春合宿レポート

旅行記なんて生まれて2回目ですよ…。因みに1回は中学校の社会の宿題でやったんですけど、
それ今見返すと重傷(笑)。ですがそれから数年が経ち、もはやそんな過ちはおかしません。
って事で、07年3月に行われた春合宿兼お別れ会について、私なりにまとめてみましょう。


     

1.目的

私たちの部活は、年1回のペース、主に夏を中心に部員から行きたいところを聞いて、旅行しています。 その時に使うのは、鉄道乗り回しの味方、「青春18きっぷ」です。今回は、それと似て非なる 「北海道・東日本パス」というきっぷを使っての旅行です。青春18きっぷは、JR全線の普通・快速列車の 普通車自由席、いわゆる「鈍行列車」に限り乗る事が出来、5日分で11500円。これは日にちが連続していなくとも 使えるし、複数人で使うことも出来ます。これに対し北海道・東日本パスは、使えるのはJR北海道と東日本、 プラスして3セクの北越急行線、IGRいわて銀河鉄道線、青い森鉄道線の普通列車に乗車出来ます。5日連続で 使わねばならず、値段は10000円。これなら迷わず後者を使うんですが、なんと今回限り18きっぷ8000円! 悩んだ挙げ句、やはり後者を使うことに。それは途中でIGR線と青い森線を使うことは決めていたからです。

今回の合宿で行きたいところとして出てきたのは、

@3月末で廃止になるくりはら田園鉄道に乗ること
A3月中旬で花輪線からいなくなるキハ58等に乗ること
B秘境鉄道として有名な岩泉線に乗ること

を軸にして、その付近で面白そうな

C快速南三陸に乗っておく
D博物館を粗探ししてようやく見つけた秋田県の小坂町に行くこと

をベースにして作った合宿です。とりあえず、他の人もまとめていますが、この辺の補足も加えた上で、旅程を見ていきましょう。

2.集合まで(四街道〜新宿)

今回の合宿は、3月6日深夜、ムーンライトえちご車内に集合だったのですが、そこへ行くまでMy favoriteな東葉高速は止め、
JRを使うことに。目的は、最近入った211系千葉色に乗ることです。これは、今まで東北本線や高崎線などで走っていた、
割と知られている211系が、E231系という山手線を始めとして取り入れられている車両が入ることで余剰となったので、それより古い
113系が走っている千葉に持ってきて、113系を廃車にしようという魂胆でした(このように、古い車両を直接新車に変えるのではなく、
他線で余った比較的新しい車両と変える事を、俗に「玉突き廃車」なんて言うことがあります)。そんな211系から合宿スタートです。
(厳密にはバスが入りましたけど、ここでは省略で)

ここから乗りました。四街道市の中心ですが、今千葉市との合併が騒がれています。 さて、ここで待つと都合よく5両の文字、で乗ろうとしたわけですが…。 写真は四街道にて撮影

あのー、新型になったこと宣伝する前に「短くなって申し訳ありません」って、 千葉県民はそんなちまちました人間なのか…。これだから、千葉はアメリカとか言うやつが(略)。 写真は四街道駅にて撮影

(211の写真を)ですが、無事211に乗車。こんな色もありなような、なしなような。因みに混んでいる、という印象は 受けませんでした。逆に適正なぐらい。 千葉駅構内にて撮影

さて、ここから新宿に行くんですが、何をとち狂ってか西大井乗り換えをすることに。実は西大井最終の
湘南新宿ラインに乗れたんですが、1つ間違えると即死亡。危ないですから、よい子は真似しないでね(笑)。
因みに、西大井は昼間も30分に1本しか湘南新宿ラインは止まりません。乗り換え駅として利用するのは大変
バカらしいので、特に何もない時にはしない方が良いでしょう。

これが、千葉に211系を送り出す原因になった新車、E231系です。 湘南新宿ラインの電車はすべてこれで運転されています。合宿の時は、カメラのメモリの関係上で削除したようなので 2006年4月15日に大崎駅で撮ったものを載せました。その他、東海道・高崎・宇都宮線にも全く同じ色の車両が走っています。

湘南新宿ラインにも乗れた俺は集合場所の新宿駅へ。いよいよ合宿スタートです。

次を見る


    

戻る

close