車売る時の車下取と買取の違いとは

車売る場合の下取り買取違い

手持ちの車を売るときには2つの方法が用意されています。
1つは車下取りと呼ばれるものでもう1つは車買取です。

 

双方とも似ているようなサービスですが何が違うのでしょうか。
各サービスにより内容が違っているので適切な価格で売却をしたいときは必見です。

 

車売る時に利用する下取りサービスとは?

 

車売るときに使う下取りは新車や中古車を新しく購入したいときに利用できるサービスとなっています。
基本的に買い替えをするときに利用できるもので現在乗っている車を買い取ってもらうのが特徴です。

 

車下取のメリット

車下取のメリット

ただし車を買いたいお店で対応してもらうもので、そのまま下取りに出した車の買取金額を使用して新しい車を購入するといった内容をしています。
買取店だけでなくディーラーでも対応可能なので多くの場所で利用できるのがメリットです。

 

特に新車を購入するときに力を発揮してくれるサービスで基本的に新車は値引きをしません。
下取りを利用すれば新車の販売価格から値引きしてもらえるのでお得に手に入れる事ができるのが強みです。
特にディーラーでよく使われているものとなっています。

 

買取と購入を同時に行う事ができるので余計な手間を省く事ができるのも下取りのメリットです。

 

車下取のデメリット

車下取のデメリット

デメリットは一般的な買取サービスよりも安く見積もられてしまう可能性が高いところと言えるでしょう。
買取サービスと比較すると車にもよりますが30万円から多くて50万円は安くなってしまいます。

 

古い車でも対応可能なので場合によっては処分がお得になるときもあるのが特徴です。

 

車売る時に利用する買取サービスとは?

 

買取サービスは手持ちの車をそのまま売却する事ができます。
単純に車を売りたい時や、車買い替え時にも利用できます。

 

車買取のメリット

車買取のメリット

メリットは下取りに比べると遥かに高い金額で売れる部分です。

 

お店によって買取価格はかなり変動するのでお店選びをするだけで10万円以上も買い取り価格差が出てしまう場合もあります。
特にトレンドの車は高く売却できるのが特徴、人気のカラーリングや車種なら高価買取の対象です。

 

装備されているものにより買取価格が変動するのも買取サービスの魅力と言えます。
メーカー純正の人気装備をしているもの(サンルーフやカーナビゲーション)なら高価買取をしてもらう事が可能です。
シートが本革ならさらに評価が上がるので工夫次第で高く売る事ができるのもメリットとなっています。

 

ただしメーカー純正でない装備があるときはちょっと気をつけた方がいいでしょう。
純正品でない装備は特定の層にしか需要のないものもあります。
こういう装備品は逆に評価を下げてしまうおそれがあるのでなるべく取り外してメーカー純正の初期装備をしておくと良いです。

 

買い取りのメリットは他にもあってたくさんの店舗に買取依頼をできるのが強みと言えます。

 

インターネット上にある買取比較サイトを使って一括で査定をしてもらうと複数の会社から買取金額の提示があるので必見です。
利用をすれば簡単に高く売れるお店を見つけられるので時間がかかりません。

 

買取価格は日々変動するシステムとなっているのである期間に特定の車種が人気になりプレミア価格になるということもあるのが強みです。
タイミングさえ良ければ高価買取をしてもらえるので知識の豊富な人ほど有利となっています。

 

また、買い取りのメリットとして事故車を売れるといった部分もあります。
処分すると費用がかかりますが安い金額でも買いってもらえるので処分コストを0円にできるのが特徴です。

 

特に商用車は要注意で下取りよりも買い取りがおすすめと言えます。
海外で日本の商用車は人気があるので輸出を行っている買取業者を利用すれば10年落ちの商品でも高額で売れるのが強みです。

 

車買取のデメリット

車買取のデメリット

逆にデメリットになる部分といえば価格変動です。

 

中古車は価格変動が激しく買取価格も時期により変わってしまいます。
常に価格を調べていないといい値段で売る事ができないので情報収集の手間がかかるのがネックです。

 

また新車が登場したときには旧車の買取価格が一気に下がってしまうといった現象もあります。
売るタイミングさえ間違わなければ高価買取してもらえるので覚えておきましょう。

 

新車や中古車を同時に買うときは買い取りと購入の手続きを別々に行わないといけないこともデメリットといえるでしょう。
面倒な手間がかかる部分は下取りに軍配が上がるでしょう。

 

車売るなら下取りと買取、どっちを選ぶべきか?

車買取下取どっち?

どちらを利用するといいのかというと下取りはお得意様としてディーラーと付き合いたい人は購入と買い取りの手続きをまとめてしたい人に良いと言えます。

 

とにかく高く売りたいと考えているのなら車買取を利用するのが良いです。
情報収集に長けた人や車が好きな人なら高く売却できるので必見となっています。
素人の方でもインターネット上にある一括査定サイトを利用して簡単に価格を調べられるので使い勝手が良いです。

 

事故車や故障車は基本下取りでは売る事ができません。
ディーラーでの下取りではほぼ駄目なのですが事故車買取専門の業者を利用すれば高額で売ることも可能ですので買取りが理想的と言えます。
以上を理解して下取りや買取サービスを利用しましょう。

 

車売る時の車下取と買取の違い【まとめ】

 

メリット

デメリット

車下取り

・買取店だけでなくディーラーでも対応可能なので多くの場所で利用できる
・買取と購入を同時に行う事ができるので余計な手間を省く事ができる

・一般的な買取サービスよりも安く見積もられてしまう可能性が高い

車買取り

・下取りに比べると遥かに高い金額で売れる
・人気の装備をしているもの(サンルーフやカーナビゲーション)なら高価買取をしてもらう事が可能
・インターネット上にある買取比較サイトを使って一括査定をしてもらえばさらに高額に!
・事故車を売ることができる

・中古車は価格変動が激しく買取価格も時期により変わってしまう
・新車や中古車を同時に買うときは買い取りと購入の手続きを別々に行わないといけない

 

 

 

<関連項目>

「車下取りと買取の違い」さらに詳しく

車売る場合の売却形態とは

今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ