ROBERT WYATT

Robert Wyatt
Soft Machine のドラマー。Fourth録音後に首になり、Matching Mole を結成。パーティーの最中酔っぱらって五階の窓から転落(命を取り留めたのは奇跡的だったとか)。それから車椅子の生活になり、ソロでRock Bottom(1974) 発表。これは名作。心を洗われるようなヴォーカルの魅力が全面開花した。80年代以降は、自身のキーボードとパーカッションのシンプルなバッキングでぽつぽつ地道に活動を続け、97年にはShleepで高い評価を受ける。80年代には共産党員としても活動していたことがある。

The Peel Sessions (12inch EP) (Strange Fruit, 1987)

Robert Wyatt Peel Sessions 80年代後半に続々リリースされたBBC音源12インチ・シリーズの1枚。4曲入り。1974年9月10日、ワイアットの一人多重録音。8分にも及ぶ "Sea Song" は大幅にメロディを崩して歌っている。全曲Solar Flares Burn for You (Cuneiform) に収録。

Nothing Can Stop Us (Rough Trade ROUGH35, 1982) amazon.co.jpへ

Robert Wyatt Nothing Can Stop Us
チリのフォーク・シンガー Violetta Parra の "Arauco" やキューバの実質的国歌「グァンタナメラ」の替え歌 "Caimanera" といったラテンもの、Chic の "At Last I Am Free"、Billie Holiday で有名な "Strange Fruit"、等を感動的にカヴァーしたシングルを80年頃に続々とリリース。これはそれらをまとめ新曲もプラスした、政治色の濃いコンピレーション的アルバム。
"Red Flag"(赤旗)は、日本では「もみの木」として知られるメロディだが、19世紀後半にこの歌詞がついて共産党賛歌になり、イギリス労働党々歌にもなっているらしい。
Rough Trade レーベル時代はここに収録されたもの以外でも、Peter Gabriel の "Biko" や Elvis Costello の "Shipbuilding" といったカヴァーの名作が多い。
ロバート・ワイアットが自分のアルバムやシングルでカヴァーした曲をここにまとめてみました。

追記歌詞(一部)
(2002年2月に紙ジャケで再発されたが、そこに掲載されている歌詞には誤りが散見される。ここに出来る限り正解に近づけた歌詞を載せておく。)

参考資料:日本盤LPの帯

Dondestan (revisited) (Hannibal/Rykodisc HNCD 1436, 1998) amazon.co.jpへ

Robert Wyatt Dondestan revisited
91年のアルバム「Dondestan」の新装再発盤。リミックスされ、曲順も大幅に変更されていて、そのせいか聴いた感じが少し違い、曲によっては(気のせいか)テイクが違うようにも聞こえる。輸入盤のみエンハンストCD仕様で、18分のインタビュー・ビデオが入っている。

追記 2002年リマスター(紙ジャケ再発)では、この98年リミックスのマスターを使いつつ、曲順は元のLP通りに戻した、とのこと。しかし初回CDとは微妙に違う。LPとCDでは曲順が違っていたのだろうか?(当時LPも出ていたとは知らなかった...)

Little Red Robin Hood (ReR RWVID/ロクス・ソルス v-boid 1, 1999)

Robert Wyatt Little Red Robin Hood a documentary by Francesco Di Loreto and Carlo Bevilacqua
モノクロ60分、ステレオHi-Fi(ドルビー・サラウンド)VHS Video
出演:R.Wyatt, A.Benge, Hugh Hopper, Brian Eno, Nick Mason, Carla Bley, Keith Tippett, Paul Weller, Elvis Costello, Chris Cutler, Noel Redding, Steve Beresford, Phil Manzanera, Dave MacRae, Lol Coxhill, etc.

ロバート・ワイアットのドキュメンタリー・ビデオ(イタリア制作)。演奏場面もあるが、ほとんどしゃべり。ソフトマシーンの映像、 "Shipbuilding" のクリップ、Shleep録音風景、1973年ジョン・ピール・ショーに出演した時のインタヴューや "Moon in June" のデモテープらしき音源(未発表?)も聞ける。輸入版はPAL方式なので注意。

Nick Mason -
Nick Mason's Ficticious Sports
(Harvest SHSP4116, 1981) amazon.co.jpへ

Nick Mason Ficticious Sports
邦題は「空想感覚」。ブラス・ジャズ・ロックのパワーと演劇的ユーモアが組み合わさった素晴らしいアルバムだ。Pink Floyd のドラマーの 1st ソロ・アルバムだが、実質的には全曲作詞作曲している Carla Bley のアルバムと言える。参加メンバーもほとんどカーラ・ブレイ・バンド。ギターは Chris SpeddingTerry Adams (NRBQ) も2曲に参加。全8曲中7曲がワイアットのヴォーカル入り。"Hot River" はフロイドのパロディっぽい名曲でクリス・スペディングがメロディアスな泣きのギターを弾く。バンド・メンバーのコーラスも入る "Can't Get My Motor to Start","Boo to you too" 等にはユーモラスな面がよく出ている。"I'm a Mineralist" (minimalist のパロディ)ではそれらしいフレーズ(フィリップ・グラスか?)が顔を出す。

Theatre Royal Drury Lane 8th September 1974 (Hannibal/Rykodisc HNCD 1507, 2005) amazon.co.jpへ

Robert Wyatt Theatre Royal Drury Lane
落下事故から復帰した直後、ワイアットがたった一度行った記念すべきコンサートの記録がようやく正規に発売された。以前は音の悪いブートレグで出回っていたが、正式には "Calyx" 1曲のみ、10年ほど前の2枚組ベスト「Going Back A Bit」、後にボックスepsで公表されていたに過ぎない。今回は、John Peel のユーモラスなMCから大団円の "I'm A Believer" まで、その全貌が飛躍的に向上した音質によってたっぷり楽しめるようになった。しかし、残念ながら Julie Tippetts が歌う "God Song" と、約8分に及ぶワイアットと Julie Tippetts のヴォーカル・インプロヴィゼーションが未収録のためコンプリートとはならなかった。テープが現存しなかったためとのことだが、実際のところはCD収録時間の都合ではないかと思われる。
ただ単に貴重な記録としてだけでなく、演奏内容も素晴らしい。夢の様な豪華メンバーの見事なコラボレーションにはタメ息が出る。特に聞き物は、 "Sea Song" での Dave Stewart のワウワウ・オルガン・ソロ、スタジオ・ヴァージョンを凌駕するスリリングな演奏になっている。"Signed Curtain" での Mike Oldfield のギター・ソロも味わい深い。

Robert Wyatt (vo), Dave Stewart (key), Hugh Hoppper (b), Laurie Allan (ds), Fred Frith (g,vln), Mike Oldfield (g), Julie Tippetts (vo,key), Gary Windo (b-cl,ts), Mongezi Feza (tp), Nick Mason (ds), Ivor Cutler (vo)

Other Albums

The End Of An Ear (CBS, 1970)
Rock Bottom (Virgin, 1974)
Ruth Is Stranger Than Richard (Virgin, 1975)
The Animals Film (Rough Trade, 1982)
1982-1984 (Rough Trade, 1984)
Old Rottenhat (Rough Trade, 1985)
Dondestan (Rough Trade, 1991)
A Short Break (Voiceprint, 1992)
Shleep (Hannibal/Rykodisc, 1997)
Cuckooland (Hannibal/Rykodisc, 2003)
Comicopera (Domino, 2007)
Wyatt/Atzmon/Stephen - For the Ghosts Within (Domino, 2010)

Going Back A Bit : A Little History of Robert Wyatt (Virgin, 1994)
Flotsam Jetsam (Rough Trade, 1994)
eps (Hannibal/Rykodisc, 1999)
Postcards From Italy + Book (Sonic Book, 2002)
Solar Flares Burn for You (Cuneiform, 2003)
Radio Experiment Rome, February 1981 (Rai Trade, 2009)
'68 (Cuneiform, 2013)
Different Every Time (Domino, 2014)
WMWS (Robert Wyatt/Dave MacRae/Gary Windo/Richard Sinclair) - One Night Stand (Gonzo, 2015)

bootlegs :
The End Of An Ear (CD-R)
Las Vegas Fandango (Archive Recordings ARC 002)
Sea Song (asteroid AR-10)
HENRY COW featuring Robert Wyatt
- In The Name Of a Freedom
(le matango LM00007/008/009)

SOFT MACHINE

The Soft Machine (1st) (Probe, 1968)
Volume Two (Probe, 1969)
Third (CBS, 1970)
Fourth (CBS, 1971)

Jet Propelled Photographs (Charly)
Live at the Paradiso 1969 (Voiceprint)
Spaced (Cuneiform)
The Peel Sessions (Strange Fruit)
Noisette (Cuneiform)
Live 1970 (Blueprint)
Live at the Proms 1970 (Reckless)
Virtually (Cuneiform)
BBC Radio 1 Live In Concert (1971) (Windsong) -> Heavy Friends: BBC In Concert 1971 (Hux)
Canterburied Sounds Volume 1,2,3,4 (Voiceprint)
Man In A Deaf Corner (Mooncrest)
Turns On Volume 1 (Voiceprint)
Turns On Volume 2 (Voiceprint)
Facelift (Voiceprint)
Backwards (Cuneiform/Arcangelo)
BBC Radio 1967-1971 (Hux)
BBC Radio 1971-1974 (Hux)
Somewhere in Soho (Voiceprint)
Breda Reactor (Voiceprint)
Middle Earth Masters (Cuneiform)

bootlegs :
Middle Earth (CD-R)
Old Machine
Kralingen Pop Festival

MATCHING MOLE

Matching Mole (CBS, 1971)
Matching Mole's Little Red Record (CBS, 1972)

BBC Radio 1 Live In Concert (Windsong)
Smoke Signals (Cuneiform)
March (Cuneiform)
On The Radio (Hux Records)

bootlegs :
Pataphysical Machine (Canterbury Dream CTD-019)
So Many Of You (CD-R)

last updated: 2015.9.25

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close