エコカーってどういうクルマ?ハイブリット・EV何が違

車売るならエコカーについて

今の時代は車と一言と言いましても色んな種類があり、機能も増え性能も上がりました。
特にガソリン車だけではなくエコカーもたくさん走っており、環境の事も考えた車が数多く製造されています。
そのエコカーにも種類がさまざまあるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

ハイブリットカーについて

 

ハイブリットカー

今の時代にエコカーと言えば多くの方が思い浮かべるのがハイブリッドカーだと思います。
ハイブリッドカーはその名前の通りガソリン車と電気自動車の機能を兼ね備えている車になりまして、低燃費でパワフルに動けるのが特徴です。
車種としての特徴はバッテリーを積んでいますので重たくみえて車体が高く、トヨタのプリウスなどで知られています。

 

ハイブリッドカーのメリットは低燃費になりますが、排気ガスが少なく走行音が静かと言う面も大きいです。
電気でモーターを動かしてガソリンで動かすエンジンをサポートするのでガソリンの消費を少なくするといった働きになります。
モーターはエンジンと違い排気ガスを出さないため環境に優しく、作業音も小さいので音が静かなのです。
またハイブリッドカーはその他のエコカーと違い世間一般的に広く知られて売れていますので幅広い車種から選択できるというメリットもあります。

 

PHV(プラグインハイブリットカー)について

 

PHV

次に増加しているのがPHV(プラグインハイブリットカー)になります。
通常のハイブリッドカーとどこが違うかと言いますとエンジンとモーターの両方を兼ね備えていますので、どちらかがサポートするといったものではありません。
バッテリーに充電しておくとモーターのみで作動する事が可能で、もしバッテリーの電力が不足したらハイブリッドカーとして走行する事ができます。
要するに電気自動車と両方のメリットが活かされた車になっており環境にとても優しい車となっています。

 

プラグインハイブリットカーのその他のメリットになりますが、重量が比較的軽く走りやすさがあります。
バッテリーを充電する時は家庭用のプラグから充電する事が可能となっていますので夜間や車を動かしていない時に充電できますので効率的です。
最近では外出先の駐車場でも充電できるようになっている所が増えており、多くのメーカーがプラグインハイブリットカーの開発や研究を進めていて、これからの車とも言える存在です。

 

EV(電気自動車)について

 

EV電気自動車

エコカーの先駆けとも言えるのがEV(電気自動車)になります。
電気のみをエネルギー源としていますので環境悪化の原因になっている二酸化炭素を一切排出しません。
走行中の音も静かになりますので快適に走れますがパワフルな走りはあまり期待できないので長距離移動には向かないです。
その他のエコカーと比べて圧倒的にデメリットになるのが車体価格が高い点になりまして普及台数的にも仕方がないと言えるでしょう。

 

もちろんEVだけのメリットの部分もありまして、電気のみで動きますからガソリン代を全く考えなくて大丈夫な点です。
これからの時代は環境やさまざまな問題でいつガソリン代やエネルギー料金が上がってしまうか分からないですので電気代のみになりますから維持費が安定します。

 

クリーンディーゼルについて

 

クリーンディーゼル

次に紹介するのがクリーンディーゼルになります。
クリーンディーゼル車は今注目されている種類になりまして、それは一般的なディーゼル車よりも窒素酸化物やPMの排出量がとても少ないからです。
当然ではありますが二酸化炭素の排出量も少なく、燃費も抜群に良いので維持費の事も考えたら選択するメリットが多い車になります。

 

環境に優しい車だとどうしてもパワフルさに欠けてしまうといったデメリットがありますが、クリーンディーゼルは低速から力強いトルクを発生させますので悪路でも走れて多くの車に採用されています。
ディーゼルエンジンは軽油を使用して走りますからレギュラーガソリンと同じ量であっても1リットルあたり数十円安くなり、維持費が圧倒的に変わってきます。
またガソリン車と比べても耐久性が高いので長く使えるといった特徴もあります。

 

 

 

環境に優しい

このように環境に優しい車と一言で言いましても色んな種類があり、それぞれに特徴やメリットがあります。
どの車を選べば一番環境に優しいのか、使い勝手が良いのか、維持費が安いのかといった一長一短はありますが、それぞれの事情や環境に応じて選べば良いでしょう。
将来的にも地球環境に優しい車は続々と研究・開発されて登場してきますので、さらに快適さや走り心地や維持費が見直された新しいタイプのものが誕生する可能性もあります。
現時点では不便な所やデメリットな部分も多くありますので迷ってしまう方も多いかもしれませんが、そのデメリットも解消されていくのではないでしょうか。

 

歩行者にとって走行音が聞こえない危険性、割りを食う電気代、冷暖房機能の使用による電力消費のため長距離移動の不向き、充電スポットの少なさといった面も見られますが、メリットとデメリットを考慮した上でどの種類の車を選択するかじっくりと考えてみてください。


今後に期待の電気自動車

電気自動車に期待

電気自動車は地球環境に優しく維持費も安く済みますので、多くの方に利用され今後も増加する事が予想されます。
将来的にもこれから普及していきますので研究・開発され技術が向上していきますが、現時点ではいくつかの課題も残されています。

 

電気自動車のメリットが逆に問題に

 

電気自動車は静か

現時点でのエコカーの課題やデメリットになっている部分になりますが、メリットとも思えるが部分が課題となっています。
例えば走行音の静かさになりますが、走行音が静かだと車内はとても快適なのに対して歩行者は車の音が聞こえず、急に車があらわれて事故に遭ってしまうというケースがあります。
多くの歩行者は目で判断すると同時に音でも判断していますので、その音が無くなってしまう事により危険性が増します。
現在ではあえて音が鳴るように工夫したり、しっかりと目で見て判断するようにと多くの方にアナウンスしたりとしていますが歩行者にとって危険性があるといったリスクがあります。

 

充電スポットの不足

 

充電スポット

電気自動車に関しましては、ガソリンではなく電気のみで動いていますから維持費が安くなりますが、電気代は上がります。
家庭用のプラグでも充電できるようになっていますがボルト数が少ないと満充電まで10時間以上かかる場合もあり、世間的にそれほど電気自動車が普及していない事もあってか充電スポットが少ないです。
外出先で充電が少なくなったら困りますし、特に夏や冬になると冷暖房を使いますから電力を多く消費して長距離移動には向きません。

 

電気自動車の充電設備の普及率はどれくらいなのか

 

これから電気自動車を購入しようと考えている人のほとんどは、充電設備がどのくらい普及しているのか不安に感じている方が少なくないはずです。
EV車の普及においてバッテリー切れのリスクが大きな壁になっているので、充電施設を多くすることは間違いなく大事なポイントです。

 

国内にある急速充電器は約6500箇所遅い充電器と合わせると約2万箇所になります。
一定の数は整備していると評価できますが、急速充電器がまだ6500箇所しかないので、今後も増やしていく必要があります。

 

今の段階ではなかなか電気自動車の普及は難しいと言えますが充電設備が整えば急速に普及する可能性があります。
遅い充電器と合わせれば確かに多くなっていますが、急速充電器のニーズが高いので、急速充電器だけで2万箇所にすることが望ましいです。

 

電気自動車が普及するにつれ利便性向上に期待

 

EV利便性に期待

このように電気自動車に対しての課題はいくつかあるのですが将来性はとても明るいです。
現時点ではガソリン車と比べて普及していないので不便な点が多いですけど、これから発展する分野であり地球環境やエネルギーの問題もあり必要となってくるものになりますからデメリットが解消され、メリットの部分が増加していく事は間違いないです。
車の価格や維持費も普及するにつれて安くなるのが考えられますし、利便性も向上して利用しやすくなるでしょう。

 

エコカーと言いましても色んな種類があり、ガソリン車もありますが、それぞれ個人のライフスタイルや環境に合わせて選択すれば大丈夫ですし、先ほども言ったように機能面、価格面、安全面全てにおいて技術の向上によって解消されていきますので電気自動車の未来は明るいと言っても良いでしょう。
今だとまだガソリン車の方が良いという方が多いかもしれませんがエコカーの将来性がありますので、これからを期待して待ちましょう。

 

一人乗りミニカー電気自動車コムスに注目

 

電気自動車コムス

コムスは、一人乗りEVのミニカーですが、最高速度60kmでの走行が可能です。
そのため、交通の流れに乗ることができます。
運転に関しては、普通免許を持っていれば可能で、ヘルメットの着用は必要がありません。

 

また、取得経費や維持費はかなり安く抑えることができます。
例えば、本体価格は、1台あたり定価80万円ぐらいしますが、クリーンエネルギー補助対象車両のため、実際の購入価格は、60万円以下で購入することも可能です。そのうえ、車検、書庫証明、重量税、取得税は現在かかりません。
ただし、定期的な検査をすることをメーカーは推奨しているため、その費用はかかります。

 

家庭用コンセントで充電可能

 

家庭用コンセントで充電可能

コムスは電気自動車ですから充電に関しては、家庭用コンセントから行います。
駐車場にコンセントがない場合は、工事が必要になることもあります。しかし、100Vの電気を利用するため、工事は比較的簡単です。

 

実際の充電時間は、気温20度時で空の状態からフル充電までの時間が6時間です。
ちなみに、フル充電までの電気代は、5200Wh必要で1回あたり156円程度になります。
夜間電力など安い電気契約をしている方は、さらにコストを下げることができます。

 

どれくらい走行可能なのか?

 

どれくらい走行可能

走行距離については、メーカーの時速30Kmの定地歩行テストでは、1回の充電で68Kmの連続走行が可能になっています。
ただし、この車両は、回生ブレーキも備えています。
そのため、下り坂が多い場所では、走行中に充電することも可能ですから走行距離は、利用する地域によって異なることとなります。

 

電気自動車コムスのメリットとは

 

コムスのメリット

そして、コムスの最大の特徴は、走行中に二酸化炭素や大気汚染物質も一切排出しないことです。
そのうえ、最小回転半径が3.2メートル程度ですから、車であってバイクのような小回りが利く特徴もあります。

 

さらに、コンパクトカーですから、本来普通乗用車が1台しか駐車できないスペースでもコムス2台を駐車できる場合があるなど狭い駐車スペースも有効に活用することができます。
そのため、都会など限られたスペースで駐車する場合や狭い路地の通行が多い方は、さらにコムスの魅力を堪能することができます。

 

 

車売るならどこが高く売れるの?車購入資金の足しに少しでも高額で車売る方法はコチラ


TOPへ