車売るならネット一括査定が良いのか メリット・デメリットは?

車売るなら車一括査定のメリット・デメリット

最近は車を売る際にネットによる一括設定を利用する人が増えています。

 

自分で、買取店に持ち込んで査定をしてもらわなくても複数の業者から簡単に見積もりが届けられるシステムになっているほか、同時に複数の業者からの見積もりが届くので買取額の比較が簡単にできること、さらには複数の業者が登録されていることが業者も知っているので競争の原理で高い値段が出る可能性があることなどから、高値で買い取ってくれる可能性が高まるといった理由です。
自分で買取店に連絡をする場合には非常に手間がかかることや、見積もり額についてそこまで高いか安いかの判断ができないことなどから一括査定に魅力を感じている人も増えています。

 

少し前までは車売る際に高額になる事は稀でした

 

車が高額で売れるのは稀

以前は車買取店はそのほとんどが自社で販売するルートを持っておらず、中古車のオークションに出品して売却するのが一般的でした。

 

そのためオークションにおける販売価格が1つの基準となり、基本的にはその価格を上回る査定をしてくれることがないため、できるだけ安く買い取ると言うのが一般的で、さらに1人で多くの買取店の査定を受けることがなかなか難しい面もあり、低い査定額を出すことが少なくありませんでした。

 

ごくまれに他社の査定額を伝えるとそれより高くしてくれることがありましたが、場合によっては逆効果になってしまうこともあり、なかなか高値で買い取ってくれる業者を見つけるのは難しいものでした。

 

 

車売る際には便利なネット査定ですが、メリット・デメリットはどうなのか

 

ネット査定のメリット・デメリット

ネット査定がオススメの理由は同時に複数の業者に査定を依頼することができることです。
ネットで自分の車の特徴を入力することで登録されている複数の業者にその情報が伝わり、これをもとにそれぞれの業者の概算の査定を行いメールなどで連絡をしてくれます。
早い場合にはその日のうちに査定額が出ることがあり、自分の車がいくらで売れるかをすぐに知ることができるのが大きなメリットです。

 

しかしネット査定にはデメリットもあります。
1つはネット上で記載した車の特徴をもとに査定を行うため、あくまでも概算査定にしかならないと言うことです。

 

一括査定の場合にはこのようにして複数の業者から見積もりを取り寄せ、最終的に数社に絞って実車による査定を受けて最終的な金額を決めることになりますが、この際に業者が車を見て査定額を下げてしまうことも少なくないからです。
中にはネット査定の概算見積もりでは高値を提示しておいて他社を排除し、絞り込んだ後の実車査定で大幅に査定額を下げると言う悪質な業者もいるので注意が必要です。

 

 

売る車の年式や状態によって査定額はかなり変わってきます

 

年式や状態で査定額は変わる

またネット査定の場合には高年式の新しく人気のある車については高い査定が出やすい傾向がありますが、低年式の古い車や走行距離が大きい車については査定額が低い傾向があります。
特に 低年式で走行距離が大きく、廃車寸前のような車の場合には値がつかないことも多く、電話による問い合わせばかりが多くて結果的に金額が引き出せないと言うことも少なくありません。
この場合には廃車寸前の車に関して独自の販売ルートを持っている業者も増えており、このような業者に直接依頼する方がより高値で買い取ってもらえるケースも多くなっています。

 

一括査定のメリットは簡単に査定の依頼ができることや、複数の業者から迅速に見積もりが届くことが多いので、より高い査定額を出してくれる業者を選びやすいと言う点です。

 

しかし、世の中としてある程度の人気のある車種や状態の良い車でないとなかなか高い酒を引き出すことが難しく、古い車については逆に高い査定が出にくいと言うデメリットがあります。

 

一般的に車を高く売ることができると言われる一括査定ですが、様々な車の状態を含めてその売り方をまとめた場合には、必ずしも確実に高く売れると言う方法ではありません。
場合によっては実際に買取店などに持ち込んだ方がより高く売れる場合もあります。
それぞれの一括査定の特徴や買取店の特徴を踏まえて選ぶことが大切です。

 

 

<関連項目>

車売る時の車買取一括査定サイトの効率的な使い方

車売るなら複数の査定業者で比較しよう

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ