Montz' Newsletter 松本もんつ情報

※このページの画像はクリックすると拡大します(一部のぞく)
 

松本もんつ プロフィール

松本もんつ / Matsumoto Montz
5弦バンジョーを弾くシンガーソングライター。1987 年「高石ともやとナターシャーセブン」に参加。その後、チェンナイにて南インド古典声楽とリズム理論を習得し、アジアや英語圏各地で演奏しつつ放浪する。 1996年、CD『わすれていたにおい』発表。1997年、ピーター・ローワン沖縄ツアーに参加。2002年、オーストラリアに移住。2003年「フラン シスフォークギャザリング」ミュージシャンシップコンテスト1位受賞、翌年には同バンドコンテスト1位受賞など、オーストラリアでも高い評価を受けている 異色のバンジョー弾き。2007年、2枚目のCD『Banjo Moon』発表。
松本もんつのCDは、CDのページで試聴できます!


 
最新情報
※画像はクリックすると拡大します   
 
松本もんつ・うずら音楽舎のイベント情報などをメールで配信しています。登録を希望される方は、メールの件名欄に「うずら・もんつ情報希望と記入、本文欄に「あなたの住所・氏名」を書いて、うずら音楽舍へ送信してください。

2016年10月18日

松本もんつの公式ホームページが出来ました!
http://montzbanjo.com
2016年11月22日
  一ヶ月のツアーから帰って来た所です。ドリゴというニューサウスウェールズの小さな街のブルーグラス&フォークフェスティヴァルで演奏した後、アンド リュークレアモント、ポールウーキーとの三人で13本の演奏、そしてオージーのプレミアブルーグラスフェス、マウンテングラスで演奏し、昨日帰って来たと ころです。一月ものツアーは初めてで、疲れる事もありましたが、素晴らしい経験でした。今夜はホーバートのバーで演奏、そしてこの週末にはまたザピッグズ との演奏で、シドニーへ飛びます。年末にはウッドフォードフオークフェスへ行きます。こんな具合で、演奏一杯の日々です。ではまた。もんつ
2014年12月9日
  皆さん、お元気ですか。僕は元気です。ザ・ピッグズは新アルバムのレコーディングを終えたところです。今回は録音前のリハーサルや打ち合わせに今までより ずっと時間をかけ、僕もかなりプロデュースに関わりました。全曲ライブ録音、ヴィデオも殆ど同時に撮っています。タスマニアでの僕のバンド、 Voicestringsはこの日曜日にハウスコンサートをします。メンバー全員、他のバンドもやっているのでなかなか都合が会う日が無く、思うようにラ イブやリハーサルが出来ないのですが、1月のシグネットフォークフェスティバルでも演奏します。それから先月オージーで一番長く続いているブルーグラス フェスティバル、Mountaingrassに初めて参加しました。日系オージーのPete Denahyとの演奏で、彼は一昨年からタムワースカントリーミュージックフェスでBluegrass Breakfast Showをやっており、これから彼との演奏も増えていきそうです。ではまた。もんつ
2014年8月11日
  最近、フィドラーのRoss Smithard,そしてギター、ベースのRoss Sermonsと組んで演奏を始めています。2人ともほぼ同年代で、色々経験を積んでいる人達なので、なかなかいい感じです。4月に、ホーバートにある MONAという美術館でアメリカのバンド Meat Puppets のコンサートがあり、この3人でその前座をやりました。
  8月3日には、家から20キロほど離れた所にあるWillie Smith's Cider Houseにて、Ross Sermonsと演奏しました。それから8月8日には、’91年にロンドンで一緒に演奏していたVincent Crossを迎えてシグネットでコンサートをしました。どれぐらいお客さんが入るのか心配でしたが、子供を含めて150人ほど、大盛況に終わりました。写 真はWillie Smith'sでの演奏、左端の尺八はViolent Femmsのブライアンリッチー氏です。
 5月にはザピッグズに以前住んでいたサウスオーストラリアでの仕事が 入ったので、僕は数日前に行って久々のソロライブをやりました。以前住んでいた街、ゴウラーのパブで演奏したのですが、バンジョームーンのアルバムでコー ラスをやってくれたクラウディ、ザ・ピッグズのドラムのシェイマスがパーカッションで参加してくれて、とてもいいライブになりました。ライブの後で、ふと気 がついた事は、ゴウラーの家に住んでいたのが9年、実家を除いてこんなに長く住んだ家はない。それからワイナリーでも7年働いた、これも他ではやっていな いこと。さらに、ザ・ピッグズに関わって7年、こんなに長く居たバンドは他にない...。オージーに来て長い時間がたったということを痛感したのでした。この 後、シドニーへ行きザ・ピッグズの新しいヴィデオを撮りました。御笑覧あれ。
http://www.youtube.com/watch?v=Lw6zjxH9aAk
2013年2月3日
  タスマニアに来て2年余りが過ぎ、ようやく暮らしが落ち着いた感じです。僕は恒例のタムワースカントリーフェスを終えたところです。今年は今までで最高の 反応をいただき、とても嬉しかったのでした。昨年は、ザ・ピッグズとの演奏がとても多く、ウェスタン・オーストラリアへも行きました。やはり沢山一緒に やったので、タムワースでの演奏もとてもうまく行き、僕にとっては今までで最高のザ・ピッグズのショウになりました。彼らの昨年のヴィデオには僕も控えめ に出ています。ご笑覧ください。 松本もんつ
http://www.thepigs.com.au/the-colour-of-the-light
http://www.youtube.com/watch?v=pfyWV3R9PXs
2013年1月8日
  あけましておめでとうございます。こちらの山火事のことは日本でも報道されているそうですが、山火事はタスマニアのあちこちで起きています。シグネットの 近くのジーブストンではひどかったようですが、幸い間に海があるのでこちらに火が移る心配はまずありませんでした。と言っても、燃え易い枯れ木や枯れ草が そこら中に有るので、火の後始末は必須です。猛暑は金曜日でした。38度、40度を超える超猛暑をサウスオーストラリアで体験している身には、それほど辛 くなく、寝苦しくもありませんでした。翌日には山火事の煙でシグネットの谷間は曇っていました。日光の色が変わってしまいました。そして気候が不安定な此 処、その後気温は少しづつ下がり続け、昨日は爽やかな夏日でした。そして今日の予報は最高24度、明日はなんと18度です。寒くなります。
もんつ 
お詫びとお知らせ
 CD『Banjo Moon』の一部に、ブックレット(英文解説書)が封入されていない不良品があることが判明しました。誠に済みません。そのようなCDをお持ちのお客様は、
郵送料当方負担でブックレットをお送り致しますので、お手数ですが、メールか電話(070-5500-1011)でご連絡ください。不備を心よりお詫び申し上げます。 うずら音楽舍/富田民人
2011年12月18日
  3月9日から12日、オーストラリアで開催される "Port Fairy Folk Festival" に、松本もんつがThe Pigsのサポートメンバーとして出演します。このフェスの出演者がすごい!Peter Rowan Bluegrass Band、Abigail Washburn (Bela Fleckの奥さん)、Pierr Bensusan、Sharon Shannon、Judy Collins、Chris Hillman & Herb Pedersen、などなど。超有名どころと同じステージで演奏する松本もんつに、乞うご期待!
http://www.portfairyfolkfestival.com/
2011年11月2日
「VOICESTRINGS」誕生。「ヴォイストリングス」という名前は昨年から使っていて、誰でとであれ僕が組むユニットには使うのだが、今回は来年1月のシグネットフォークフェスに向けてのトリオだ。
 ア イリッシュフィドラーのブリジットが、アイリッシュフィドル特有のリズム感について説明してくれた。長年練習しているがイマイチすっきり弾けない「カップ オブティー」という曲をジャムした後でのこと。 キチッキチッとビートを刻むのではなく、軽く弾みながらビートに乗るような感じで、'almost lazy'だという。そっか〜、そういえば、赤澤淳やケヴィンバークのフィドルは確かにそんな感じだなあ、と納得。音楽について言葉で説明するのは難しい し、時には不可能だが、こんな風に目の鱗が落ちたように納得できることもあるわけだ。
 ブリジットも、ギターのジョッシュも20そこそこの若者だが、素晴らしい感性と知識、技術を持っている。何よりもその大人びた態度に驚かされる。冷静にお互いに言うべき事を言い、受け入れる事が出来る人達だ。
  数年前、タムワースカントリーミュージックフェスでのこと。レギュラー出演していえる小さいヴェニューで出番を終え一息ついていると、横に座っていたオー ジー産インド女性のパーヴィンが歌詞を殴り書きしてあった紙切れを見つけ、声を出して読み始めた。「ずうっと、とおくへ、さまよいつづけて、、、」驚い た。よくもこんな汚い字が読めるもんだ。だが、オーストラリアでは学校で日本語を学んでいる人は結構いるのだ。 パーヴィンは素晴らしいシンガーで、僕の大好きなインド声楽を習得している。早速、頼んで翌日はハモを付けてもらった。ゾクゾクするほど気持ちよかった事 は言うまでもない。
 そして、一昨日、新ユニット「VOICESTRINGS」の練習にて。 ギターのジョッシュは歌いたがらない。フィドルのブリジットは「ハーモニーならやってもいい」と言ってくれる。「俺の日本語の歌やけど、、、」と言うと 「ひらがなで書いてくれたら読めると思うわ」と来たので、びっくり。さらに「去年2ヶ月、福岡にいたの」。。。
2011年10月26日
  お久しぶりです。タスマニアに引っ越して半年が経ちましたが、不安定な気候にはいまだ悩まされています。さすがにこの頃は夏っぽい日和もあるのですが、そ れが午後に急に寒くなったりします。今夜も薪ストーブには火が入っています。さて、YouTubeで観れる僕の映像を3つ、ご紹介します。
僕がサラマンカマーケットで出会った若きバンジョー弾きハリー君がアップしたもの
http://www.youtube.com/watch?v=P7-rUxAy7VM
こちらは昨年、アデレードの友人宅パーティーでのジャム
http://www.youtube.com/watch?v=gyrrc4iHqSg
自分の知らない所で、こうやってアップされています。見つけると嬉しいものです。失敗した演奏をアップされるのは嬉しくありませんが...。
3つめは、ピッグズのヴィデオ。僕は全く関係していませんが、なんと日本のテレビ番組に出演するという想定で作られています。
http://www.thepigs.com.au/index.php
ではまた。
もんつ


以下のページもご覧ください。
松本もんつ2006ー2010年のページ
松本もんつ2002ー2005年のページ