下取・買取で喫煙車はどれくらい査定額が違ってくるのか

喫煙車

ふだん車内で煙草を吸うことが多い自動車ユーザーにとって、ディーラーに下取りしてもらうときや買取専門店に持ち込んで買い取ってもらうときに価格に影響が出るのかは気になるところです。

 

結論から述べると、喫煙車の下取・買取額への影響が存在することは確かです。

 

 

車売る時に喫煙車の査定評価が下がってしまう理由とは

喫煙車の査定が下がる理由

カーディーラーや自動車買取専門店では、車内に残っている煙草の臭いやヤニはマイナス評価の対象となります。

 

店に買い取られた車はその後業者間オークションを経て他の店に渡り、やがて新しい自動車ユーザーに購入されるのが通常ですが、車内に煙草の臭いが残っていたり、ヤニが付着しているのを見つけたりすると大抵の人は購入するのを躊躇します。

 

このため、査定を依頼された店は喫煙車に対してマイナス評価をせざるを得ません。

 

喫煙車と禁煙車の査定額の差はどれくらい出るものなのか

 

喫煙車と禁煙車での査定額の差はどの程度でるのかというと、これは査定を依頼する業者によって異なります。

 

車両の保存状態や使用状況において喫煙の有無以外にはまったく違いが無いと仮定した場合、喫煙車と禁煙車での査定額の差は小さい所だと1万円を超えることはありませんが、大きい所だと10万円以上にもなります。

 

車を高い値段で売却したい場合は複数の業者から査定を受けることが不可欠ですが、喫煙車を下取りや買い取りをしてもらう場合も同様に、できるだけ複数の業者から査定を受けてマイナス評価が低そうな業者を選んで売買契約を結びましょう。

 

 

車を売る前には事前に車内を禁煙にしたほうが良いのでしょうか?

 

禁煙車

 

喫煙車を売却するにあたって浮かぶことが多い疑問は他にもあります。
例えば、「車売る前は禁煙した方が良いのか?」ということですが、少しでも高く売却したいのであればできるだけ早い時期から車内を禁煙にしたほうが良いでしょう。

 

禁煙にする時期を早くすることによって既についている煙草のヤニや臭いが消えることはありませんが、新たに付着することはなくなります。

 

車売るなら喫煙車を消臭する事は必要?

 

既に付着している臭いや汚れについては「喫煙車売るなら消臭するべきか?」といったような疑問が浮かびます。

 

消臭することによって車の評価がどの程度変わるかは、実際に査定を受けてみないと分からないところがあるものの、前述の通り煙草のヤニや臭いは購入を躊躇される原因となるので、次の所有者が使うことも考えて車内の消臭にはできるだけ取り組んだ方が良いです。

 

喫煙車を消臭する方法、教えちゃいます

喫煙車を消臭する方法

喫煙車を消臭する方法としては、カー用品店で販売されている消臭アイテムをつかう方法や専門のクリーニング業者に依頼して車内を掃除してもらうついでに消臭してもらう方法が考えられます。

 

売却をするにあたって行う場合は前者の消臭アイテムを使った方法をとったほうが賢明です。

 

後者の専門業者に依頼する方法をとると、車はカー用品店で売られている商品をつかう場合より確実に綺麗になりますが、クリーニング業者に支払った分をカバーできるくらいに査定価格が上昇するケースは多くありません。

 

車体にキズや凹みがある場合、酷いものについてはそのままの状態にして査定を依頼したほうが良いといわれますが、車内の消臭においても付着している臭いがしつこいようであれば、カー用品店の消臭アイテムを使う程度にとどめておいた方が良いでしょう。

 

喫煙車に消臭アイテム使用時の注意ポイント

消臭スプレー

また、カー用品店で販売されている消臭アイテムには、車内に置くだけで効果があらわれるタイプや臭いが生じている所にふきかけるタイプなどがありますが、吹きかけるタイプをつかう際は使用した部分がシミになる可能性がある点に注意が必要です。

 

通常の喫煙車の下取りや買い取りに関する考え方は上記の通りです。

 

しかし、廃車を伴う場合は売却後のことは何も考えずに済むので、禁煙を早めに始めたほうが良いことについては通常の喫煙車の売却時と変わりませんが、グッズ等による消臭はしないままディーラーや買取業者に見せた方が手元に多くお金が残る可能性が高いでしょう。

 

 

<関連項目>

車売る前に洗車するときの注意ポイント

車売る時にはキズは直した方がいいの?

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ