CARAVAN

Caravan
源流は Soft Machine と同じく、The Wilde Flowers。ジャズ色はあまりなく、ポップな音でメロディも美しく聴きやすい。 Richard SinclairPye Hastings という二人の魅力的なヴォーカリスト/作曲者を擁した初期はサイケ・ポップだったが、リチャードが抜けると、Soft Machine がどんどんジャズ寄りになっていったのとは逆に、どんどんAOR的ポップスに近付いていく。 80年代は解散状態だったが、90年以降活動が活発化し、ライヴ盤も数種出している。
初心者はBBCライヴ2組(Songs for Oblivion Fishermen」「Ether Way)をベスト盤代わりに聴いても良いだろう。

If I Could Do It All Over Again I'd Do It All Over You (Deram, 1970) amazon.co.jpへ

Caravan If I Could Do It All Over Again I'd Do It All Over You
アルバム・タイトルがやたらと長いが、邦題は「キャラヴァン登場」(笑)。サイケ味を残しつつも、より個性的なキャラヴァン・サウンドを確立し始めたセカンド・アルバム。最もキャラヴァンらしいアルバムと言えるかもしれない。 パイがワイアットそっくりに歌う7拍子ポップスのタイトル曲や、ライヴの定番となる "For Richard" もいいが、ジャケットからも伺える牧歌的な優しい雰囲気が漂う "And I Wish I Were Stoned/Don't Worry" が特に好き。

In the Land of Grey and Pink (Deram, 1971) amazon.co.jpへ

Caravan In the Land of Grey and Pink
3枚目のオリジナル・アルバムにしてカンタベリーを代表する名盤。邦題「グレイとピンクの地」。B面を占める大曲 "Nine Feet Underground" では Dave Sinclair のオルガンが大活躍していて聴き応え充分。

Waterloo Lily (Deram, 1972) amazon.co.jpへ

Caravan Waterloo Lily
Matching Mole への加入のため脱退した Dave Sinclair の代わりに、元 DeliverySteve Miller がキーボードを担当した唯一のアルバム。スティーヴの弟 Phil Miller、親友 Lol Coxhill(共に元 Delivery)もゲスト参加。そのためか他の Caravan のアルバムとは色合いが違って、オルガンよりもエレピの音色が目立ち、ややジャズ寄り。とは言え、相変わらずポップな面も健在で、"The Love In Your Eye" ではシンフォニックな方向性も見せ始める。"Songs and Signs" のメロディは Steve MillerLol Coxhill と両面を分け合ったLP「Coxhill/Miller. Miller/Coxhill.」(Caroline C 1503, 1973) の "Chocolate Field" と同じもの。

エーハブ船長さんのオフィシャル・ページも必見!(現在リンク切れ)

Caravan BBC sessions and live dates 1968-1978
BBCセッションおよびセット・リストが判明している(音源が残っている)ライヴ・データを録音順に整理

→参考ページ:Calyx

Other Albums

Caravan (Verve, 1968)
For Girls Who Grow Plump in the Night (Deram, 1973)
Caravan & the New Symphonia (Deram, 1974)
Cunning Stunts (Deram, 1975)
Blind Dog at St. Dunstan's (BTM, 1976)
Better by Far (Arista, 1977)
The Album (Kingdom, 1980)
The Best Of Caravan "Live" (Kingdom, 1980) -> Live at the Fairfield Halls, 1974 (Decca/Universal)
Back to Front (Kingdom, 1982)
Cool Water (HTD)
Live (Code 90, 1993)
The Battle of Hastings (HTD, 1995)
All Over You (HTD, 1996)
Live at the Astoria (HTD, 1997)
All Over You...Too (HTD, 1999)
A Night's Tale - Live in the USA (Classic Rock Productions, 2002)
The Unauthorised Breakfast Item (Eclectic, 2003)
Live In Concert at Metropolis Studios London (Salvo, 2012)
Paradise Filter (2014)

BBC Radio 1 Live In Concert (Windsong)
The Show Of Our Lives (Mooncrest)
Canterburied Sounds Volume 1,2,3,4 (Voiceprint)
Songs for Oblivion Fishermen (Hux)
Ether Way (Hux)
Surprise Supplies (HTD)
Where But For Caravan Would I ? (Decca/Universal)
The HTD Years (HTD, 2000)
Green Bottles For Marjorie : The Lost BBC Sessions (Caravan Songs, 2002)
Live UK Tour 1975 (MLP, 2003)
The Show of Our Lives: Live at the BBC 1968-1975 (Universal, 2007)
A Hunting We Shall Go: Live in 1974 (The Store For Music, 2008)
The World Is Yours - The Anthology 1968-1976 [4CD Box] (Universal, 2010)
In the Land of Grey & Pink: 40th Anniversary (Universal, 2011)

bootlegs :
BBC 1969-1973 (ZA 88)
Living In The Grey And Pink (AULICA A.108)
For Penguin Who Hatch In The Polar Night (AULICA Canterbury Tales CT 201)
Chemical Disease In Town (RAID MASTERS RMCD910702)
Long Walk Desert (Canterbury Dream CTD-014)
Canterbury Everywhere (OH BOY 1-9086)
V. A. - The Canterbury Tapes (OH BOY 2-9031)
Live at Record Plant: First American Tour (Ayanami)

last updated: 2018.3.11

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close