THIS HEAT

After The Heat

(?) (71'02")

[1] Another Flaming Tune (2'23")
[2] Beginning The Hours (4'11")
[3] The Best Weapon (3'29")
[4] A to B (3'48")
[5] Breast Stroke (3'29")
[6] Raindrops From Heaven (7'32")
[7] Restless Mind (4'08")
[8] B to A (3'52")
[9] Golden Age (6'30")
[10] It's Madness (4'50")
[11] Generous Moon (3'56")

[12] Identity Parade (3'09")
[13] Polar (2'06")

[14] For A Reason (6'50")
[15] Good Side (3'59")
[16] Distance No Object (6'48")


[1]-[11] Gareth Williams FLAMING TUNES
[12]-[13] from Hayward's LES BATTERIES album
[14]-[16] from Bullen's solo unit LIFE TONES album

This HeatともDeceitともRepeatとも全く似ていない。Camberwell Now ともまた違う。Tago Mago[2] はこれに近い。シリアスではなく、力の抜けた冷ややかなユーモアが漂っている。即興の要素はなく、ロック的でもない。ドラムはほとんど使わず、リズム・ボックス多用。約半数はヴォーカル入り。フレーズを繰り返すミニマル的手法が目立ち、テクノ・ポップのようでもある。聴きようによっては面白い不思議な音楽だ。ヘイワードが Camberwell Now と並行して率いていたという Regular Music は未聴なのだが、こんな感じなんだろうか。

#追加情報[1]-[11]This Heat の演奏ではなく、Gareth Williams が85年にカセットのみで限定リリースした「Flaming Tunes」全曲。詳細は こちらを参照のこと。(情報提供:kouki さん)
結局のところ、このブートには This Heat の演奏が全く含まれていないことになる。


[12]-[13] LES BATTERIES はドラマー3人組のバンド。ヘイワード色が濃い。 [14]-[16] はレゲエ/ダブ風味のあるニュー・ウェーヴ・ポップ。

こもり気味だが、音質は安定している。[12]-[16] は盤起こしで音は良い。

音質評価 − ★★★★ / 総合評価 − ☆☆☆

last updated: 2004.8.11

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close