車売る時のよくあるトラブルと対処法

車売る時のトラブル対処法

車が必要なくなれば、手放すようにしましょう。
乗らない車をいつまでも保有していたとしても、保険代や税金が必要になりますので、そのまま置いておくのもお金の無駄になります。

 

それでももしかしたら、車があったほうが生活がしやすいと思うこともあるかもしれませんが、必要な時にはカーシェアリングなどを利用することもできますし、それで事が足りるのであれば、車を維持し続けるよりも安くすむはずです。

 

車売ることによって、手元にお金が入ってくることになりますので、乗らない車にお金を払い続けるよりも、手放してお金を手に入れたほうがいいでしょう。
車は乗らずに何年も放置していれば、どんどん査定額が下がっていく事になります。
乗らないと判断したのであれば、早めに手放すようにしたほうが賢明です。

 

車売るときには、トラブルが発生してしまうことがありますが、対処法を知っていれば、うまく回避をしていくことが出来ます。
トラブルに巻き込まれないためには、あらかじめ知識をつけておくようにしなくてはなりません。

 

聞いていた査定額より減額になったケースの対処法

 

査定額が減額に

車売る時に起きるトラブルとしては、聞いていた査定額よりも減額をされるケースです。
数社を比較して検討をしたうえで、一番高く査定をしてくれた業者だからそこにお願いをしようとしたときに、最初に聞いていた査定額よりも減額をされてしまうことがあるのです。

 

これはどうしてそういうことが起きるのでしょうか。

 

減額をされてしまうケースとしては、よくチェックしてみると、悪いところが見つかったから減額をされるというケースがあります。
最初に聞いていた査定額よりも減額されるのは納得がいかないものですので、反論をしてもいいケースもあります。

 

例えば、傷が入っていたから減額をしますと言われた場合、査定時から入っていた傷なのであれば、業者の確認ミスですので、減額には応じる必要はありません。
最初から入っていた傷だというのに、チェックミスが原因で減額をされるのは納得できるはずがないからです。
よくチェックをしていなかったのは業者側のミスといえますので、指摘するようにしましょう。

 

車売る際には不具合もきちんと報告するのがトラブルを避けるポイント

 

トラブルはきちんと報告

しかし反論が出来ないケースもあります。
パッと見ただけではわからないような事故歴などは、査定時にきちんと報告をしておかなければなりません。

 

報告をしていなければ、報告不足ということになり、減額をされても仕方ないことになります。
だまして高額査定を引き出したと考えられても仕方ありませんので、素直に応じるしかありません。

 

後からトラブルにならないためには、報告しておかなくてはならないことは、しっかりと報告するようにしておいた方が、トラブルも防げますし、お互いが気持ちよく取引が出来るようになるでしょう。

 

車売ったのに買取り代金がもらえないトラブル対処法

 

代金不払いトラブル

トラブルが起きやすいケースとしては、買い取り代金を支払ってもらえない場合です。
車を引き渡したというのに、いつまでたってもお金を支払ってもらえないことがあります。

 

こういったケースが起きる場合には、業者が倒産している可能性がありますので、確認をしてみなくてはなりません。
大手の業者では倒産するときにはうわさが広まりやすいですが、小さな業者の場合には倒産が世間に知れ渡りにくくなりますので、倒産していることに気づかずに取引をしてしまうケースがあるのです。

 

すでに倒産をしているとなれば、お金の回収も難しくなりますし、車の回収さえもできなくなるかもしれません。
奪われ損にならないためには、特に小さな業者の場合は車を引き渡すときにお金も支払ってもらうようにしておきましょう。
後からお金を支払いますと言われた場合には、すぐに現金が欲しいということを伝えてみるといいでしょう。

 

そこで渋られるようであれば、現金を支払えない事情があるのかもしれませんので、倒産をしていないかを探ってみておくほうがいいでしょう。
万が一お金ももらえずに車を奪われるようなことになってしまえば、大損をすることになります。
数万円程度しか査定がつかなかった車だとしても、数万円でも大事なお金に違いありません。
車売るときには、騙されて奪われることがないようにしなくてはならないでしょう。

 

焦って売らないことがトラブル防止のポイント

 

焦って車売らない

車売るときにトラブルに合わないようにするためには、焦って売らないことです。
すぐにでも手放したいと思えば、業者をよく選ぶことなく決めてしまいそうですが、それではトラブルに遭いやすくなってしまいます。
安心して車売ることが出来る業者かを見極めて判断するようにしなければ、面倒なトラブルに巻き込まれることになってもいけません。

 

車を売るときに気をつけなくてはならないのは、焦らないことです。
焦ってしまうと、本来なら気づくようなことでも、気づかずに騙されてしまうかもしれません。
騙されて悔しい思いをしないためには、時間をかけて業者選びをしていく事によって、正しい業者を選ぶことが出来るでしょう。
車を売るときには親身になって親切に相談にのってくれる業者に買取をしてもらうようにしなくてはなりません。

 

もしも車売る時にトラブルに巻き込まれてしまったら

 

車売却消費者相談

もしもあなたが車を売る時にトラブルに巻き込まれてしまった場合には専門の窓口があるので相談してみてください。
車売却に関する業者トラブルや一括買取サイトなど全般の相談に対応してくれます。

 

JPUC 一般社団法人日本自動車購入協会(車売却消費者相談室)

TEL 0120-93-4595
お問い合わせ対応時間 平日 9:00〜17:00

 

 

<関連項目>

車売買ネットオークションでの注意点

しっかりした中古車業者を見つけるために

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ