JAKKO (Jakko M. Jakszyk)

Jakko Jakszyk
64 Spoons というローカル・バンドでデビュー。Dave Stewart の大ファンで、デモ・テープを送ったのがきっかけでデイヴとの交流が始まる。1980年頃、Dave Stewart, Pip Pyle, Rick Biddulph と共に Rapid Eye Movement というバンドを組んでライヴ活動を行っていたらしいが、レコードにはなっていない。Dave Stewart & Barbara Gaskin ではメイン・ゲストとして活躍。Level 42 の準メンバーだったこともある。他にも歌手/ギタリスト/作曲者/プロデューサー/エンジニア等で各所に顔を出す。最近では Pip Pyle「7 Year Itchの3曲でリード・ヴォーカルをとっている。
ソロ作品は、80年代の臭いプンプンで打ち込みが目立つものの、良質なポップ・ロック(ひねくれ度/カンタベリー度は少ない)。だが売れなかった。歌唱力抜群でやけに爽やかな歌声(曲調ともども Nik Kershaw に似てると思う)。ギターはホールズワース系。
Mike Giles (King Crimson) の娘と結婚したそうです。その縁からか、クリムゾン同窓会バンド 21st Century Schizoid Band に加入し、ギター&ヴォーカルで活躍。
さらにその延長でクリムゾン・プロジェクト(Scarcity of Miracles)に参加。そしてついに本家に正式加入してしまった。(Live at the Orpheum / Live in Toronto / Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind / Live in Vienna / Live in Chicago / Meltdown: Live In Mexico

参考サイト

Jakko M. Jakszyk - The Bruised Romantic Glee Club (Iceni ICNCD 2007, 2006) amazon.co.jpへ

Jakko Jakszyk Bruised Romantic Glee Club CD 1 - NOW: The Bruised Romantic Glee Club / Variations on a Theme by Holst / Catley's Ashes / When Peggy Came Home / Highgate Hill / Forgiving / No One Left To Lie To / The Things We Throw Away / Doxy, Dali and Duchamp / Srebrenica / When We Go Home

CD 2 - THEN: As Long As He Lies Perfectly Still (Incorporating: That Still and Perfect Summer / Astral Projection In Pinner) [Soft Machine] / Pictures of an Indian City (= Pictures of a City) [King Crimson] / Nirvana for Mice [Henry Cow] / Islands [King Crimson] / (Nine Funerals of) The Citizen King [Henry Cow] / Soon After

featuring: Mel Collins, Robert Fripp, Mark King (Level 42), Danny Thompson, Gavin Harrison (Porcupine Tree), Hugh Hopper, Dave Stewart (Egg, Hatfield), Ian MacDonald, Ian Wallace, John Giblin, Gary Barnacle, Clive Brooks (Egg), Pandit Dinesh (Dizrhythmia), Caroline Lavelle


Waves Sweep The Sand (CD-R)
A collection of songs and instrumentals that are all related to, or were intended for the album that became "The Bruised Romantic Glee Club"


Who's Fooling Who (STIFF SBUY 198, 1984)

Jakko
b/w: A Grown Man Immersed In Tin Tin
80年代にはポップなシングルを数多く発表したが、全く泣かず飛ばず。そのうちの1枚。12インチ・シングル。B面(電話の声で参加してる Peter Blegvad との共作)はAre My Ears On Wrong?に収録されたが、非常にポップなA面はアルバム未収録。Dave Stewart プロデュース。→シングル・リスト

The Lodge - Smell of a Friend (Antilles: ANCD 8711, 1988) amazon.co.jpへ

Lodge Smell of a Friend
Solitary / The Song / Not All Fathers / Smell of a Friend / Match Girl / Swelling Valley / Old Man's Mood / Milk
Kew. Rhoneの流れを汲む John Greaves, Peter Blegvad, Anton Fier, Kristoffer Blegvad, Lisa Herman によるユニット。John Greaves がソロでリメイクする曲も多く、名曲ぞろいで大好きなアルバム。ブレグヴァド(詞)&グリーヴス(曲)のコンビが作る曲の良さがわかりやすい。実験的でありながらもポップで、ロックしてる。Resurgence から別ジャケットで再発された。

Kingdom Of Dust (Resurgence RES 101CD, 1994) amazon.co.jpへ

Jakko Kingdom Of Dust
The Hands of Che Guevara / Drowning In My Sleep / It's Only The Moon / The Judas Kiss
4曲入ミニ・アルバム。元 Japan のメンバー Mick Khan, Richard Barbieri, Steve Jansen の録音に Jakko がオーヴァーダブしたもので、曲も共作になっている。Jakko 名義だが実質的にはこの4人が対等の関係で作られたもののようだ。

Mustard Gas And Roses (Resurgence RES 103CD, 1994) amazon.co.jpへ

Jakko Mustard Gas And Roses
Just Another Day / Little Town / The Devils Dictionary / Damn This Town / The Borders We Traded / The Perfect Kiss / Saddleworth Moor / Learning To Cry / A Handful Of Pearls / Then And Now / Mustard Gas And Roses / We'll Change The World
カンタベリーしてるインスト曲 "The Devils Dictionary" が何と言っても聴き物。他にも、アップテンポでカッコいい "Just Another Day", "The Perfect Kiss" 等、なかなかの佳曲揃い。感じとしては Bruford「Gradually Going Tornadoのヴォーカル曲に近いと思う。
featuring Richard Barbieri, Sam Brown, B.J. Cole, Lyndon Connah, Andy Crawford, Gavin Harrison, Steve Jansen, Mick Karn, Ed Poole, Danny Thompson

Are My Ears On Wrong? (Resurgence RES 110CD, 1995) amazon.co.jpへ

Jakko Are My Ears On Wrong
Dangerous Dreams / Drowning Not Waving / Are My Ears On Wrong? / Judy Get Down / I Can't Stand This Pressure / A Camera In Your Eyes / Cover Up / A Grown Man Immersed In Tin Tin / Shout / Sighing For The Moon / Happy In The Homelands / Tell Her / When The Taps Run Dry / Dangerous Dreams (Extended nightmare version)
80年代にリリースしたシングルと未発表曲を集めたコンピレーション盤。"Judy Get Down"Anthony More (Moore)「Flying Doesn't Helpからのカヴァー。→シングル・リスト
featuring Dave Stewart, Barbara Gaskin, Gavin Harrison, etc.

Jakko M. Jakszyk - The Road To Ballina (Resurgence RES 127CD, 1997) amazon.co.jpへ

Jakko Jakszyk Road To Ballina
彼自身の複雑な生い立ちを描いた個人的ドキュメンタリーで、BBCラジオで放送されたものの再演。64 Spoons の音源が使われていたりスリリングな演奏も一部あるが、大部分は語りとニューエイジ風インストで構成されていて、よほどのファンか英語に堪能でないとツライ。
featuring Mark King (Level 42), Caroline Lavelle, Gavin Harrison, Gary Barnacle, John Thirkel

Dizrhythmia - DIZrhythmIA (Resurgence RES 117CD, 1988) amazon.co.jpへ

Jakko Dizrhythmia
Gavin Harrison (ds,perc), Danny Thompson (double-b、元 Pentangle), Pandit Dinesh (perc), Jakko の4人によるグループ。ゲスト多数参加(Dave Stewart 含)。
インド風ニュー・エイジ・ミュージック。2曲のみ歌もの。"A Grown Man Immersed In Tin Tin" の別ヴァージョンも収録。これは再発盤で、オリジナルは Antilles レーベルから1988年発売。

Gavin Harrison - Sanity & Gravity (Resurgence RES 128CD, 1997) amazon.co.jpへ

Jakko Gavin Harrison Sanity & Gravity
Dizrhythmia に近いが、それよりカンタベリー度は高い良質なインスト・アルバム。Dizrhythmia 同様にインド人が何人か参加していることもあって、エスニック風味があり、時にはウェザー・リポートやザッパみたいなところも。Jakko 参加は1曲のみ。Dave Stewart も2曲でクレジットされている。大半の曲を共作しているのは Aztec Camera とも繋がりのある Gary Sanctuary (key)。他に元 Japan の Mick Khan, Richard Barbieri も参加。Gavin Harrison は、Dave Stewart & Barbara Gaskin, The Lodge, Dizrhythmia, Jakko のソロ等に関わり、Porcupine Tree を経て現在は King Crimson のメンバーになっている。

Other Albums

64 Spoons - Landing on a Rat Column (Freshly Cut Records: FCR1CD, 1992)
Silesia (Chiswick Records:TOSS-3630, 1982)
The Kings of Oblivion - The Big Fish Popcorn (Bam Caruso: KIRI064, 1987)
Tom Robinson & Jakko Jakszyk - Blood Brother (Castaway Northwest: CNWVP 001CD, 1997)
21st Century Schizoid Band - Official Bootleg Volume One (SB 001, 2002)
21st Century Schizoid Band - Live in Japan (with DVD) (Universal, 2003)
21st Century Schizoid Band - Live in Italy (SB 003, 2003)
21st Century Schizoid Band - Pictures of a City: Live in New York (2CD) (Iceni, 2006)
Dizrhythmia - Dizrhythmia Too

Singles

THE CHISWICK AGE (1982)

* The Night Has A Thousand Eyes
b/w Something Tells Me
(CHISWICK: DICE 1)
* Straining Our Eyes
b/w Fall To Pieces
(CHISWICK: DICE 7)
* Grab What You Can (Biez Co Mozesz)
b/w I'd Never Have Known
(CHISWICK: DICE 14)

THE STIFF AGE (1983-1984)

* Dangerous Dreams
b/w Opening Doors
(STIFF: S Buy 183)
* Who's Fooling Who
b/w A Grown Man Immersed In Tin Tin
(STIFF: S Buy 198)
* I Can't Stand This Pressure
b/w Living On The Edge / Cover Up
(STIFF: Buy It 208)

THE MDM AGE (1986)

* Learning To Cry
(Extended Re-mix)
b/w Learning To Cry (The Gregorian Mix)
(MDM: MDM 4-12)
* Judy Get Down (Extended Mix)
b/w This Old Man (Extended Mix)
(MDM: MDM 11-12)
* Dangerous Dreams (Extended Re-mix)
b/w Little Town (Extended Re-mix)
(MDM: MDM 14-12)

Thanks to ** sight **

last updated: 2018.12.25

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close