表現(Hyogen)ライブ情報

表現(Hyogen)「琥珀の島」特設ページを公開

推薦者のコメント、制作のコンセプトなどを掲載しております。
ページより、数量限定アートボックス「琥珀の島」をご購入いただけます。

⇒琥珀の島、特設ページ

『琥珀の島』リリース記念演奏会にご来場いただいた方の感想を掲載させていただきます。
匿名にて掲載しておりますが、削除等をご希望の方は大変お手数ですがb1.hyogen@gmail.comまでご連絡ください。
なんてすばらしい音楽なのでしょう。これほどの感動はこの前はいつのことだったしょう。出会えてよかった。



琥珀の島リリースおめでとう。あの展示から今日の演奏を観れてとてもよかったです。
身体の全ての細胞がよみがえったような、生まれ変わったような気持ちになりました。ありがとう。



ライブが始まって数分で、いてもたってもいられなくなった。会場入口で販売していた表現(Hyogen)のCDが数枚だったことを思い出したからだ(実際はもっとあったけど)。今、自分の目の前で起こってる出来事をいつでも思い出せるように絶対に音源を手に入れなきゃと焦った。そして、幸運にもこの現場にいる自分は、誰かに伝えなきゃいけないという使命感のようなものが湧きおこっていた気もする。 そんな衝動にライブ開始数分でかられてしまうくらい表現(Hyogen)のパフォーマンスには魂を揺さぶられた。魂がどんなものかもよくわからないけど、揺れたね。
表現(Hyogen)のライブには人間がなぜ音楽を生み出したのか、その理由が秘められているようでならない。音楽の長い歴史の中で生まれた、喜びや悲しみや孤独や苦しみや怒りや切なさなどのさまざまな想いがすべて表現されてるような、音楽史の一大パノラマ。そんな圧倒的なライブでした。ありがとう。



琥珀の島からいのりの歌がきこえたような気がしました



目を開けて見えたのは、活き活きとしたライブ。目を閉じて聴こえたのは…。楽しめました。ありがとう。



琥珀の島CDリリースおめでとうございます。言葉にはできない程素敵な演奏会でした。



会場の雰囲気と、温かみのある緊張感で、すばらしい空間でした。私の故郷でもある香川のことを少しだけ想いながら、なんとなく1月の寒さを感じることができました。ありがとうございます。素敵な新年になりました。



向こう岸をうたう歌がすてきでした。



すばらしかったです。音楽を流木のようだと感じました。若い息吹があって、朽ちてゆく陰影もあって、偶然にからまりまって居場所をつくる。流されて島にたどりつく流木のようで、きっとそれは船なんだとも思います。



琥珀の島を旅した感覚になりました。よい旅をさせてくれてありがとう。



幻影のような音がそこに息づいていることを改めて気づきました。



聴かせていただきました。観せていただきました。4人がひとりひとりしっかりと生きている姿が絵になっていました。
今後も頑張ってください。応援しています。



前半さいごの曲。なみだ。とても繊細なバランスでできているんだなあと思いました。青い空とか・・・あるいは、小さな波とか・・・そういうものを想像しました。あと二曲目、麦さんのソロで始まる曲、なんか好きでした。空也さんが のぶし みたいでかっこよかったです!☆



4つの楽器から産み出される音で、こんなにも表情の違ったハーモニーになるなんて素敵だね。前半にやったラテンっぽい曲が好きでした。真由の空に抜けていきそうな歌声もキレイすぎてビックリだったよ。今日、このホールで「表現」の皆様が醸し出す雰囲気が今まで味わったことない空気感で、新鮮で、2014年の始まりに素晴らしいものを聴かせていただきありがとうございました!!また、ききに行きたい◎



美しい!!水で洗われる時間です。この活動の素晴らしさをみまもりつづけたい。この音に織物に身をゆだね続けたいです。



空にイチバン近い海にプルンッ!と浮かぶ音楽。今日ここで聞けたことに感謝!ありがとう!☆写真もいいですね。



丁寧に確かめながら音を発してくれるからか、異物感がないんです。体の中に溶け入るというか。具体的な情景ではないんだけれど、確かに、いつかのどこかの記憶と、なんでしょうか、懐かしいというよりスーッと現出してくる、あー、そうか、過去でもあるけれど、確かにある未来の情景なのかもしれない。ちょっと支離滅裂でごめんなさい。自然に、進んでいこう、と思いました。



震えたどっか震えた生音だ….ナ二聞いてんだろ?今.hyogen
目を閉じてはいけない。魅せられてる。見せられてるんじゃない。目がかわく、胸がいたい、救われたい……
静かに呼吸してる、アニメだ!!ドラマじゃない。演奏ってデカイ…声のひびきでか、歌っている口の向きからかわかんないけど、すっげぇ広い広い、広く感じる。世界が、空間が。過去を少し思い出してきてる。思い出せる。スポンジの水が。でもこれって誰の?だれの思い出なんだろうか?優しくなる。優しくなれる気がする。でも優しいって意味を忘れてる気もします。耳をすます。正直な話、人の多い場所では「ドウキ」が出てくる。落ち着けないんだけれど、人が多いというのも悪くないのだと思える。静かで時が止まる。「金閣寺」(三島由紀夫)に出てくる鳳凰みたい。時の中にただ羽を上げて、その中に羽ばたいている鳥だと思います、思いました。ごまかさない強さ、素直の弱さ、素朴のよわさ、純すいの強さ、無邪気…目がくもる、目がかすむフィルターが出る、できる。曲が終わった後にする深呼吸が、生まれて初めてする呼吸みたいに新鮮で、自分に少しびっくりしますね。「私は、生まれ直している」ースーザン・ソンタグ
自分が、どんな顔をしていたか、すごく不安です。



自分たちの音楽を確立しましたね。身体と心にしのびこむリズム、今回はリズムを楽しみました。いつの間にか身体にはいってきて、中でたゆたったり、うずまいたりして抜けていく感じが気持ちよいです。アルバム聞くの楽しみです。
コンセプトが物語としてつながったことで、表現の出自、原点、アイデンティティーが眼前にはっきりしてきたこと、驚きと喜びを以て受けとめました。なつかしい、でもこれまでどこにもなかった世界が音によって産み出され、いつでも帰って行くことができるのはうれしいことです。物語の力の偉大さにも改めて気づかせていただきました。これからの、帰る、或いは出発するところを持った皆さんのご活躍をお祈りします。私もやってみよう。



以前東京インプログレスで演奏を聞きました。教会で聞くのにぴったりですね。ふわーっとした曲調でステキです。アルバムのコンセプトもとてもよいですネ。これからもがんばって下さい。



会場の雰囲気と相俟って童話の中にいる気分になりました。



2度目のライブ観賞です。一瞬一瞬の緊張感と、四者四様の佇まいがとてもオリジナルです。この4種類の楽器の調和が、アンサンブルというよりも、しゃべったり、笑ったり、おこったり、など生き物のよう。



公哉、空也、麦、真由ちゃんへ
本日はおめでとうございます。またこの場所で目撃できたこと、感無量でした。しかしー、前回と全然違ったよー。約2年か…。それから岩坂さんに会えたこと、とにかく最高な2014年が確定した空気でした。世界を照らす音たちこれからもよろしくです。



こだいからのこえ みらいからのこえ いまではないいつか ここではないどこか てんからのこえ みなそこからのこえ
すばらしいときをありがとうございます ほこりにおもいます



音や声が、これほど劇的だったと感じる程、豊かな気分に浸ることができました。日常の生活に潜む音に情念がこもっている様が、よく伝わって秀逸です。消えゆくものの音で紡ぐ物語は、祈りに通ずるものだと感じました。よかったよかった!!



4つの音が等しく聞こえました。調和に向かって 時々 いない誰かの気配や ない音が聞こえたような そんな時間でした



木としっくいの色、カラメルのように温かな照明、スコットホールの持つ色が表現の持つ音と本当に良く響いてる気がします、絵はがきの中から歌が聞こえるような景色です。茶会記でのプレビューから心待ちにしていた「琥珀の島」を手に取ることができた喜びと、今までのようにライブでしばしば会うのが叶わなくなる(それは私の仕事の事情もありますが…)の両方のさみしさが混ざった気持ちです。しかし、今日までの演奏と、CDと、今日ここで聴いた音楽が再会の約束だと思って、空也くんの活躍を楽しみにしています。また「ひとしずく」聴きたいです。秋には空也くんのこと聞いていたのにやっぱりさみしいです。必ずまた会いましょう。



美しい音色と響き、貴重な時間でした。ありがとうございます。今後とも応援してます。
P.S. 大好きな「無風」がアンコールでうれしかったです☆



今までの人生で見たライブの中で一番美しいライブでした。最高でした。最後のアンコールで泣いた。CD大事に聞きます。



とても心地の良い時間でした。毎回どのような音を奏でてくれるのか楽しみにしています。これからも、末永く、良質な音を紡いでいって下さい。



楽器だけでなく、そこにある全てが音楽の一つになっていて、おどろきがありました。また、みなさんがとても心地よい美声で現実逃避できました。まさに心が洗われるような感じでした。他にはない音楽、これからもたくさん広めて下さい。



来てよかったです。今日もひきこまれました。3rdAlbumリリースおめでとうございます。自分勝手にも、情景が浮かぶようなこともあり、音を紡いでかみしめるようなこともありました。前半、チェコのような(例えではありますが架空といういみで素敵でした)味わいも感じられました。空也さんの陶もこれから大注目ですね。表現さんも表現さんのままでいらっしゃいつつほんとにたくさんの方々におきかせいただきたく思います。I love 表現さん。I love Music。あ!NO 表現 No Music!!



ステキな夜会でした。



オープニングから感動しました。凄い次元に必然的に辿り着いたとともに、日本の、世界の、最重要音楽家集団であること間違いないですね。幅広い世代の客層も素敵です。勇気を頂きました。



演奏、ありがとうございました。11月の新世界でのときも感じたのですが、紹介文にかいてあった“未知の故郷”という言葉を私も感じておりました。ダンディな曲も、ラグジュアリーな曲も、どこか、喜びにあふれていると感じられるのは、どの音楽も、人々の言葉や、風景、思い出、色々なものを“讃えている”ような、そんな佇まいというか…。だから、いつも、聴いたあと、幸福になるのだな、と実感しました。本当に本当に素晴らしかったです。ありがとうございました。
P.S.巨人達の国々も思い出しまして…。なつかしいけれど、新しく、美しかったです。これからも、どうぞ、よろしくお願いします。



本日はありがとうございました。おそれおおいですが、同じ音楽を奏でる者として、一、人間として、表現の音楽に出会えて私は救われました。これからもまた、素敵な音の空間にいざなって下さい。家に帰ってCDききます。



とてもよかったです。聴かせていただきありがとうございました。会場と音楽がよく合っていて、あたたかみがありながら洗練された雰囲気のライブでした。前半の、インストゥルメンタルな曲がとてもすてきでした。風が吹いたり草が生えたりしている海辺の風景を思わせました。英語の歌詞の曲も面白かったし、向こう岸の曲も素晴らしかったです。どの曲も初めて耳にする全く新しいものでありながらどこか懐かしさを感じさせるもので、これは表現に一貫したスタイルだなあと思いました。今後のご活躍をお祈りしています。



よくぞ辿り着いて下さいました。表現の音楽はとても初原的な、我々の記憶と結びついているので、自分がどこかで出会った人々や、場所や、音楽のさらにそのまた前の、記憶や風景と再会させてくれるようです。アコーディオンの送風は、海辺の風のままに、波をひきよせますし、ギターのつま弾きはその浜辺の磯のカニや貝が遊んでいるようです。アコーディオンを弾く真由さんの指がさんごのように見えたと言っては言いすぎかもしれませんが。僕が表現の音楽を信用できる音楽と思えるのは、あなた方が立っている、その地平のためなのだと再認しました。今日は友人をつれてこれませんでしたが、この音楽は是非とも、人々に伝えねばと思っております。今日の音楽も、一つの完成のように思えますが、以前、プレできいたときより、更に先を見せてくれたとも感じます。きみやさんには木靴をはいて、ふみならしてもらいたいし、ベースの方の陶芸も見てみたいですね。ベースは音楽の器のようなものなので、あうはず。思うがままに書きましたが。とにかくありがとう。



ひつじの毛のマフラーを使っています。それは、じわりとしたあたたかさなのですが、今日の演奏もそんなかんじでした。すごくゆうがな舞台なのでゆったりした心持ちで聴き入っています。子どもたちがたくさんいるのもなんだかいいですねー。よい音楽会はじめをありがとうございました。



映像のような音楽を感じます。閉じられた島。



1セット目は、涙という曲がとても美しいと思いました。(すべて素敵ですが)



色々な意味で、とてもワクワクする出来事が起こっていっている気がして涙が出ました。ありがとうございました。



2時間の映画の1時間45分程の所で流れてきてラストシーンの前で一度止む。主人公ひと言。もいちど鳴りだす。エンドロール。



紅一点、魅力的です!アコーディオンソロかっこよかった。声の重なりいいですね!



自然やそこに生きる人々の息づかいが聞こえてくるような演奏会でした。オペラのように聞こえたり、ジャズのようであったり、とても楽しませていただきました。



リリース前のライブもききにゆきましたが、より音楽が骨たく、豊になっていてよかったです。海や荒野や山。さまざまな自然の情景が思い浮かぶサウンドなので、是非戸外でもしっかり聴いてみたいと思いました。後半どんどん良くなってどんどん演奏にひきつけられました。よい夕べでした。



ホールの重厚な雰囲気と表現(Hyogen)の音楽が見事にマッチした素晴らしい時間でした。やがて、ステージの音だけでなく、客席からもれる咳や子どものささやき声まで音楽に変わっていくような非日常感あふれるライブ。長い長い旅に行っていたような気がします。この場に立ちあえたことを本当に幸せに思います。



ライブを拝見するのはとても久々でしたが大変素晴らしかったし、心がさらわれる感覚を久々に味わいました。hyogenを知って私にとっての「音楽」の、なんというか...1つ、変わったので、とても大切にCDも聴かせて頂きます。ありがとうございました!



今年最初に聴くLiveで、会場の雰囲気も相まって、とても清々しい気持ちになりました♪儚い夢、遠い記憶、広い景色(海とか)、浮かんでは消えていく幻のような...。



とってもすてきでした



素敵な音楽を聴くことができました。初めて参加させていただきましたがとても感動しました。4人それぞれの方の想いが、音となって表されている印象を受けました。これからも聴きたいと思います。



やさしい音色と歌声に、心がいやされてゆきます。小さいときの思い出、なつかしい風景をイメージしました。



美しい音が目にみえるようで、ふくふくとした時間をすごしました。



なんともいえず感動的な演奏会でした。聴くことができてよかったです。ありがとうございました。このところ、この人にしかできないことをやっている人がやっぱり凄いなあと思って、Hyogenは、あなたたちにしかできないことをやっているって思いました。



表現素晴らしかったよ。演奏会であり作品であり芸術である。色々な要素がバランスよく奏でていて感動しました。みんなで聴けて幸せでした。今日の日をありがとう。



1/10(土)『白い黒』 @渋谷 vacant

一面の雪世界。息をのむ美しさ。息の白さ。自分のちっぽけさ。恐怖心と高揚感が去来する。足を踏み出す。他の誰のものでもない、雪の上の自分の足跡。たとえ溶けて消えてしまうとしても、それでも新たな一歩を踏み出す。そこからしか始まらないこと。 ジャック・ロンドン『火を熾す』全文、ノーマン・ロック『雪男たちの国』から一篇、マシュー・シャープの未訳作品『#52』、さらに柴田元幸さんによるその場翻訳。
朗読と音楽と絵で、白い世界を切り開こうとする、アンソロジーを奏でます。

open16:30 start17:00
会場: VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
料金: 予約 3,000円/当日 3,500円+1drink
出演: 柴田元幸、表現(Hyogen)、狩野岳朗
衣装: sneeuw
ご予約: 下記アドレスまで必要事項を明記の上、お申し込みください。
ignition.gallery@gmail.com
件名 : 「白い黒」
1.お名前(ふりがな)
2.ご連絡先
3.ご予約人数

⇒イベント詳細はこちら


1/13(火)表現(Hyogen) presents 『一つの漂着 vol.2』 @六本木 新世界

欧州ツアーからの帰国記念として2014年10月に行なわれ、好評を博した『一つの漂着』が、
新たなワンマンライブシリーズの第二弾として西麻布・新世界で開催!
ゲストにドラムス・田中教順(DCPRG)、ピアノ他・西井夕紀子(FALSETTOS)を迎え、
音楽の箱舟「表現(Hyogen)」が見つめる次なる航海のダイナミクスを体感して頂きます。

act:表現(Hyogen)

guest musician:
田中教順 (drums from "DCPRG”)
西井夕紀子 (piano/brass from "FALSETTOS")

open/19:00 start/20:00

adv/¥2,800+drink order
door/¥3,300+drink order

ご予約: b1.hyogen@gmail.com まで、人数とご連絡先をお送りください。
お電話でのご予約: 新世界 03-5772-6767 まで、15:00〜19:00の時間帯にお電話ください。

⇒イベント詳細はこちら


表現(Hyogen)の映像

Gersomina - 表現(Hyogen) & 酒井幸菜(Yukina Sakai)


BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW "hello" to "ciao"
ARIKAWA SHIGEO/5'00"/digital/2011
http://solchord.tumblr.com/
表現(Hyogen)が音と被写体として参加しています。



お知らせ
2013.7.14
表現(Hyogen)フェイスブックページを開設いたしました。
ご予約、お問い合わせ、出演依頼はこちら
b1.hyogen@gmail.com のメールアドレスまで。
表現(Hyogen)ディスコ
表現(Hyogen)2nd アルバム 「旅人たちの祝日」(Our Feast)
表現(Hyogen)/旅人たちの祝日
label: magical doughnat records
No: MDR-0003
Price: \2,000(tax in)
表現(Hyogen) 2nd album 「旅人たちの祝日」
1 .空(から)
2. 夢を繰る朝
3. 旅人たちの祝日
4. アラザン
5. Monstre au musee
6. 滝壺の蛇
7. 吹雪
8. 無風
9. 瞳の中を行く
10. 葬儀

「架空の王国のための架空の国歌が現実の世界に鳴り響く時、それは我々の歌になる。――トランス・エスニック・バンド“表現(hyogen)”、セカンド・アルバム完成。これであの素晴らしい歌たちがたくさんの人々に届くことになったのを心から嬉しく思います。」
--- 磯部涼 音楽ライター

「目を閉じると まるで手のひらで音に触れられるかのように、 ぼくらの身体に響いてくる、見知らぬ国の永遠の音楽。」
--- あだち麗三郎 シンガソングライター


アマゾンでのご購入はこちら>>

表現(hyogen)1st
表現(Hyogen)/hyogen
No: hyogen-001
Price: \1,500(tax in)
表現(Hyogen) 1st album 「hyogen」
1.太陽
2.ア・ラ・ソー・レイ
3.SHINTENCHI
4.水の人
5.世界と回る
6.石壁
7.唯この夜に
8.南洋恋歌
―――取扱店

千駄木 古書ほうろう
東京都文京区千駄木 3-25-5
tel./fax. 03-3824-3388
いくと必ず何か見つけてしまいます。


CD BABY
in the USA
表現(Hyogen) カウンター

表現(Hyogen)All rights reserved.