生きぬくことは冒険だよ (集英社文庫)



お散歩ブック―daily a walkアルパインクライミング (ROCK & SNOW BOOKS)キャンプ―日本軍の捕虜となった男生きぬくことは冒険だよ (集英社文庫)和菓子で楽しむ東京散歩―大福、もなか、どら焼き…なごみお菓子で江戸あるきお散歩もお泊まりもペットといっしょ! (’08-’09) (マップルマガジン)東京周辺自転車散歩六十歳から百名山バスフィッシング入門―確実にバスを手にするためのスーパー・テクニック (Outdoor BOOKS)ヒマラヤ旅の玉手箱


生きぬくことは冒険だよ (集英社文庫)
生きぬくことは冒険だよ (集英社文庫)

ジャンル:
セールスランク:307952 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 500 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

アルプス三大北壁

 1992年に出た単行本の文庫化。
 長谷川恒男がウルタル2峰で遭難死してから5ヶ月後、未発表の原稿が自宅から出てきた。アルプス三大北壁の単独初登攀を成し遂げたときの記録であった。それに、ナンガパルパット単独登攀の際のトランシーバー交信の記録、講演録、インタビューなどを加えて一冊としたもの。
 長谷川の内情が隠すことなく描かれている点が面白い。登山に取りかかる前の倦怠感や恐怖、登攀中の逡巡や臆病さ。心の弱さが吐露されているのである。しかも、まったく飾りがない。
 登山記でここまで素直に書かれたものは少ない。その意味では面白かった。
 登山家としての魅力のある人だ。
 ただ、文章には食い足りなさが残る。



集英社
北壁に舞う
長谷川恒男 虚空の登攀者 (中公文庫)
マッターホルン北壁 (中公文庫BIBLIO)
ヒマラヤを駆け抜けた男―山田昇の青春譜 (中公文庫)
みんな山が大好きだった







         
         

         
         

close