車売るなら車下取について知っておこう

車売るなら車下取について知っておこう

車売るなら車下取について知っておこう

車売るなら車下取りについて知っておくことも大切です。

 

車買取専門業者への車買取とディーラーなどの車販売店への下取というのは一見同じ車を売るという行為ですが違いがあります。
同じ車でも買取と下取では査定方法が違い、査定額にも差が出てくることは当たり前にあります。

 

ここでは車下取の仕組みを知り、どうやったら愛車を少しでも高額で売ることがについてご紹介していきます。


車売るなら下取りと買取ではどっちがお得なのか?

車売るなら車買取が良い

中古車を売却する時に気になるポイントの一つとして、「買取りと下取りはどちらの方がお得になるのか」ということがあります。
それぞれの明確な違いについてはここでは特に説明をしませんが、一般的な見解としては「買い取りの方が良い結果になりやすい」という認識があります。

 

消費者ニーズによって車買取価格は決まってきます

 

その理由となるのが「基準となる相場の違い」です。
車の買い取り価格は「ニーズ」によって左右されていて、市場全体に影響するニーズや買い取り業者ごとのニーズなどが影響して価格を決定しています。

 

買い取りの場合、最も大きな影響を与えるニーズは「消費者ニーズ」です。
買い取り業者を利用する消費者が、どのような車を欲しているのかというのが車の価値を決める大きな要因です。

 

例えば、市場全体として需要が高い車種に関しては「安定した価格」で取引される傾向があります。
市場全体で高いニーズを持つ車種と言うことは、新車・中古に関係なく販売台数が多くなる傾向が強い為、必然的に中古市場に流れてくる絶対数も多くなります。

 

絶対数が多いというとは、「どこでも買える車」と言うことになる可能性が高い為、極端に高い価格で買い取らなくとも良い状態の車を買い取れる可能性が高いということになります。
つまり、「敢えて無理をして高い価格で買い取らなくとも良い」と判断することが容易になる影響によって、査定価格がそれほど高くなりづらいという結果になります。
その代わり、長期間にわたって安定した価格で取引される傾向も強い為、年式や状態に関係なく高めの価格で買い取ってもらえる可能性があります。

 

車の流通量とニーズによっては高額で売る事ができます

 

もし、市場全体で流通数が少ない車種の内、購入を希望する消費者の数が多い場合は「非常に高い価格で取引されやすい状態」になります。

 

絶対数が少ないにもかかわらずニーズが大きいということは、「高い価格でも購入を希望する消費者が多い」ということです。
明らかな利益が見込める状態であれば、いつ仕入れ(買い取り)出来るか分からない状況に対して「出来得る限りの無理」をしてでも仕入れようとしてきます。

 

その結果、場合によっては発売から時間が経っているにもかかわらず新車価格同等の価値が付くことも珍しくありませんし、場合によっては新車価格以上の価値になることもあります。
非常に稀な状態ですが、「プレミア価値」がつくような車の場合は絶対的に「買い取り」を利用した方が良い結果になりやすいと言えます。

 

車下取りの価格基準は経過年数で決まるんです

 

次に「下取り」に関してですが、こちらの場合は消費者のニーズよりも「メーカー独自の評価基準」が重視されます。
市場で非常に高い人気がある車種であってもメーカーとしては一車種でしかない為、いわゆるプレミア価値が付くようなことはほとんどありません。

 

発売した当初の価格に対して耐用年数などを掛けて価値を判断するため、基本的には時間の経過とともに価値が下がっていきます。
しかし、あくまでも車そのものの価値という基準で判断してくれるため、年式が古くとも状態が悪くとも一定の価格で引き取って貰える可能性があります。

 

ただし、需要の大きさに関係なく一律の倍率で価値が変動していくことになるので「市場の価値よりも低く評価されやすい」という傾向が強くあります。
ある意味では長く価値が残るというメリットもありますが、逆の効果を発揮してしまう状況が多いということを覚えておくことが必要です。

 

車売る時の状況によって買取か下取りかを判断しましょう

 

絶対的な評価基準の違いがそれぞれを評価する時の最大のポイントになる訳ですが、これらの理由から「買い取りの方がお得になりやすい」という結論に至ります。
基本的には買い取りを優先的に検討することで評価が高くなりやすいというメリットがありますが、状況によっては下取りを検討した方が良い場合もあるということを忘れないようにしましょう。

 

具体的な例を挙げると、「買い取りでは数万円の価値にしかならない状態や、買い取り対応が出来ないと判断されてしまった状態」の場合は、メーカー基準で価値を算出してもらうことで多少の評価アップの可能があります。極端に数十万円も価値が違うという状況はあまりないものの、0円だった評価が10万円になると言った程度の違いであれば普通に起こり得る状況です。

 

時には廃車専門の買取業者も視野に入れることも

 

このような状況であれば、より高い価格で買い取ってもらえる下取りを利用した方が良いという結果になりますが、そのような状況であってもやはり「買い取りの方が優先するに値する」と判断する場合もあります。

 

それは「廃車専門の買い取り業者を利用する場合」です。

 

買い取りの方法の中には、一般的な業者を利用する方法のほかに「専門的な業者を利用する方法」もあります。
特に、状態の悪い車を専門的に取り扱っている買取業者の場合、一般的な買い取り業者では価値が無いと判断されてしまうような車であっても、一定の価値を見出してもらえる可能性がずっと高くなります。
最終的には下取りとの金額差を比較して決めることが必要ですが、このように「様々な状況に対応する手段がある」という点も「買い取りの方がお得」と言える理由です。

 

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


車売るなら車下取について知っておこう記事一覧

車売るなら車下取りはダメ
車売るならディーラーでの車下取りがダメな理由とは。ディーラー下取りは車買取業者よりも安くなりやすい傾向にあります。その理由について解説していきます。
車売るなら下取価格が安いディーラーは不利
車売るなら下取り価格が安いディーラーは不利になるのでやめましょう。ではどうしてデーラー下取価格が安くなるのか?その理由をお答えします。
車売る際の車買取初心者の人へ
車売る時に今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ、どうやったら車を高額で売ることができるのかについてのポイントをご紹介します。
車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのか
車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのでしょうか。ディーラー下取りでは他社の車は安くなるって本当なのでしょうか。この疑問にお答えします。
車売るなら下取と買取どっちがいいのか
車売るなら下取と買取ではどっちが高額になるのでしょうか。車売る際に価値が下がる原因と基準、人気の車種やボディーカラーの比較、どうしても下取りで高く売りたい場合についてもご紹介します。
車売る時に下取価格を高額にするコツ
車売る時に下取価格を高額にするコツと交渉術について。掃除のこと、臭いについて、出来るだけ店舗に出向く、改造しているなら純正品に戻す、下取りの前に買取査定に出す、一括査定で複数会社から見積をもらっておく、オンシーズンに下取したほうが良い、値引き交渉は2段階に、最後のひと押しのポイント、これらの車下取価...
軽自動車
軽自動車売るなら、下取りや買取の時に少しでも高く売りたいですよね。ここでは軽自動車を高く売るための準備や方法、事前に用意しておいたほうが良い書類などについてご紹介していきます。
どっちにするのか分かれ道
車売るならどこがよいのか迷うところです。ディーラー下取なのか?車買取店が良いのか?それぞれのメリットを比較しながらどちらに売るのがいいのかを考えてみます。
ディーラー下取りの疑問
車売る時にディーラー下取りする場合、他社の車でも下取りは可能なのでしょうか?下取り可能ならば査定額にどのような影響があるのかについて解説していきます。