HATFIELD AND THE NORTH

Hatfield and the North
左から
Dave Stewart (key) <- Egg
Phil Miller (g) <- Delivery, Matching Mole
Pip Pyle (ds) <- Delivery, Gong
Richard Sinclar (b,vo) <- The Wilde Flowers, Caravan

この鉄壁の4人に、アルバムでは女声コーラス隊 The Northettes (Amanda Parsons, Barbara Gaskin, Ann Rosenthal) が加わる。Dave Stewart は実は3代目で、最初のキーボードは Phil の兄 Steve Miller(この時点でのグループ名はまだ Delivery であるが)、次に Richard の従兄弟で元 CaravanDavid Sinclar が僅かの間参加していたらしい。

活動期間が短く、オリジナル・アルバムを2枚残してあっけなく解散してしまうが、2枚ともカンタベリー・サウンドを代表する大傑作。所々に Miles Davis, Chick Corea/Return To Forever, Weather Report 等ジャズ/フュージョンや Frank Zappa の影響が見られるものの、ブルース臭は無く、英国的な湿り気/翳り/ひねくれたユーモアによって独得の味わい深さを醸し出している。ポップでありながらアヴァンギャルド、躍動する変拍子、複雑に構築されたアンサンブルと絶妙に絡み合う即興演奏が交錯するその音楽性は、商業的には成功しなかったが高い評価を受け、後のカンタベリー・フォロワー達に多大な影響を今も与え続けている。

4人のうち Richard Sinclar を除く3人はこの後 National Health でその極上のスタイルをさらに極限まで押し進めて行く。

Delivery - Fools Meeting (Cuneiform RUNE115, 1999) amazon.co.jpへ

Delivery Fools Meeting
Steve Miller (p), Phil Miller (g), Pip Pyle (ds), Roy Babbington (b), Carol Grimes (vo), Lol Coxhill (sax)
今や錚々たる面子のデビュー作で Hatfield and the North のルーツとなるバンドの唯一のアルバム。1970年録音。長らく入手困難状態だったが、あの Mike King の尽力により、リマスター&ボーナス・トラック入(シングル、ライヴなど、日本盤のみ1曲追加)で待望のCD化が実現。
ヴォーカルの Carol Grimes がジャニス・ジョプリン風なこともあり、カンタベリー・ジャズ・ロックというよりブルース・ロックに近い。Steve Miller は英国ブルース界の大物アレクシス・コーナーとも交流があった。とは言え、初期キース・ジャレット作(チャールズ・ロイド「Love-In: Live at the Fillmore Auditorium」に収録)のジャズ・ロック・インスト "Is It Really The Same" 等、随所に後に開花する要素が垣間見える。アルバム全体の出来も期待に違わず非常に良いので、未聴の方には是非お薦めしたい。

Steve Miller/Lol Coxhill - Coxhill/Miller. Miller/Coxhill. (Caroline C1503, 1973)

Steve Miller Lol Coxhill サックス奏者 Lol Coxhill との連名LP。"One For You"Dave Stewart 以外の3人が初めて一同に会し Hatfield の原形となったレアな音源。しっとりとした静と高揚する動の振幅のある味わい深い即興演奏。Steve Miller 主導のためか、Hatfield らしさは未だ見られない。その4人に Coxhill が加わった "Will my thirst play me tricks?/The ant about to be crushed ponders not the where withal of bootleather" はフリー・インプロ。"Chocolate Field" は、助っ人として参加した CaravanWaterloo Lily"Songs and Signs" と同じメロディである。

Lol Coxhill とLP両面を分け合ったのはもう1枚ある。「The Story So Far.....Oh Really?」(Caroline C 1507, 1974)Kevin Ayers, Robert Wyatt が参加した1曲はワイアットの拾遺集「Flotsam Jetsam」で聴ける)。両盤とも穏やかな良いアルバムだ。それほど前衛的ではない牧歌的フリー・ジャズとでも言おうか。

Steve Miller は表立った活動はほとんどなかったものの、カンタベリー・ミュージックの源流の一つ Delivery の中心人物でもあり、今思えばカンタベリー界の重要人物だった。
彼の詳しい略歴はこちらへ。

"One For You" のみ、上記 Delivery「Fools Meeting」のCD化の際ボーナス・トラックとして収録された。

追記:
Coxhill/Miller Miller/Coxhill "The Story So Far..." "...Oh Really?" --- 2007年、Cuneiform から2枚組ボーナストラック付でCD化なる。

Hatfield and the North (Virgin CDV2008, 1974) amazon.co.jpへ

Hatfield and the North
The Stubbs Effect / Big Jobs (Poo Poo Extract) / Going Up To People And Tinkling / Calyx / Son Of "There's No Place Like Homerton" / Aigrette / Rifferama / Fol De Rol / Shaving Is Boring / Licks For The Ladies / Bossa Nochance / Big Jobs No. 2 (by Poo And the Wee Wees) / Lobster In Cleavage Probe / Gigantic Land-Crabs In Earth Takeover Bid / The Other Stubbs Effect

CD bonus tracks : Let's Eat (Real Soon) / Fitter Stoke Has A Bath [single version] (from 7' single, rec. Oct 1974) / Your Majesty Is Like A Cream Donut (incorporating Oh What A Lonely Lifetime) (from 'V', rec. Oct.1974)
メンバー各自が持ち寄った長短様々な曲が切れ目なしに次々とつながっていくカンタベリーらしい構成。

"Calyx"Robert Wyatt がヴォーカルをとる。これは転落事故後の初録音である。


The Rotters' Club (Virgin CDV2030, 1975) amazon.co.jpへ

Hatfield and the North Rotters' Club
Share It / Lounging There Trying / (Big) John Wayne Socks Psychology On The Jaw / Chaos At The Greasy Spoon / The Yes No Interlude / Fitter Stoke Has A Bath / Didn't Matter Anyway / Underdub / Mumps [Your Majesty Is Like A Cream Donut (Quiet) / Lumps / Prenut / Your Majesty Is Like A Cream Donut (Loud)]

CD bonus tracks : (Big) John Wayne Socks Psychology on the Jaw [studio version] / Chaos at the Greasy Spoon [studio version, edited] / Halfway Between Heaven and Earth [live at Rainbow Theatre, 1975.3.16, vocal overdubbed] / Oh, Len's Nature ! [live in Lyon and Toulouse, France, 1975.2.8,11] Lything and Gracing [live in Lille, France, 1974.6.19] (from 'Afters')
前作がモヤモヤ混沌としているのに対し、スッキリ洗練され聴きやすくなった。一曲ごとの完成度が高くメリハリがある。そのせいだろう、一般的に名作とされ人気があるのがこのセカンド・アルバムの方だ。


Various Artists - V (Virgin VD2502, 1975)

hatfield and the North V
Your Majesty Is Like A Cream Donut (incorporating Oh What A Lonely Lifetime)[rec. Oct.1974]
ヴァージン・レーベルの2枚組サンプラー・アルバム。未CD化。Mike Oldfield "Don Alfonso"Steve Hillage "Pentagramaspinn" 等、貴重な音源を含む。

Hatfield のこの曲は上記「The Rotters' Club」収録曲の別ヴァージョン。"Oh What A Lonely Lifetime"(R.Sinclair 作、ヴォーカル入り)は正式にはここでしか聴けない。この曲のためだけでも入手する価値はある。(追記:2009年の1st再発盤に収録)

Live 1990 (Code 90 NYNETY6, 1993) amazon.co.jpへ

hatfield and the North Live 1990
Share It / Shipwrecked / Underdub / Blott / Going For A Song / Cauliflower Ears / Halfway Between Heaven And Earth / 5/4 Intro / Didn't Matter Anyway
1990年3月30日ノッティンガムで行われたただ一度の再結成ライヴ。この時の映像は日本でもWOWOWで放送された(DVDでも発売済)。ただし、Dave Stewart 不参加で、代わりに Pip Pyle's L'Equip' Out に参加していたフランス人女性ジャズ・ピアニスト Sophia Domancich が参加。そのためか全体にジャズ色が濃くなっており、Pip Pyle による新曲 "Shipwrecked" のピアノ・ソロの部分では珍しくも4ビートでスイングしたりしている。苦言を呈すと、Domancich 作曲の "Blott" はテーマが陳腐なフュージョン風だし、ストレートなジャズっぽい演奏も Hatfield には相応しくないと思う。この再結成では、MCも担当している Pip Pyle の指向が強く出たのかも知れない。
Hatfield and the North Live 1990 お馴染みのナンバー以外に新曲の割合が多い。"Going For A Song" のオリジナルは Richard Sinclair「Caravan of Dreams"Cauliflower Ears"Pip Pyle's L'Equip' Out「Up! の収録曲。Dave Stewart の曲は全く取り上げられていない。

Pip Pyle - 7 Year Itch (Voiceprint VP198CD, 1998) amazon.co.jpへ

Pip Pyle 7 Year Itch
Seven Sisters / Chinese Whispers / Strawberry Fields Forever / Seven Year Itch / I'm Really Okay / Once Around The Shelves / Long On / Shipwrecked (With Idle Hands) / L'Etat Des Choses / Foetal Fanfare Fandango
Hatfield "Fitter Stoke Has A Bath"National Health "Binoculars"(どちらも Pip Pyle 作。ここ参照)に通じる、うねうねとしたメロディを持つ歌ものが中心の初ソロ・アルバム。タイトルは出来上がるまでの長い道のりを表すと共に、マリリン・モンローの映画「七年目の浮気」の原題でもある。イントロがマイルスの "In A Silent Way"(Joe Zawinul 作)みたいな1曲目で Hatfield の4人が久々に結集。Jakko, Stewart & Gaskin, John Greaves, Hugh Hopper, Elton Dean などのカンタベリー・オールスターの他にフランスのミュージシャンも多数参加している。
Dave Stewart & Barbara Gaskin の色が濃く出たビートルズのカヴァー "Strawberry Fields Forever" では、後半の混沌とした展開の中で National Health"Phlakaton"(口ドラム・ソロ、Of Queues & Cures収録)が顔を出す。上記「Live 1990」で発表済の "Shipwrecked" は、Jakko のヴォーカル、Dave StewartPhil Miller のソロをフィーチャーした名演。Hugh Hopper がファズベースを効かせ1984を思わせるサウンド・コラージュ "L'Etat Des Choses""Seven Year Itch" ではダーク・サイドを、最後の "Foetal Fanfare Fandango"L'Equip' Out収録曲)は陽気なブラス・バンド、と多彩な面を見せる。

Hatwise Choice : Archive Recordings 1973-1975, Volume 1 (HATCO-CD73-7501, 2005) オフィシャル・サイトで買う

Hatfield and the North Hatwise Choice 待望の未発表音源集。メインとなるBBC音源(トップ・ギア・コマーシャル含む)の他に、以下のライヴ音源も少しずつ収録。
1973.4.5 - Rotterdam / 1973.9.21 - Paris / 1974.3.29 - Emmen / 1974.6 - Amsterdam / 1975.3.16 - Rainbow Theatre, London
さらに、1st録音以前のデモ1曲がボーナス・トラックとして入っている。
曲名がほとんどおふざけになっているから、何の曲なのか聴いてみるまでわからない。というか、わかる人にはわかる?(ジャケットをクリックすると拡大表示し、曲名の確認ができます。4人のサイン入り)

Hattitude : Archive Recordings 1973-1975, Volume 2 (HATCO-CD73-7502, 2006) オフィシャル・サイトで買う

Hatfield and the North Hattitude 未発表音源集第2弾。新たに発見(!)されたテープのおかげで、続編とはいえ音質も良く大変に充実したものとなっている。今回もBBC音源とライヴ音源で構成。40時間に及ぶライヴテープの中からベストな部分を選び出し、スムーズに流れるような編集を施したのは、故 Pip Pyle(2006.8.28 死去)。

Extracts from radio sessions:
1973.1.22 - Sounds Of The 70's
1974.3.19 - Top Gear
1974.11.21 - John Peel Show
Live tapes:
1973.4.6 - Paradiso, Amsterdam, Netherlands
1974.6.4 - Lantaren, Rotterdam, Netherlands
1974.6.6 - Gemeentehuis, Epe, Netherlands
1974.6.8 - Paard van Troje, The Hague, Netherlands
1974.6.9 - Melkweg, Amsterdam, Netherlands
1974.6.14 - Salle des Fetes, Orleans, France
1974.12.17 - Ostend, Belgium
1975.2.8 - Lyon, France
1975.2.11 - Toulouse, France
1975.3.16 - Rainbow Theatre, London ---> 'Cheap Philosophy'

1st録音以前のデモが前回に引き続き1曲入っている。Volume 3 も出る?


Hatfield and the North BBC sessions and live dates 1972-1975
BBCセッションおよびセット・リストが判明しているライヴ・データを録音順に整理

Other Albums

Afters (compilation) (Virgin, 1979)

bootlegs :
Cheap Philosophy (Highland HL398)
NbH (Canterbury Dream CTD-010)
V. A. - The Canterbury Tapes (OH BOY 2-9031)
V. A. - Canterbury Live Tapes (CP-001)

2009.7.29

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close