車売った後に次のクルマが納車されるまで代車は借りれる?

車売った後の代車について

車を売るとき、一昔前よりも売却する選択肢はかなり増えました。
以前なら新車を買う場合はそのディーラーなりに下取りに出すのが一般的でしたが、現在では買取専門のお店もたくさんあり、そちらも同時に検討するのが通常です。

 

買取店に売却する時、売買契約を締結してから1週間から2週間の間に車を引き渡すのがよくある流れです。
お店側の論理で言うと引き渡しは早ければ早いほどありがたいので、それを条件に少しでも高い値段を提示してくることもあります。

 

ただ売る側からすると、次の車が決まっていなかったり、決まっていても納車までに時間がかかる場合はすぐに買取店に渡してしまうと一時的に車がない期間が発生してしまいます。
日常生活を送る上で車が不可欠であったり、通勤や通学に車を使用する場合、その期間が長いと困るという人も多いです。
そんな時は代車を借りることができると便利です。

 

大手の車買取店ならほぼ代車が用意されています

大手の買取店の代車

車がどうしても必要な場合には、なぜ代車が必要となるのかを説明した上で交渉により代車を借りるのは可能です。

 

代車を借りることができるかどうかは店舗によっても異なりますが、大手買取店では代車の用意があるところが多い傾向があります。
常に準備している企業もあるので、お願いすれば納車まで代車を借りることができます。

 

直営店では代車があるが、フランチャイズでは無いという店舗もあります。
代車を貸してくれるかは店舗次第と言えますので注意が必要です。

 

ただ、買取店で代車を1台も用意していないというところは稀です。
やはり買取り時の交渉が大事になります。

 

代車を借りれる期間はどれくらい?

代車を借りれる期間は?

代車を貸してもらえる期間としては概ね1ヵ月から2ヶ月です。
それ以上となると難色を示されることが多くなります。

 

最初から代車が必要なことがわかっているなら、交渉事にそれを交えた話をすると良いです。
たくさん用意があるところを選んで交渉をするのも1つの手です。

 

車を売った買取店で代車が借りれない場合は

代車が借りれない

売却する買取店で代車を借りる以外の方法としては、次の車を購入する場合は、次に車買う販売店で代車を借りるという選択肢もあります。
一般的に中古販売店よりも新車のディーラーの方が借りられる確率は高くなります。

 

代車の準備は新車ディーラーの方がたくさんあるのが通常です。
ディーラーは試乗車を多数準備しているところも多く、その車を借りられることもあります。

 

事前にいろいろなことを想定しておいてそれを交渉に組み込むのが賢明な進め方です。
代車にも同じことが言えます。

 

新車が来るまでの期間で良いので、代車を貸してもらえるのならこの金額で購入しますという言い方で話を進めれば、断るディーラーは少ないです。
値引き交渉やオプションサービス等とともに、契約をした後のことも考えておくのがコツです。

 

売却する車の引き渡し時期を遅らせることも交渉可能です

車の引き渡し時期の交渉

車を売却することが決まったら買取店は早めの引き渡しを要求してきます。
この期間を交渉により延ばすこともできます。引き渡し時期を遅らせてもらうということです。

 

なぜ代車が必要となるのか、車がない期間があると具体的にこのように困るという事例を示し、引き渡し時期を次の車の納車時期まで待ってもらいたいと伝えることです。
次の車が来るまでの期間が1ヵ月程度であれば、ほぼ問題なく待ってもらえます。

 

ただし、売却や購入時期によっても違いは出てきます。
例えば2月3月、9月などの繁忙期に重なってしまうと車の相場は動きやすくなり、買取価格が下がることもあるので注意が必要です。

 

代車を借りるときの注意点は?費用は?事故した場合は?

代車での事故

基本的には無料で貸してもらえるところがほとんどです。
ただし、お店側の意向よりも長期間で借りる場合などは費用が発生することもあります。

 

また、万が一借りた車で事故をした場合や代車を傷つけてしまった時は、借りている者の保険や実費で対応する必要が出てきます。
借りてまもなくは多くの人が気をつけて運転をしますが、長期に借りる場合などは次第に慣れてくるとともにいつもと同じ感覚で運転をしてしまう人も多いです。
代車ということを忘れずに返す時まで意識を持ち続けることが重要です。

 

一口に代車と言っても、様々なタイプが存在しています。
お店によっては古い代車ばかりのところもあります。
ナビゲーションやETCもついていない事はありますので、必要な人は事前に確認をしておくことが肝要です。

 

ディーラーで用意してくれる代車は比較的年式が新しいものが多いので、あまり古いものは敬遠したいと考える人は、そちらで代車の用意をしてもらうのがおすすめです。

 

車買取店の都合で代車を使うことになる場合も

車買取店の都合で代車

買取店都合で代車を利用する場合もあります。
買取店によっては、こちらで代車を準備するのですぐに車を引き渡して欲しいと向こうから依頼をされることもあります。

 

例えば繁忙期にすぐに在庫を用意したい時などがそうです。
代車を貸し出すことを条件に車の引き渡しをすぐに求められることもあります。

 

新車のディーラーなどに下取の場合は次車の納車と入替えになるのが通常です。
ただし、下取りは買取店の価格より低いことが多いので注意が必要です。

 

売却のみでも代車を借りることも可能です。
例えば1日だけ引っ越しで使いたい時などは相談してみる価値はあります。

 

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


TOPへ