車の買い替えする時には何を準備したらいいのでしょうか?

車の買い替えする時には何を準備したらいいのでしょうか?

車買い替え時の事前準備

車の買い替えをする場合、行動する順番と行動するタイミングがあります。
まずは、買い替えを考えた時に最初に行うのが車買い替えのリサーチです。

 

車買い替えのリサーチ時期はタイミングが非常に重要です

 

車買い替えのリサーチタイミング

その理由は、新車の購入を考えている場合、欲しい車種がマイナーチェンジ、メジャーチェンジなどのタイミングであり、チェンジ前のタイプが在庫として残っている場合があります。
このような場合は価格交渉をしやすく有利に話を進めることができます。
ディーラーによっても対応が異なるため、同じメーカーでも違うディーラーに商談しに行くことがポイントです。

 

中古車の場合は新車とは違い、在庫が限られています。
中古車は売れてしまったら購入することができません。
早すぎるリサーチは禁物で、売買契約後に欲しい車種が安い価格で出てくることや、時期によっては同じ車種と同じ程度の車が安くなったりすることがあるためです。

 

車買い替え時に新しい車を探す事前リサーチのポイント

 

新しい車を探す事前リサーチのポイント

事前リサーチのポイントとしては、納車の1ヶ月から2ヶ月くらい前にリサーチを始めていくことが良いです。
中古車なら事前に探してもらえるため、欲しい車種を絞り込めているのであれば、その車種をピンポイントでリサーチできます。

 

走行距離や年式によっても価格帯が異なるため、事前に予算の相談もしておくとよりスムーズに商談を進めていくことができます。

 

車の買い替えリサーチで注意するポイント

 

車買い替えリサーチ注意ポイント

売買契約はクーリングオフが適用されないこともあり、一度売買契約を結んだあとに、他の販売業者がさらに安い価格で提示してきたとしても破棄するということが難しくなります。
これは、自動車を購入する場合は、消費者がよく検討を行い決定していることであると考えられているためでです。

 

新車でも中古車でも交渉次第で価格が異なるため、リサーチ時期と納車時期はしっかりと計画的に行動することが大切です。
これ以上価格が下がらないと思っていても、さらに下がることもあり、交渉してから1週間から2週間程度は期間をあけて検討する方がおすすめです。

 

車買い替えのリサーチ時期は早すぎず余裕を持って行うことがポイントで、中古車なら事前に探してもらえるということを意識して行動することがおすすめです。

 

 

車買い替えにかかる諸経費について

 

車買い替えにかかる諸経費

 

車買い替えにかかる諸経費は車体価格とオプション、メンテナンス費用、保証費です。
カーナビやフロアマット、ETCやバックカメラなどは全て別で基本的にはオプションとなっています。

 

中古車の場合、最初から装備されているものを選ぶことは可能ですが、その分価格は高くなっています。
その他、法律上定められている所得税や自動車税が必要になってきます。
中古車の場合所得税がかからないこともあり、選ぶ車によって異なってくるため、事前に確認しておくことが必要です。

 

 

車買い替えの流れと必要書類について

 

車買い替え時の必要書類

 

車買い替えの流れについて、予算の中から事前リサーチを行い、車種を絞り込みます。
購入を決めたら書類などを準備するのが一般的な流れです。

 

車買い替え前に必要な書類を準備しておくとスムーズに商談が進んでいきます。
特に新車の場合は受注発注ということが多く、納車までには2か月くらいかかります。
新車であれば商談が成立してから書類を準備しても十分な時間があります。

 

中古車の場合は既に車があるため、法的な手続きと書類が揃えば納車になります。
1ヶ月は見ておくと良いでしょう。

 

売買契約後に必要になる書類は、車庫証明の手続き、委任状、印鑑証明、住民票が主な書類です。
委任状には実印が必要で、印鑑証明を役場で取得します。

 

登録をしていない人であれば、事前に登録しておくことが必要です。
委任状は販売店で用意されるので、自分で用意する必要はありません。

 

車買い替え時の保険の手続きも忘れずに

 

車買い替え時の保険手続

車の買い替えで必要なものが、保険の手続きです。
今乗っている車の任意保険の変更が必要になります。

 

車検証ができたら保険会社へ連絡して手続きを進めてもらうことも必要です。
車種によっては保険料が変わることがあるため、このタイミングでプランの変更を検討すると良いです。

 

 

車買い替え時の車売る方法、下取りにするか買取にするかもポイント

 

車売るなら下取か買取か

 

車を買い替える場合にもう一つポイントとして、今乗っている車を手放す方法です。
下取りで出すのか中古車買取業者に買取を希望するかによって事前準備は異なってきます。

 

下取りの場合は購入する販売店で手続きが同時に行えますが、買取を希望する場合は自分で行動することが必要です。

 

下取りの場合、あまり良い価格がつくことがなく、買取の方が高い価格で査定がつくことがあります。
買取専門業者の場合、買取強化を実施しており、比較的高い価格で売ることができます。

 

しかし、買取のタイミングと新しく購入する車の納車時期を合わせる必要があるため、計画的に行動することが求められます。
下取りでも価格交渉を行う中で満足いく下取り価格を提示されることもあるため、交渉の材料として使うこともポイントになってきます。

 

このように、車を買い替える際にはよく検討ができるスケジュールで行動を行うことが大切です。

 

 

<関連項目>

車売るなら買い替え時に取られる税金ってあるの?いつ売れば得する?

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


車の買い替えする時には何を準備したらいいのでしょうか?関連ページ

買い替えベストタイミングは何年なのか?
車売る際の車買い替えベストタイミングはいったい何年なのでしょうか。新車登録から最初の車検の3年目、2度目の車検の5年目、どのタイミングで車売るのが一番良いのか。それぞれのメリットデメリットについて考えてみました。
車買い替え目安時期と走行距離について
車売る際の車買い替え目安時期はどれくらいなのでしょうか。走行距離はどれくらいを目安に買い替えるのがベストなのか、考えていきます。
あなたは車買い替え派?乗り潰し派?ではどっちがお得なの?
車売る時の疑問の一つに、車買い替えか、乗り潰すのか、どっちがお得なのかという疑問があります。ここではそれぞれの意見や、買い替えで車売る場合のお得な車売却方法についてご紹介していきます。
他社のメーカーの車に買い替えする場合の注意ポイント
車売るなら他社メーカーの車に買い替える場合もあると思います。その際に注意するポイントについてご紹介していきます。ローンが残っている場合、自動車保険の引継ぎなどの疑問点を解決。
車買い替え時に取られる税金ってあるの?いつ売れば得する?
車売るなら車買い替え時に取られる税金についてぜひ知っておくと良いでしょう。税金を最小限にするにはいつ買い替えるのがお得なのかについてもご紹介していきます。
車買い替え時のリサイクル料とリサイクル券について、返還はされるの?
車売るなら車買い替え時にリサイクル料って変換されるのか気になりますよね。また、リサイクル券についても無くした場合はどうするのか?これも気になります。ここでは自動車リサイクルの疑問についてご紹介していきます。
車買い替えたらETCは付け替えて使えるの?
車売るなら車買い替えした場合以前ついてたETCはそのまま使えるのでしょうか?自分で付け替えて使用しても平気なの?設定しなおす必要は?など車買い替え時のETCについての疑問にお答えします。