弓の持ち方



①初期段階(3-4歳でフォームを意識する段階)




 ちょっとブレました。。すみません

上記写真のように、鳥がクチバシの先でついばむように、優しく上下から挟み込むように持ちます。
この時、ギュッと握ってしまわないように。。に気を付けましょう。

また、上記写真のように、真正面からまっすぐはさむようにし、各指と弓の角度が90度くらいになる形になるように。。
に気を付けてください。この持ち方が出来ていると=無駄な力が入っていない。。という事です。

まずは(バイオリンの弓にはさほど力は必要ありません)無駄な力を入れず、やさしく
力を抜いて持つ。。をこちらで意識してみましょう。



②第2段階

 次の段階です。5歳以上の子はいきなりこちらが出来る事があるので、
余裕があるようでしたら、こちらからスタートもアリです。

上記の挟み込むような形から、親指に着目し、弓の銀色部分



に 「親指先」 を当てるようにして、90度近くしっかりと曲げるようにします。






③第三段階

 別頁へお進みください

第三段階 (簡易版)

第三段階 (詳細版)



TOPページへ


















close