車売る時にディーラー下取で他社の車でも可能か?査定額への影響は?

ディーラー下取りの疑問

自動車の販売方法は自動車メーカーのディーラーと、整備工場などとともに営業している一般の自動車販売店、そして中古車販売店があります。
どの店で自動車を購入するのかはそれぞれの好みや予算に応じて自由に選んで良いのですが、現在使用している自動車を売却して、その売却で得た金額を新たな自動車の購入資金にするという「下取り」はそれぞれの店によって違いが出やすいポイントです。

 

 

最近のディーラーでは車の下取り額が底上げされてきてはいます

下取り額の底上げ

基本的には自動車メーカーのディーラーも販売につなげたいものですので、最近は下取り価格を底上げしている動きも見られます。
しかし本業は中古車の販売に特化しているわけではありませんので、新車購入を条件にオプションの割引などで下取り価格に実質的な上乗せをすることもあります。

 

ディーラーにおいては決算期があり、新車販売のノルマを達成したいという状況があれば、新車価格の値引きに加えて下取り査定額を高く提示してくるケースもありますので、一度査定をしてもらうというのも良いでしょう。

 

中古車販売店が系列にあると買取専門店に近い査定額になることも

 

中古車販売店を系列に持つディーラーであれば、買取専門店に近い価格での査定額が提示されるケースもあります。

 

ただしあくまでもその可能性が高いということになりますので、いつでも高額査定が出るわけではないところに注意は必要です。
必ず複数の業者から査定をしてもらい判断するのが得策と言えます。

 

 

ディーラーでは他社製の車の下取りは可能なのか?その場合の査定額は?

ディーラーで他社製の車下取

多くの人がディーラーでの下取りについて考えることは、ディーラー下取は他社の車も可能かどうかということではないでしょうか。
もちろん、自社の自動車を販売することで他社からの乗り換えが実現するため、買取については問題なく行ってくれます。

 

買取価格については売却する車種や年式、人気の有無などによって異なります。

 

他社メーカー車だと下取り査定額は安くなるのか

 

「他社メーカーだと下取は安いの?」という疑問を持つ人もいらっしゃいますが、新しく走行距離の低い人気車の他社メーカーの自動車と、年式が古く人気の低い自社メーカーの自動車では当然大きな査定価格がでるものです。
ただし、同じメーカーの場合にはお付き合いに対する感謝の気持ちとして、多少の上乗せは期待できると考えられます。

 

他社メーカーだと下取価格に差がつくケースとなるのは、比較的年式の新しいものであったり、高い人気がある車種であったりする場合です。

 

また最近人気のある購入方法の残価設定型ローンであれば、基本的に購入したディーラーで売却することが条件となっています。
3年後に売却か買取か、さらにローン期間を延ばすかはユーザーによって決めることができますので、下取り価格がディーラーよりも高く査定して貰える場合があれば売却して、ディーラーに残金を支払うという方法をとっている人も見られます。

 

 

車売る時にディーラー下取で他社の車でも可能か?査定額への影響は?【まとめ】

 

ディーラー下取りの疑問まとめ

 

いずれにしても自動車の乗り換えに関しては、下取の査定価格がきわめて重要であることがわかるでしょう。
高額な買い物となりますので、できるだけ費用を抑えるためには現在載っている自動車の価値を正しく判断してもらうことがh重要です。

 

ディーラーでの下取り査定価格と中古車買取専門店での査定価格では大きな差があることも事実です。
これは中古車買取専門店は中古車市場での需要動向についての情報を熟知しており、なるべく高く買い取ることを専門的に行っているためです。
メーカーのディーラーと異なりメーカーを気にする必要もないという点もメリットです。

 

これからお乗りの自動車を下取り査定に出そうとお考えの方は、インターネットによる一括見積比較サービスを利用することがおすすめです。
ディーラーからの提示額よりも高い金額での買取が実現するケースも十分に考えられます。
必要事項を入力して送信するという簡単な方法で複数の業者から査定価格の概要が提示されますので、ぜひ利用してみてください。

 

 

<関連項目>

車売る時にディーラーで他社の車だと下取り額はどうなるのか

車売るなら下取り価格が安いディーラーは不利!その理由とは

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ