車売るなら下取と買取ではどっちが高額になるのか

車売るなら下取と買取ではどっちが高額になるのか

車売るなら下取と買取どっちがいいのか

車売るなら車下取と買取ではどっちがいいのでしょうか?

 

車売るならどっちがいいの?

車を処分するさいの選択肢としては新しい車を購入するさいにその販売店に買取ってもらう下取と、車買取専門店に買取ってもらう方法があります。
結論から言えば車売る時に高い見積もりがもらえるのは買取です。

 

下取の場合には多くは車を処分するために行うといった性質のもので条件の悪い車では低い買取価格になります。
一方で車買取専門店は転売を目的としており、少しでも多くの車を集める必要があるため中古市場にダイレクトな価格での買取を行っているので高値での買取が期待できるためです。

 

しかし車買取のデメリットとしては売却するタイミングが難しいことです。
車が複数あるといった場合には問題ありませんが、そうではない場合には車買取を先にしてしまうと使える車がなくなります。

 

また手続きも専門店がしてくれるとはいっても新しい車を買うのと同時に行うことになります。
急ぎである場合や手間を考えると下取の方が簡単というのが下取のメリットといえます。

 

 

車売る時に気をつけるべき車の価値が下がる原因や基準

 

車売る時に価値が下がる原因や基準

車の売却価格は車の価値によって決まります。
その価値は車種、年式、グレード、走行距離といった基本的な情報で価値を決めます。
これは基本的な価値であるため殆どの下取、車買取専門店では大きな違いは出ません。

 

おおむね決定的に決めるのが車のメンテナンスの状態が大きく影響します。
特に走行に必要な機能が失われている場合には著しく価値が低下します。

 

一方でボディや内装の破損はあまり影響がありません。
もちろん綺麗なほど価値は高いですが、破損したものを修理して直してもその価値を補うほど価値は上昇しません。

 

このため下取にしても買取にしても高い価格での見積もりを出したい場合には、日頃から大切に乗ることで、特に走行機能が失われないように適切にメンテナンスをしておくことが重要です。
また将来的に車を高く売りたいと思うのであれば、人気のある車種や高いグレードといった価値の下がらない車を買うこともポイントになります。

 

 

車売る際どうしても下取で高く売りたい場合は

 

車売る際どうしても下取で高く売りたい

下取は見積もり価格は低めですが交渉次第ではアップする場合があります。

 

ひとつは高い車を購入することです。

 

下取では新しい車を買う代わりに古い車を引き取ってもらうというもので販売業者としてはあまり旨味がありません。
販売業者はそれを中古車販売や買取業者に転売するので、どうしても価格は低めです。

 

一方で新しい車を購入するさいの値引き手段として下取を使うことが下取で高く車を売る際のポイントになります。
高値での下取をしてくれれば新しい車を買うといったもので、車を売りたい販売店も妥協して高値での買取をしてくれるケースがあります。

 

ただし、実際のところ車買取専門よりも高く買うといったケースはなかなか難しいので交渉をする段階で、車買取専門店で買取価格の相場や同じ車が中古車として、どの程度の価格で売られているのかを知っておく必要があります。

 

 

車のボディカラーの人気不人気が買取価格を左右する

 

車のボディカラーの人気不人気

 

車の買取価格で価値を左右する要因のひとつにボディカラーがあります。
人気があるというのは需要があるというもので、人気のボディーカラーとしてはパールホワイト、ブラック、シルバーです。

 

パールホワイトは新車でも人気のある色で、また特に個性を主張せず高級感も得られるといったことから人気があります。
ブラックはシックな色や格好いいといった点で支持されます。
シルバーは汚れが目立ちにくいので手入れがしやすいといった点から人気があります。

 

不人気のボディカラーとしては原色系ですが、車種によって変わってくるので一概には言えません。
例えば新車の時点でイメージカラーとして採用しているような色は人気があります。
しかし、それらを逸れた色の場合には、なかなか中古車として売れないので中古車としての価格は高くても買取価格は低くなります。

 

 

車売る時に下取・買取で人気になる車種について

 

車売る時に下取・買取で人気になる車種

 

人気の車種としては軽自動車がもっとも下取および買取価格が高いと言われています。
軽自動車は税制の優遇や燃費の良さから人気があるためです。
軽自動車であれば老若男女問わずに購入したいと思っている人が多いので、その点では有利です。

 

またハッチバックタイプのコンパクトカーも燃費や使い勝手の良さから人気があります。
またミニバンもファミリー層に需要があります。

 

このように傾向としてはハッチバックタイプの実用的な車が人気の車種です。
反対にセダンは中古車の需要も少ないので買取では低めに扱われます。

 

 

車売る際に下取額が安い場合の対処法

 

車売る際に下取額が安い場合の対処法

下取額が安い場合の対処法としては、あきらめて車専門買取を利用することですが、同時に車専門買取業者から見積もりを出してもらい、それをもとに交渉するというのもポイントです。

 

出来れば最初から複数社から見積もりを得ている方が下取の交渉をする上で楽です。
それと買取でもそうですが焦って交渉しないことで時間を掛けて交渉したり、また車も売れるタイミングがあるので時期を見たり、家族を連れて行くといった方法などがあります。

 

 

<関連項目>

車下取と買取の違いとは

ディーラーでの車下取りがダメな理由とは

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


車売るなら下取と買取ではどっちが高額になるのか関連ページ

ディーラーでの車下取りがダメな理由とは
車売るならディーラーでの車下取りがダメな理由とは。ディーラー下取りは車買取業者よりも安くなりやすい傾向にあります。その理由について解説していきます。
下取り価格が安いディーラーは不利!その理由とは
車売るなら下取り価格が安いディーラーは不利になるのでやめましょう。ではどうしてデーラー下取価格が安くなるのか?その理由をお答えします。
今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ
車売る時に今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ、どうやったら車を高額で売ることができるのかについてのポイントをご紹介します。
ディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのか
車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのでしょうか。ディーラー下取りでは他社の車は安くなるって本当なのでしょうか。この疑問にお答えします。
車下取価格を高額にするコツと交渉術とは
車売る時に下取価格を高額にするコツと交渉術について。掃除のこと、臭いについて、出来るだけ店舗に出向く、改造しているなら純正品に戻す、下取りの前に買取査定に出す、一括査定で複数会社から見積をもらっておく、オンシーズンに下取したほうが良い、値引き交渉は2段階に、最後のひと押しのポイント、これらの車下取価格をアップする方法について解説していきます。