THE MUFFINS

Muffins
左上から時計回りに Billy Swann (b,g,vo,etc.), Tom Scott (sax,cl,fl,etc.), Dave Newhouse (key,sax,etc.), Paul Sears (ds,perc,etc.)

ワシントンDCで結成、1970年代後半に活動。アメリカのカンタベリー〜レコメン系バンドの草分け的存在。複雑な作曲部分とフリー・インプロが混在する、サックス中心のインストが主体。Fred Frith(元 Henry Cow)のソロ・アルバムGravity片面分にバンドごと参加している。1998年再結成し2001年末Loveletter #1を発表。その後も活動を続けている。

Manna/Mirage (Random Radar / Wayside WMAS4, 1978) amazon.co.jpへ

Muffins Manna Mirage
Monkey with the Golden Eyes / Hobert Got Burned / Amelia Earhart / The Adventures of Captain Boomerang (for Mike Forrester)
1977年録音。最もカンタベリー(特にハットフィールド)っぽい1st。フルートとマリンバが効果的な1曲目は、静かに高揚していく反復テーマが Mike Oldfield のようでもあり、強く印象に残る。2曲目は Soft Machine 風フリー・インプロからテーマ(リフ)に突入。燃える。3曲目も疾走感があってかっこいい。4曲目は20分以上の大曲。ユーモア感も含めザッパ/マザーズの影響も見られる。ぼくが The Muffins で一番好きなアルバムがこれ。

Air Fiction (No Label/No Number, 1980?)

side 1 (Air): Exotic Woods / Optics / The Lagoon / Raw Blood Jam / Finally / Late For Work
side 2 (Fiction): Going Masked / Double Disc / No Postcards / Hobert Got Burned
Side One recorded at the Muffinhouse with the Unconcious Quantum Lab set-up. Overdubs incorporated on "Exotic Woods" (vocals,guitar), "The Lagoon" (percussives,soprano recorder,bariton sax,retrograde alto saxes), "Optics" (cello,percussives,woodwinds).
Side Two recorded at the Psychedelly 3-3/79, engineered by Colleen Scott with the Catch-a-Buzz Mobile Studio.
The entire record was recorded, mixed, and mastered over a very short span of time-allowing none for review or criticism, and is comprised of group ideas and improvisations. A limited edition of 1,000 copies has been pressed. [...]

1000枚限定のオフィシャル・ブートLPで、当然ながら未CD化。A面はスタジオ録音(ラジオ放送用か?)、B面はライヴ。曲らしきものの断片も含みつつ、大半は即興。後のカセットのみのリリースは、この線を継承したものと言えるだろう。ジャケットは全面黒ベタ。

<185> (Random Radar / Cuneiform 55013, 1981) amazon.co.jpへ

Muffins 185
Angel Dance / Antidote To Dry-dock / Zoom Resume / Horsebones / Subduction / Dream Beat / Under Dali's Wing / These Castle Children / Queenside / Streer Dogs
1995 remix: Angel Dance / Antidote To Dry-dock / Zoom Resume / Horsebones / Under Dali's Wing / Queenside / These Castle Children
実質的なセカンド・アルバム。1980年録音。Fred Frith 参加&プロデュース。それまでカンタベリー感を醸し出していたソフトなエレピの出番が少なくなり、サックス2本が前面に出た、中〜後期ヘンリー・カウあたりに近いハードなレコメン・サウンドになっている。これを発表直後に解散。パンク〜ニュー・ウェーヴ台頭期でもあり、全く売れなかったようだ。
CDには、フリス等ゲストの演奏を取り除き本来のマフィンズ・サウンドに近付けたというリミックス・ヴァージョンを追加収録。

Open City (Cuneiform 55010, 1994) amazon.co.jpへ

Muffins Open City
Queenside / Hobert Got Burned / Horsebones / Antidote To Dry-dock / Zoom Resume / Boxed & Crossed / Under Dali's Wing ['185' demo, 1980]
Vanity, Vanity / Daincing In Sunrise, Switzerland [Fred Frith 'Gravity' outtakes, 1979]
Blind Arch [live improvisation, 1977]
Expected Freedom ['Manna/Mirage' outtake, 1977]
In The Red / Not Alone / Open City ['Take One' radio show, 1977]
1985年に出た初期の未発表音源集(スタジオ・アウトテイク、ライヴ、ラジオ音源)に「185」録音前のデモを追加収録。フリスのソロGravityのアウトテイクも2曲含む。内容も音質も良く、全活動期を網羅しているので、入門用としても使える。

Chronometers (Cuneiform 55007, 1993) amazon.co.jpへ

Muffins Chronometers
デビュー前の未発表音源集(タイトル曲の一部は「Recommended Records Sampler」で既に日の目を見ていた)。1975-76年録音。Michael Zentner (g,vln,etc.) 在籍時で、ドラムは Stuart Abramowitz。集団インプロの1曲を除き全て Dave Newhouse 作曲。トラック数にして全21曲あるが、様々な断片を組曲形式に繋ぎ合わせたようなものであり、曲名はあまり意味がないと思われるので割愛。Kit Watkins(元 Happy The Man, Camel)がミックス(編集も?)に関わっている。カンタベリー色強く、ハットフィールドやヘンリー・カウ「Leg End」に近い。カンタベリー・ファンは一聴の価値あり。National Health「Missing Pieces」のような位置にある重要な発掘。

Secret Signals 3 (Hand Systems, 1996)

Muffins Secret Signals
Uncle Don (At the Helm) / Children and Art / World Maps 1 / Spirit Cabinet / Back of the Moon / Riding the Skip / 4 Ghosts / Voodoo at the Cabin John Mall / Uncle Don (In Love) / Uncle Don (On a Whim) / March of the Suburban Blow-Hards / World Maps 2 / 9 Petites / The Silver Box / At Home With The Muffins / World Maps 3 / Uncle Don (Over and Out)
カセットテープでのみ発表されたものが数点あり、これは1978-1981年のライヴ(ゲストのホーン入り)とスタジオ・アウトテイク?を集めたもの。約60分収録。即興部分が多い。"Monkey with the Golden Eyes" のフレーズが聞こえる瞬間がある。

Loveletter #1 (CoNtOrTeD CON6 / Belle Antique MAR01695, 2001) amazon.co.jpへ

Muffins Loveletter
These Castle Children / Under Dali's Wing / Walking The Duck / Nan True's Hole / Sam's Room / QSL / But Not For Others / Knitting Factory Blues / Captain Boomerang Excerpt
約20年振りに復活したマフィンズ。2000年7月15日ニッティング・ファクトリーでのライヴ4曲の他に、ローマでのライヴ、ラジオ用録音、復活第一作Bandwidthのアウトテイク?を集めた限定ミニ・アルバム。約32分収録。音は「185」からほとんど変わっておらず、20年のブランクを感じさせない。Matching Mole "Nan True's Hole" のカヴァーあり。わすか1分ほどで終わってしまうが。

Michael Zentner - Present Time (Red / Ozone Records, 1983) amazon.co.jpへ

Muffins Michael Zentner Present Time
「Chronometers」にしか参加していない初期メンバー(ヴァイオリンなど)のソロ・アルバム1枚目。何故かゲストがとんでもなく豪華。音の方もカラフルで楽しめる好作品。
featuring: Daevid Allen, Bill Bacon, George Bishop, Peter Blegvad, Carla Bley, Alan Braufman, Kenwood Denard, Fred Frith, Dan Gandel, John Greaves, Lisa Herman, Percy Jones, Steve Moses, Hansford Rowe, Frank Wyatt, Vaunette Yanaginuma

Michael Zentner - Playtime (Warped Records, 1995) amazon.co.jpへ

Muffins Michael Zentner Playtime
前作から10年以上を経たセカンドは一転して歌ものアルバム(全曲自分で歌っている)。過剰に期待するとがっかりだと思うが、ブリティッシュ・ロック好きならそこそこ気に入るかも。前作とは傾向が違うが、ここでも豪華ゲスト(特にドラムとベースが)客演。
Drums: Omar Hakim, Jerry Marotta, Simon Phillips
Bass: Jeff Berlin, Anthony Jackson, Percy Jones, Tony Levin, Billy S (Swann ?)
Guitar: Jon Catler, Steve Caton, Ray Gomez, Robby Krieger, Michael Lawrence, Vernon Reid
Piano: Dizzy Reed

Chainsaw Jazz - DisConcerto (Cuneiform, 1993) amazon.co.jpへ

Muffins Chainsaw Jazz DisConcerto
ドラムの Paul Sears が参加(リーダー?)したレコメン系ジャズ・ロック。サックス、ギター、ヴァイオリンがソロを取る。音的には「185」に近いが、ジャズ色が濃く、それほど個性的ではない。ライヴ活動をしているパーマネントなグループなのか、詳細は不明。

Other Albums

Bandwidth (Cuneiform, 2002)
Live at Orion DVD (Arcangelo, 2002)
Double Negative (Cuneiform, 2004)
Loveletter #2 (Hobart Films & Records, 2005)
Palindrome (Musea, 2010)
Mother Tongue (Hobart Films & Records, 2012)

last updated: 2017.1.22

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close