Easy Blog



Don Caballero



← Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | Next →

はい。

Demon:そう、そのハーフ・ライフのメンバーで、ギアヘッド・レコードの創設者でもあるマイク・ラヴェラが、ピッツバーグのパンク・シーンのことを本に書くって言ってるんだけど、実際、あいつはすごく優秀なライターだよ。ほかにもアーティスト/画家のロバート・ウィリアムズの伝記を書いてたりするしね。ある日ウィリアムズがプレスキットをチェックして「これ、誰が書いたんだ? 自分に関して今までに書かれた記事の中でベストじゃないか」って言って、それがきっかけでマイクが伝記を書くことになったらしいよ。そういうわけで、あいつの本が出るのを待ったほうがいいかもね。

わかりました、待ってみます。ちなみに、初期のドン・キャバレロは、シカゴのタッチ&ゴーと契約していましたが、それにはどういったいきさつがあったんですか?

Demon:きっかけは、ジョン・ピールだったんだ。彼はBBCの伝説的DJだけど、俺達がインディペンデント制作した初めての7インチ・シングルを自分の番組でかけてくれた、かなりの美徳と(笑)優れた音楽センスの持ち主なんだよ。で、そこからはもう雪だるま式というか、そのシングルを聴いたタッチ&ゴーが「こいつらは絶対売れる」って名乗りを上げてくれて、俺達の方でも彼らと契約しないなんていうバカな真似はしなかった、と(笑)。まあ、タッチ&ゴーでは“契約”っていうのはないんだけどね――握手ですべてが決まるんだ。それに経営も、すごく公平で正直なんだよ。未だに5分5分の利益配分率を守ってくれてて、今も印税の小切手をもらうときは必ず50%支払ってくれる。

Jason:そんなの他じゃ聞いたことないよな――レーベルを離れた後も、取り分を半々にしてくれるなんてさ。

Demon:(現在の所属レーベル)リラプスについてネガティヴなことを言うつもりはさらさらないけど、レコード・セールスに見合ったロイヤリティを手に入れるのって、実はすごく難しいことなんだよね。あと付け加えておきたいことがあって、さっき話したインディで初めて作ったシングルの制作を手伝ってくれたのが、ピッツバーグの伝説的ブッキング・エージェントのマニ・サイナーなんだよ。

なるほど。で、その後かなりの月日が経ちましたけれども、当時から最も変わったと思うことと言えば何でしょうか?

Demon:自分自身の、バンドをやっていく上での能力が低下してきたことかな。10代の頃と同じペースではできなくなってきてるからね。だから今は、ドン・キャバレロが持っている現時点での力や可能性を維持し続ける方法を見つけたいと思ってる。本来ドン・キャバレロっていうのは、ペースを落としてもすべてのドアを開けっ放しにし続けられるバンドだし、そうすることで誰かがいつの日か、俺らの投げた餌に食いついてくれるかもしれないからね。

Jason:俺は、一番の変化はやっぱり実際に音楽を買うときの“媒体”の変化だと思うよ。まずアルバムやシングルを買ってた時代があって、そのうちカセットが登場して次にCDを焼く時代が来て、さらに今じゃ直接MP3ファイルを取り込む時代になってるわけで、これこそ音楽シーンで一番劇的な変化、って言っていいんじゃないかな。あとは、世界中のどんなやつでもすぐバンドを組んでツアーをやれるようになった、ってこととか(笑)――そうすべきじゃないやつらまでね! アハハハ!

Gene:作曲もレコーディングも、ホント簡単にできるようになったしな。

Demon:実は、今回のアルバム(『Punkgasm』)は、ヴィンテージの2インチのアナログ・テープとヴィンテージ・ギアのテープ・マシンを使わずに作った、初めてのアルバムだった。ただし、スタジオの他の機材に関してははどれもかなり古くて……ドゥービー・ブラザーズとかリンダ・ロンシュタットも使ったものだったんだよ。

今回ヴィンテージ機材を使わなかった理由は何だったんですか?

Demon:経済効率の問題と、もう2008年なわけだし、昔からの得意分野とはそろそろ縁を切ってもいいんじゃないか、って思ったんだ。

Gene:あと、マシンのひとつを売っちゃったやつがいて……。

Demon:そうそう(笑)、アル(サットン)のやつがテープ・マシンを売りに出しちゃったんだよ(苦笑)。

Jason:エンジニアなんだけど、(そんなことはしないスタッフだと)信じてたのになあ。

それで今回は、デジタルでやってみたんですね。

Demon:っていうか、CDっていうのは全部どこかしらでデジタル処理されてるものなんだよ――アナログで録音しててもね。ダイレクト・メタル・マスタリング(DMM)してない限り、ヴァイナルだってデジタル過程を必ず経ることになるんだし。純粋なアナログ・レコーディングをやるには、アナログ・テープからダイレクト・メタル・マスタリングするしかない。それが唯一残された、純粋なアナログ・レコーディング法なんだ。

Jason:とにかく今回のアルバムは、プロトゥールズで最初から最後まで全部デジタル・レコーディングしたんだよ。


← Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | Next →

Special Issue | Interviews | Articles | Disc Reviews
Core BBS | Easy Blog | Links

© 2010 HARDLISTENING. all rights reserved.


close