車売るならどんな書類が必要?

車売る時の必要書類

中古車売却の際に必要な書類は、普通車と軽自動車とで異なります。
査定だけであれば、どちらも車検証と自賠責保険証明書があれば可能です。
この2つの書類はダッシュボードなどに常に入れてあるというケースが多いはずなので、その場ですぐに査定できます。
複数社に査定を依頼した場合でも、新たに用意しなければならない書類はありません。この2点で大丈夫です。

 

普通自動車の売却の際に必要な書類

・免許証の提示、またはコピー

menkyo

 

・車検証

syakensyou

 

・自賠責保険証明書

jibaisekisyou

 

・自動車税納税証明書(当年度のもの)

nouzeisyoumei

 

・印鑑証明書(発行日より3か月以内のもの)

inkansyoumei

 

・実印

jituin

 

・委任状、譲渡証明書(売買業者からもらえます)

ininjyou

jyoutosyoumei

 

・自動車リサイクル券の預託証明書

jyoutosyoumei

 

 

軽自動車の売却の際に必要な書類

・免許証の提示、またはコピー

menkyo

 

・車検証

syakensyou

 

・自動車税納税証明書(当年度のもの)

keinouzeisyou

 

・認印(シャチハタ不可)

mitomein

 

・自動車リサイクル券の預託証明書

jyoutosyoumei

 

※どちらの場合も、引っ越しや結婚などにより車検証の住所、姓が異なる場合には、住民票、戸籍謄本が必要になります。

 

 

普通自動車と軽自動車では必要書類が違うので注意

 

このように中古車を売却する際、普通車と軽自動車とでは必要な書類が異なります。
軽自動車の方が、比較的査定から買取りまでの時間を短縮できます。
前にも述べた通り、査定だけであれば、これらの書類は不要です。
自分が納得できる査定金額が出るまで複数依頼し、ある程度、理想の金額にめどがついてから書類を準備しても、決して遅くありません。
買取り店のペースに流されず、自分でタイミングをはかって売却することをお勧めします。

 

 

<関連項目>

必要書類を確認できたら、いよいよ車売却へ

車買取価格の変動要素について

 

 

 

車売る高額査定ランキング

 

車売るオークション形式

 

車売るならどこが高く売れるの?TOPへ


TOPへ