CARAVAN

BBC 1969-1973

ZA 88 (72'32")

[1] Green Bottles For Marjorie (2'58")
(If I Could Do It All Over Again, I'd Do It All Over You)
[2] A Place Of My Own (4'14")
[3] Feelin', Reelin', Squeelin' (6'01")
[4] Ride (4'23")
[5] And I Wish I Were Stoned / Don't Worry (7'51")
[6] Golf Girl (4'19")
[7] Nine Feet Underground (21'39")
[8] Love Song Without Flute (4'25")
[9] Waterloo Lily (6'49")
[10] Feelin', Reelin', Squeelin' (9'51")


[1]-[4] BBC Top Gear 1968.12.31
[5] BBC In Concert 1970.10
[6] BBC Top Gear 1970.11.2
[7] BBC Top Gear 1971.3.29
[8] BBC Alan Black Show 1971.3.11
[9] BBC John Peel Show 1972.4.11
[10] BBC In Concert 1971.5.6

Pye Hastings (vo,g), Richard Sinclair (vo,b), David Sinclair (key: except [9]), Richard Coughlan (ds,perc), Steve Miller (key: [9] only)

[1]-[4][10] released in 'Green Bottles For Marjorie : The Lost BBC Sessions'
[2][4][8][10] released in 'The Show of Our Lives: Live at the BBC 1968-1975' (Universal)
[5][8] released in 'The Show Of Our Lives' (Mooncrest)
[8] short edit released in 'Songs For Oblivion Fishermen'

ラジオ放送用スタジオ・ライヴ。John Peel のDJ入。[1] などはアレンジが違う(この時点では "Green Bottles For Marjorie" という曲名)。[6] は歌詞違い(Living In The Grey And Pink[8] とは別テイク)。[8]Songs For Oblivion Fishermenに収録されたものと同じテイクだが、イントロがわずかに長く、最後フェイド・アウトもやや長めに収録され、オルガン・ソロが堪能できる(The Show Of Our Livesの同曲と同じ)。Soft Machine のデビュー・シングルB面曲をダイナミックにアレンジし直した "Feelin', Reelin', Squeelin'" は2テイク収録されており、[10]「Living In The Grey And Pink」[7] と同一テイクだが、Canterburied Sounds vol.1(Voiceprint) 収録のものとは別テイク。「Living In The Grey And Pink」では終盤いきなり切れていたのに対し、こちらではちょっと頭が切れてるものの最後の拍手と歓声まで収録。観客入はこの曲と[5] だけのようだ。[7] は頭わずかに欠けている。

AM並の音質でモノラル。所々音量が下がったりするが、「Living In The Grey And Pink」よりは良い。アルバム・ヴァージョンとはひと味違った演奏が楽しめる。特に Steve Miller 入の [9] は貴重。

2002年にリリースされた3000枚限定(日本盤も出た)CDGreen Bottles For Marjorie : The Lost BBC Sessions[1]-[4][10] が正式に聴けるようになった。音質は最高とは言えないが、ノイズが少なく、聴きやすい音になっている。John Peel のしゃべりはカット。

[10] は、拍手・歓声をカットしてThe Show of Our Lives: Live at the BBC 1968-1975に高音質ステレオで収録された。

音質評価 − ★★★  / 総合評価 − ☆☆☆☆

CARAVAN

Living In The Grey And Pink

AULICA A.108 (made in Italy) (54'21")

[1] Hello Hello (2'48")
[2] If I Could Do It All Over Again, I'd Do It All Over You (2'35")
[3] As I Feel I Die (4'29")
[4] Magic Man (4'01")
[5] In The Land Of Grey And Pink (4'03")
[6] Nine Feet Underground (18'35")
[7] Feelin', Reelin', Squeelin' (9'15")
[8] Golf Girl (4'19")
[9] Place Of My Own (4'14")


[1]-[3] BBC Top Of The Pops 1970.8.19
[4] BBC In Concert 1970.10 or 1971.5.6 (?)
[5]-[7] BBC In Concert 1971.5.6
[8] BBC Alan Black Show 1971.3.11 (?)
[9] BBC John Peel Show 1972.4.11 (?)

Pye Hastings (vo,g), Richard Sinclair (vo,b), David Sinclair (key: except [9]), Richard Coughlan (ds,perc), Steve Miller (key: [9] only)

[1]-[3] released in 'Songs for Oblivion Fishermen'
[5]-[7] released in 'Green Bottles For Marjorie : The Lost BBC Sessions'
[1][3][6][7] released in 'The Show of Our Lives: Live at the BBC 1968-1975' (Universal)

ラジオ放送音源集。[1]-[3]Songs For Oblivion Fishermenに収録されたものと同じテイクだが、曲紹介が入ってる(John Peel ではない)[4]-[7] では観客の拍手が聞こえる。尻切れ [7]BBC 1969-1973[10] と同一テイク。それ以外のダブリはない。謎の正規盤(?)CDThe Show Of Our Lives (Mooncrest) もラジオ放送音源集のようで「Songs For Oblivion Fishermen」とのダブリがあるものの、これとのダブリはないようだ。[8]「BBC 1969-1973」[6] とは別テイク。[9] では Steve Miller がエレピを弾いている。

AMからのエアチェックか、古臭い音だ。元テープもかなり劣化してるんだろう、ノイズが目立つし、テープ回転が早めで、ピッチが高いように感じられる。ただし音源自体は貴重。やはり [6] が聞き物。

Green Bottles For Marjorie : The Lost BBC Sessions[5]-[7] がまともに聴けるようになった。テープ回転速度も正しているようだ。

2007年発売のThe Show of Our Lives: Live at the BBC 1968-1975[6][7] が分離抜群のステレオでクリアに聴けるようになった。ただし [6] は冒頭(約3分40秒)とエンディング近く(約50秒)のオルガン・ソロがザックリとカットされた短縮版。

音質評価 − ★★   / 総合評価 − ☆☆☆

last updated: 2008.3.4

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close