っているのです。

 

海外では日本が人気があるといわれます。
これは、日本車には長く走る車種がとても多く、特別なメンテナンスなしでも、20万キロ以上を簡単に超えてしまうということがあるからです。

 

 

中古車の年式と走行距離とのベストバランスは?

年式と走行距離とのベストバランス

よくいわれているのが、1年間の適切な走行距離の目安が8000〜1万キロということです。
大体、1年で1万キロの走行距離という計算になります。

 

ここで先ほどの、年式と走行距離だとどちらを優先して選べばいいのかという点に戻ると、基本的には両極端でなければその車の状態などを見て決めるのがいいということなのです。
しかし、これらの2つの点が利用極端となっているという場合、その車はおすすめできないといえます。

 

年式と走行距離のバランスを見ることで、その中古車がどのように使用されているのかということがある程度想像できるといわれています。

 

使用年数に対して走行距離が少ない中古車のケース

走行距離が少ない中古車

例えば、使用年数に対する走行距離が少ないというケースだと、あまり走っていないから状態がいいとも言い切れないといえます。

 

走行距離が5万キロという中古車で10年落ちの場合には、週末ドライバーの運転するように、隔週や週末を中心に運転されていたということや、最初の5年間は普通に運転されていたけれども、その後の後半5年間は倉放置されていたのかもしれません。

 

その場合、塗装や内部の消耗品などがかなり傷んでいるということがあって、リスクは高いといわれているのです。

 

使用年数に対して走行距離が多い中古車のケース

走行距離が多い中古車

また、走行距離が5万キロで2年落ちの車という場合には、運転する距離がかなり長いということになります。
よく運転されている車ということで、かなりヘビーに使用されていたと考えられ、状態はあまりよくないと考えられます。

 

どちらの場合もあまりおすすめはできず、1年間の走行距離が8000から1万キロになるものがベストということになります。

 

 

中古車購入時に走行距離をどのように見て判断するのがベストなのか?

走行距離のベスト

ベストな走行距離の選び方としては、購入する人の価値観によるともいえます。
できるだけ、優先事項の高い価値観に合ったものでベストなものを選ぶということがおすすめです。

 

新しくて綺麗な中古車を選びたい人は

新しくて綺麗な中古車

例えば、車の新しさや綺麗さを重視する人なら3万〜5万キロくらいがおすすめです。

 

大事に使用されていたものであれば時間が経つと生じやすいキズや汚れも少ないのです。
ただ、価格的にはできるだけ中古車の中では割高といえます。
そのため、できるだけ新しい車に乗るということを重視する時にはこれくらいの走行距離の車がおすすめです。

 

価格重視で中古車を選びたい人は

価格重視の中古車

価格を重視するということであれば6万〜10万キロくらいの中古車がおすすめです。
基本的には中古車は走行距離が5万キロを超えるくらいから価格は下がる傾向があるといわれているからです。

 

市場で需要が下がるのがそのあたりといわれます。安全に乗れる車がほしいという場合には6万〜10万キロの中古車を選ぶのがおすすめです。

 

しかし、逆の立場で中古車を売るということになると、車の売却価値にはあまり期待できないといえます。
そのため、売却時に少しでも価格がつけばOK、という考え方をしておく方がいいかもしれません。

 

 

中古車購入のリスクについて考えてみました

中古車購入のリスク

そして、走行距離にかかわらず安全な車を選ぶためのポイントとして挙げられるのがリスクについて考えておき、そのリスクを低くするような車を選ぶということです。
中古車は新車と違って、買った車が修復歴車であるというリスクもあります。

 

例えば、事故や故障、水没、塩害や雪害などのリスクがあります。

 

車の故障はエンジンよりラジエーターなどの冷却装置やエアコンといった電装系などに先に現れることが多くあるといわれています。
そのため、エアコンが故障しているような車はオススメではないといわれます。

 

そして、事故車という修復歴がある車の方が走行距離よりも注意です。
走行距離は問題ないけれども修復歴がある車は選択肢から外す方がいいといわれています。

 

修復歴車は、車の骨格などに損傷がある車であるため、購入する時には問題なかったとしても、後々走行していくと支障が出る可能性があり、修理が必要になったりするなどメンテナンスが他の車よりも多く必要になったりするのです。

 

このように、中古車選びにはポイントがあります。
そして、走行距離や事故歴などは注意して選ぶようにしましょう。

 

事故歴がない車で、1年で8000〜1万キロくらいの走行距離のものを選ぶのがベストといわれています。

 

 


TOPへ