車買い替え時には頭金はいつまでにどれくらい必要なの?車売るならどこが良い?

車の頭金

自動車はいつの時代も高価な乗り物として扱われていて、特に近年では家庭において必需品のように利用している人も多いものです。
古い時代とは異なり、かなりの耐久性を維持している自動車が多く販売されていますが、それでも走行距離が増えてしまったり、年式が古くなってしまったり、故障個所が増えたり、事故を起こしてしまった際には車買い替えを行うことが多い傾向にあります。

 

車を購入する場合には数々の販売店があり、新車の場合では各メーカーが用意しているディーラーで購入する方法があります。
中古車の場合でもディーラー系の販売店の他、一般的に営業をしている中古車販売店、現在ではインターネットを使った方法でも、中古車の数々を見つけることができます。

 

車を購入する際には車両の販売価格によって違いはありますが、多くのケースで100万円以上、国産車の場合で新車のケースでは800万円もの出費が必要とされることがあります。
このようなケースでは住宅を購入する方法と同じように、自動車ローンを組んで購入される方が非常に多いことも特徴です。

 

 

車買い替え時に用意する頭金の目安はどれくらいか

車の頭金目安

自動車ローンを組んで購入する際には、車購入時の頭金の目安って言われている内容をチェックしてから決めることが良い方法です。
実際に世間一般で言われている内容に関しては、車両価格の約2割から3割程度と考えることが基本です。

 

例えば300万円の自動車の場合では60万円から90万円程度の頭金を用意することにより、大きな問題や将来の問題を解消して購入できます。

 

車購入時の頭金の目安っていうものは簡単に判断できない方が存在していることも事実です。
このような方であれば、多くのケースで2割から3割程度と考えておくことで悩み事を解決できます。

 

車買い替え時の頭金計算方法

車の頭金計算方法

頭金の計算方法と相場まとめの内容も覚えておくと便利です。

 

300万円の価格の自動車を購入する際には、2割の場合では300万円に0.2を掛けると60万円になります。
3割計算の方法では同じように300万円に0.3を掛ける方法で90万円と計算することができます。
計算機などがあれば簡単に計算することができるので、どのような価格の自動車にも当てはめることができる方法です。

 

 

新車と中古車では用意する頭金額に違いはあるのでしょうか

新車と中古車の比較

人によっては車の頭金は中古車と新車で変わると判断される場合も見られますが、実際には何ら変わりのないものと判断することができます。
その背景には車の購入価格で決まってしまうことになり、例を挙げると50万円から80万円程度の車を購入する際には、確かに頭金をゼロとしても無理することなくローンを利用できます。

 

しかし、中古車であっても、新車として販売されている他の自動車よりも高いものがあります。250万円程度で新車で購入できる車種もあれば、中古車でも300万円を大きく超えて販売されている車種も存在しているので、車の頭金は中古車と新車で変わるという内容には間違いがあると考えられます。

 

 

車購入時に頭金が無くでも大丈夫なの?頭金なしのデメリットについて

頭金無くて平気なの?

頭金については必ずしも支払う義務は無いものと考えることができます。
十分な収入を得ている方ならば、問題にならずに返済できますが、頭金なしのデメリットというものを知っておくことも良いことです。

 

自動車ローンを利用する際には審査を通過する必要が出てきます。
この際には頭金を用意することにより、信頼度が高まる可能性も十分にあるので、ローン審査に不安を感じている方ならば準備することでデメリットを無くすことができます。

 

次に頭金なしのデメリットの中には月々に支払う返済額が大きくなってしまうことが挙げられます。
長期ローンなどを利用してしまった場合では、それだけ金利を多く支払わなければならないデメリットを感じてしまいます。

 

車購入時いつまでに頭金を用意すればいいの?支払方法は?頭金を支払うタイミングについて

頭金の用意

車の頭金を支払うタイミングは、購入先の販売店によって違いが出てくる場合も見られます。
契約時に支払うことが必要とされていたり、納車日に支払うケースもあるので、この点に関しては事前にディーラー側と十分に話し合いをした上で把握することが必要です。

 

車の頭金の支払い方法についても購入先によっていくつかのパターンがあります。
現金にて支払うことを必要としている販売店もあれば、カードで支払い可能な場合もあります。
新車ディーラーの場合ではカードで支払う際には、自社で提携しているカードのみに限定している場合も多いので、注意が必要です。

 

他にも銀行振り込みを必要とされる場合もあるので、購入先のお店で確認することが大切です。

 

銀行振込やカードで頭金を払い時には手数料に注意しましょう

 

振込みやカードを使うケースでは、手数料というものが発生するので、どちらが手数料を支払うのかも含めて事前確認することでトラブルを無くすことができます。

 

車購入が決まったら納車するまでにどれくらいかかるのか

納車

納車までの流れについては、購入する自動車によって違いがあります。

 

新車をディーラーで購入する場面では、納車日から約2ヶ月程度前から活動することが良い方法です。
実際にディーラーに出掛け、展示車をチェックしたり、値引き交渉を行うことに1ヶ月程度掛かってしまうことがあります。
人気車種の場合では納車に一定の時間を必要とするケースも多いので、この点にも留意することが必要です。

 

中古車の場合では一点ものとして販売されているので、希望する車両を見つけたら、直ぐに販売店と交渉を行うことが肝心です。

 

 

<関連項目>

車の買い替えする時には何を準備したらいいのでしょうか?

車買い替えたいけど資金が不足している場合はどうすればいいのか

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


TOPへ