MATCHING MOLE

Pataphysical Machine

Canterbury Dream CTD-019 (41'33")

[1] Lything And Gracing (Brandy As In Benj) ~ Marchides (14'30")
[2] Marchides ~ Instant Pussy (5'45")
[3] Instant Pussy (5'12")
[4] Smoke Signal (6'24")
[5] Part of the Dance (9'31")


Olympia, Paris 1972.5.15
Robert Wyatt (ds,vo), Phil Miller (g), Dave McRae (key), Bill MacCormick (b)

parts of [1] released in 'Smoke Signals' (Cuneiform)

[1]ワイアットのフランス語によるたどたどしいMCに始まり、執拗に同じフレーズを繰り返すギターのカッティングが続く。ジャケットには "Starting In The Middle..." とあるが、"Brandy As In Benj" のイントロ部のように思える(*)。(6'00") 付近からのエレピ・ソロが無伴奏になり、やがて上昇下降を始めると "Marchides" に雪崩れ込む。(11'30") 付近からドラム・ソロ。[2]はベースがリフを繰り返す "Marchides" 後半部。"Instant Pussy" でのワイアットの叫びがスゴイ(コワイ...喉痛くならないのか?)

(*) この辺の曲名にはよくわからないところがある。"Brandy As In Benj" のイントロ部はBBC Radio 1 Live In Concertでは "Litheing And Graceing" となっており(作曲:P. Miller)、Hatfield「The Rotters' Club(CD) では "Lying And Gracing" と表記されている追記:2001年に出た未発表ライヴ集Smoke Signalsではこの部分を "Lything And Gracing" と表記。これが最も正しいものと思われる)。ちなみに "Oh, Len's Nature""Nan True's Hole" のアナグラム(スペルの並べ替え)。"Brandy As In Benj" の後半部(作曲:McRae)は Matching Mole のライヴでエンディングとして演奏されることが多かったようだ。(「BBC Radio 1 Live In Concert」では "Brandy As In Benge" というスペル)

音の悪いステレオ・オーディエンス録音で、そのせいか凄まじい演奏に思えてしまう。[3](4'10") 付近で一旦フェイド・アウト、[5](1'20") 付近にも編集跡あり。たまに観客の話声も聞こえる。別音源とも思えるテープ (途切れもなくこれよりましな音。多分ライン録音)も存在する。

同時期のライヴは、「BBC Radio 1 Live In Concert」 (Windsong) の他にオランダ、フランス、イギリスBBC等でラジオ/テレビ放送用に録音/録画があるがほとんど未発売のまま。

追記:未発表ライヴ集「Smoke Signals」 (2001) は録音クレジットがないものの、ほとんどはイギリスBBC音源から構成されている。ただし、"Intro", "Electric Piano solo" だけは、この日のオランピア劇場の録音を使用。[1] のMC部分とエレピ・ソロがそれ。

音質評価 − ★★   / 総合評価 − ☆☆☆

last updated: 2001.10.8

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close