車売る時に今まで車下取りばかりで車買取が初心者の人へ

車売る際の車買取初心者の人へ

車を買い換えるときには、車下取りを選択する人は多いものです。
仮にどこで車売るにしても金額が変わらないというのであれば、乗り換えの手間がありませんから車下取りが一番有利な方法ということになります。

 

しかし、どこで車売却をしても金額が変わらないということはありえない話ですから、車下取りと車買取では大きな金額差が出ることもあるので、車下取りばかりをしていたという人でもそのやり方を見直す必要があるのです。

 

車売る際には車下取りと車買取の金額差で判断しましょう

 

金額差が1-2万円程度しか変わらないというのであれば、手間を考えて下取りをしてもらうというのも悪いものではありません。
ところがその差が5万円10万円とも開いてくるというのであれば、多少手間がかかっても高く売れる方に車を売りたいと考える人も出てくるのではないでしょうか。

 

そして、実際に車下取りと車買取ではそれぐらいの差があるいはそれ以上の差が発生するということもあるので、どのような方法を選ぶにしても複数の場所から車の査定をしてもらうだけの価値はあると言えるのです。

 

下取り以外の査定にも出したほうが後悔しなくてすみます

 

どれだけ金額差があったとしても、車下取りに出すつもりだという人であっても他の場所で査定をしてもらうだけの価値は十分にあります。

 

例えば車下取りが一番高く売れる方法だったということがわかったときには、気持ちよく売ることができますあとで損をしたという気持ちにならずに済みます。
逆に他店の方が高かったという場合には、その結果を車を購入する予定の店に伝えることによって更に査定額をアップしてもらうための交渉材料とすることができますから、他店の評価を聞いておいて損はないのです。

 

そのため、今まで車下取りばかりだったという人も一度それを見直して他店の評価を聞いてみると良いでしょう。

 

<関連項目>

「車下取りと買取の違い」さらに詳しく

下取と買取の違いとは

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ